きもの・世界の伝統衣装

ja
181 Members

Cards

Updated

アフリカの島国「カーボベルデ共和国」で発達した音楽
カーボベルデ共和国という国名を聞いたことがあるだろうか? 多分ほとんどの方が聞いたことがない名前だと思うが、ここで発達した音楽や文化について少し紹介したいと思う。 カーボベルデ共和国とはアフリカの西に存在する離島が集まってできた国である。 カーボベルデ共和国の文化や歴史について語る時に重要になってくるポイントが3つある。 ① ポルトガル領でありヨーロッパの文化が強い ② アフリカの文化も根強い ③ 奴隷貿易のハブとなっていたこと カーボベルデ共和国の音楽を語る上でこのような「奴隷貿易」と「文化のミックス」はとても重要である。 カーボベルデの音楽の詳細はこちら! 上記のリンクにある歴史的背景をふまえ、日本から分かる範囲でこの美しい島国の音楽文化を紐解いていこうと思う。 奴隷貿易に大きく影響された音楽は、カーボベルデ人にとって日常生活の中で不可欠のものであり、在外カーボベルデ人にとっても、文化的アイデンティティの中核となっている。ポルトガルの植民地として、ポルトガル色が強かった地域と強くなかった地域では好まれる音楽も違うらしい。 とにかく美しい島である。 ここを代表する音楽をいくつか紹介したいと思う。 まずはMornaというジャンルを代表するCesaria Evoraという歌手。 彼女はグラミー賞を受賞したこともあるカーボベルデ共和国を代表するような存在だ。 Funaná(Funacola)はカーボベルデの一番大きい島「Santiago」が発祥のアコーディオンを多様する音楽である。アフリカ色が強いため独立以前はポルトガルの権威に非難されていた音楽であるが、独立後はBulimundoやFinaçonなどのバンドがColadeiraというダンスポップスジャンルと組み合わせ、新たなダンスミュージックとしてジャンルを確立した Cola Zoukとはカーボベルデ発祥のポップス音楽である。Colaの部分はカーボベルデのダンスミュージックColadeiraから来ていている。Zoukはフランス領アンティル(北アメリカ)を発祥地とする音楽のジャンルであり、「お祭り」を意味する言葉。アフリカのフランス領であった場所では今でも根強い人気を誇っている。ハイチやラテン音楽との関連性も高い。 結論:文化のフュージョンと独自の進化 ポルトガルの文化がアフリカ、南米と広まっていったことにより、全く地理的に共通点がないような場所でも「音楽」という物で心を共有できるのだ。 カーボベルデでは①ポルトガルやヨーロッパの文化、②アフリカの音楽文化、③奴隷貿易という歴史的な要因が組み合わさって独自の音楽文化が発達していったのである。 「踊る」という音楽や行為に関してもただの「踊り」だけではなく、自由を求める姿勢というのが伝わってくる。それは奴隷貿易という悲しい過去を乗り越えたカーボベルデ共和国ならではの音楽であろう。 詳しくは http://playatuner.com/ をチェック!
日本の着物がNYコレクションに初出展!しかも、クラウドファンディングで。
すごい!ランウェイを着物を着て歩いてますよ!! これは、現地時間2月16日に行われたNYコレクションの様子。 手がけたのは、世界で活躍する着物スタイリストの浅井広海さんとNPO「きものアルチザン京都」。ブランド名は「Hiromi Asai & Kimono Artisan Kyoto」。 米国のクラウドファンディング「Kickstarter」により資金を募り、見事目標額を達成し、今回の出展になったと言います。 こちらの記事によれば、 「日本の着物市場は1980年頃の2兆円弱から6分の1程度に落ち込んでおり、海外に活路を見いだそうとショーを計画した。資金はインターネットで寄付を募り、約6万7000ドル(約740万円)を集めた。」らしい。 それにしても6分の1とは・・・想像以上に縮小していっているのですね。 コレクションのタイトルは「Spirit of the Earth」。 着物をつくる職人の技を後世へつなげたい、そんな想いからうまれたこの活動。 無事に成功して、わたしもとても嬉しいです! まず、NPO「きものアルチザン京都」は、京都の着物メーカー11社の若手経営者が立ち上げた組織。若手がこういう伝統をつなぎ、クラウドファンディングを使い、世界中に着物の価値や素晴らしさを伝える。これだけでかなりエネルギーを感じます。 ぜひ、きものアルチザン京都ムービーとNYコレクションのムービーを見てみてください! きものアルチザン京都 FBページ https://www.facebook.com/kimono.artisan?fref=nf きものアルチザン京都 紹介ムービー https://www.facebook.com/kimono.artisan/videos/814745028594868/ Hiromi Asai & Kimono Artisan Kyoto http://www.hiromi-asai.com/ NYFW THE SHOWSー浅井広海の紹介ページ http://nyfw.com/hiromi-asai
B'z稲葉浩志が立川談春に聞く
B'zの稲葉氏が面白いメディアを持っているという記事を読んで、意外なことしているんだなーとのぞいてみたら、なんとあの立川談春氏へのインタビューでした。 (落語会を稲葉さん見にいったところから始まっている企画のようです) インタビューとはいっても動画で約一時間もあるなかなかのボリュームです。 B'zのイメージしかないので、不思議な感覚ですが、互いのプロ魂というかこだわりみたいなものが、見えない形でシンパシーを感じているようで、ちょっと独特な間合いが面白い動画です。 内容は動画を観てもらうとして、このサイトの紹介文を読むと彼らしさが伝わってきます。 稲葉 浩志公式サイト『en-zine』 http://en-zine.jp/pc/fate/index.html ソロ・プロジェクトに於いて稲葉浩志が大切にしている言葉『en』。 表現の “演” 、人と人とをつなぐ “縁” 、ひとつになる “円” ・・・ “炎” “艶” “宴” など、言葉ひとつでもそれぞれの受け止め方によって多彩な意味を持つ『en』と、アメリカ西海岸で始まった手作りの冊子『zine』を掛け合わせた『en-zine』サイト。 新たな情報やコンテンツを発信していく当サイトの今後の展開にご注目ください。 昔はB'zと聞くとヒットチャートをにぎわすだけの印象でしたが、おなじ趣味を持っている中だと思うと、親近感が湧いてきますね。 追記 談春さん(49)より稲葉さん(51)の方が年上だそうです。びっくり。
晴れ着で初詣!レンタルきものor1万以下きもの購入?
初詣、着物で行かれる方増えましたよね。私も今年は着物で行ってみたいなと思ってて、探してみたら、格安で三が日からレンタルをしているところがありましたよ! 「あそびぎ屋」の1DAYサービスは、5,400円から!(10:00~17:00の利用) 着物の種類は、「小紋」と呼ばれる、「基本的に街に出かける際の着物としてカジュアルな感覚で」着られているもの。 1, 2, 3月は色が濃いめで華やかな柄を選ぶといいようですよ^^ 公式サイトはこちら。 「あそびぎ屋」 http://asobigiya.tokyo/asobigi.html 東京都港区六本木7-3-12 六本木インターナショナルビル5F 鎌倉散策を着物でしてみようかな、と思っている方にも朗報! 手ぶらで行って着物を着られちゃうプランがあるのです。 公式サイトはこちら。 「小袖」 http://paull.jp/kosode/plan/sanpo.php 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-7-31 営業時間:AM10:00~PM6:00 カジュアル着物は、こちらから選べます! http://paull.jp/kosode/plan/kimono.php そのまま参拝するのもいいですね^^ そして、なんとなんと、 1万以下でかわいい着物を購入できてしまいます! kimonokomachiの洗える着物!6,048円(税込) http://www.kimonomachi.co.jp/fs/kimonomachi/kimonomachi_kimonofukubukuro/014434 すでに売れ切れているものもあるので、早めにみてね!