0
Following
0
Follower
0
Boost

楽しみを忘れないで

構図や照明に関する通常の写真撮影のルールはすべて適用されますが、誰もがそれらについて100万回も読んだことがあり、率直に言って、それらはより重要な要素、つまり主題の2番目の距離にあります。 そしてこの場合、内容はコスプレ - 文字通り「コスチュームプレイ」です。主題は衣装を持っているので、「遊び」の部分に集中します。主題を俳優のような性格にしましょう。シナリオを実行して楽しんでください。ポーズしないでください。直接。 私たちはいたるところからインスピレーションを得ています。ポップカルチャー、自然、芸術、社会正義など私たちはしばしば80年代のファッションの派手な色と角度、そしてディスコ時代の輝きと魅力に引き付けられています。私達は、シェール、グレースジョーンズ、プリンス、アマンダルポア、リベレースのような星やスタイルアイコンに触発されています…しかし、ほとんどの場合、私たちはクィアの歴史やシルビアリベラ、マーシャP.ゲイ解放戦線の設立を手助けした活動家たちは、ストーンウォール暴動の間の中心的人物であった。彼らは我々のコミュニティが今日のものになる道を開いた。 今まで聞いたことがある初心者のための最高のぼくたちは勉強ができない コスプレ衣装 のヒントの1つは分岐についてです。大会で他人と話すのを恐れないでください。信じられないほどのコスプレをした人を見かけたら、ぜひ、彼らに近づいて彼らを褒め、どうやってそれを作ったのか尋ねてください。 小道具はあなたと主題が性格になるのを手伝って、彼らの手に何かをすることを手助けする素晴らしい方法です。彼らは物語を作り始めるための良い方法でもあります。彼らは何をしていますか?銃を撃つ、宝石を守る、オーブを分析する、または自転車を修理する?特にカメラの前にいることに慣れていない人にとっては、物語を作ることは彼らを正しい考え方に導くための素晴らしい方法です。

コスプレファン

コスプレファンからアイドルまで コスプレ(コスプレ、コスプレ)は、英語の単語 "costume"と "play"の短縮形です。具体的には、アニメ、マンガ、ビデオゲーム、テレビ番組のキャラクターとしてドレッシングに焦点を当てるサブカルチャーです。ファンタジー映画、ポップミュージックバンド、そして時々他の国からのポップカルチャーアイコン。世界中の原宿、秋葉原、アニメのコンベンションにコスプレイヤーが集まり、他人のコスチュームを鑑賞できます。コスプレは80年代後半に普及したと言われています。コスプレのサブカルチャーは、学校や仕事を終えた週末や午後に旅行する多くの若者にとって、原宿の特別なコミュニティとなっています。このコミュニティは主に週末に集まることに注意することが重要です。 コスプレは確かに建築物であり、それは全体を作る微妙な要素と同様に、いくつかの基本的な性質を持っています。それぞれのコスプレイヤーは、キャラクターを選んでコスプレを「見る」ことによって何を表現するかについて意識的な選択をします。 青少年のコスプレコミュニティの多くは、買い物、遊び、他のコスプレイヤーとのコンベンションでもよく見かけられます。アズールレーン コスプレ 衣装 好きの人が「インキャラクタ」になる例は、舞台の俳優に似ています。彼らの行動には、トレードマークの表情を作ること、あるいは言うべき行を暗記すること、そしてそれらを通り過ぎる、またはそれと対話する人々にそれらを暗唱することが含まれます。その考えは描かれたキャラクターの個性を引き継ぎ、そのペルソナを可能な限りエミュレートすることを試みることです。 しかし、バルタンが日本文化に本当に影響を与えたのは、彼女の真の意味でした。彼女は若く、可愛く、音楽的に才能がありました。映画のタイトルから、日本のエンターテインメント業界は日本は独自の概念を作り、それをいくつかのサブグループに分けて世界中に輸出してきました。何千人もの若い女性と男性が次の大きな偶像になることに彼らの目標を設定しました、そしてそれらのますます多くが海外から来ます。 派手な服装ファンシードレス:としてよく知られているは、自ら拡大し続けるアイドル文化の世界への道を築きました。当初、ユリコの家族は彼女のオタク願望を真剣に受け止めなかった。しかし、彼女が日本への旅費を支払うためにアルバイトをしたとき、彼らはすぐに気が変わりました。
Cosplay
cosplayer
+ 1 interests

勇者の世界へようこそ!

勇者の世界へようこそ!2019冬新番アニメ放送盾の勇者の成り上がり コスプレご紹介です。 勇者として異世界に召喚された尚文は、冒険三日目にして仲間に裏切られ、すべてを失ってしまう…。他者を信じることのできなくなった尚文の前に、一人の少女が現れるのだが…!? MFブックスの大ヒットファンタジーが早くもコミカライズで登場! 大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界にある国家・メルロマルクに召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。4人は国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられ、それぞれの武器を鍛えるために供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は1人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、2人での旅を始める。 一つの読者で鑑賞ですが、ひとごとですが、ご意見をお聞かせください。 読者の話 アニメ化されたので読んでみることにしました。異世界転生もののテンプレとして、主人公が絶対的な強さで俺ってのが王道です。それを少し変えたのがこの作品ですね。タイトルの通り主人公は基本盾しか使えません。攻撃が出来ません。これだけで大体想像がつくでしょうが、凄い盾の能力は持っているが、盾しか使えないということのせいで色々苦労していきます。この辺の設定は良いとは思います。他の勇者と仲が悪いんですが、ずーーーーーーーーーーーーっと仲が悪いです。特に他の勇者がずっとアホ過ぎです。主人公に至ってはずっとすねてる状態です。勇者は基本イライラするやつしかいません。まあ、日本で暮らしてていきなり凄い勇者になれないって意味ではいい表現なのかとは思いますが・・・。

2018ハロウィーンの東京コスチューム

何千人ものコスプレ衣装とコスプレが日本の首都を越えてそしてそれ以上のイベントに参加することが判明したので、東京は週末にハロウィーンの熱に悩まされていた。ハロウィーンの週末は土曜日に東京の豊島区でこの歓喜のためにキックオフしました。そこでは池袋駅の東側の広大なエリアが池袋ハロウィンコスプレフェスに渡されました。 池袋は、特にアニメやマンガの女性ファンの間で、近年、ポップカルチャーの中心地となり、2010年から女性向けのAnimate Girls Festivalが開催されました。2014年に開催された池袋ハロウィーンコスプレフェス以来、このフェスティバルは日本で最大のコスプレイベントになりました。カメラマン。週末の大部分の行動は、登録されたコスプレイヤーが彼らの写真を撮ってもらうために集まった超高層ビルへのステップに集中しました。最も人気のあるモデルは愛好家の長い列を命じました、そして、それらの多くはどんなメディア出口にも匹敵するのに十分な写真撮影技術で殺されました。南池袋公園は、池袋エクストリームコスプレ滑走路の出発点であり、そこではコスプレイヤーが時差をおいて公園のループを滑り降りる前に、数ブロック北へ向かってサンシャイン通りを走り抜けた。 地元の小売業者の協力を得て、池袋ハロウィンコスプレフェスはファンに、盾の勇者の成り上がり コスプレ衣装を着たままで買い物や食事をする機会を提供します。 おそらくその地域を訪れた何人かのカジュアルな訪問者にとってのハイライトは、人気のファストフードレストランで食事をするために窓際の席を席巻していたロナルドマクドナルドタイプのキャラクターに扮した1人の飲み物屋の光景でした。とは言っても、レストランは衣装では表現されていません。 池袋での出来事が夕方早く終わったので、渋谷と、その地域の有名な交差点から広がるストリートパーティーに注目が集まりました。 渋谷でのハロウィーンのお祝いが、日曜日の早朝にトラックを転倒させたことによる手探りと被害の疑いで週末に行われた逮捕で騒々しい評判に耐えるには、警察の激しいプレゼンスでは不十分でした。