イギリス旅行

ja
157 Members

Cards

Recommended

Admiralのスニーカーをご存知ですか?
最近白いスニーカーの方がとても目立ちませんか? 私の周りのおしゃれな方はみなさんスニーカーを、それも白を秋になってから履き始められて、それが素敵なんです〜 (*^^*) 以前は大人の女性の靴として白いスニーカーってモデルさんくらいしか堂々と履けなかった気がしますけど、今なら私も履けるはずと思い物色物色の毎日でございます。 その候補の一つがAdmiralというイギリスのもの。スタートが英国海軍の制服なので水兵さんのお洋服についていそうなマークがブランドロゴなのだそうです。私はミツカンみたいだと思ったのですけど…^^; 私の候補は LEICESTER(レスター)というモデルです。甲が薄そうで大人っぽく見えそうに思いません? 私の足は本当は甲高なのですが、足の形が少しでも大人っぽく見えるようにシルエットはよく見て選ぶようにしております。カラーリングも色の分量が多くなくて、シンプルさを保ったままでアクセントが入っているところが素敵だなーと思っているんです。 ビームスの方のインタビューがありました。もしかしたら女性よりもメンズの方でメジャーなブランドなのでしょうか?由来から想像するとそうかもしれませんね…でもサイズがあれば女性が履いてもいいですよね!^^ アドミラルを履くべき理由 Admiral
今週末はイギリスを楽しもう!BRITISH MARKET 開催
BRITISH MADE青山店で10月31日(土)、11月1日(日)にBRITISH MARKETというイベントが開催されます。 アンティーク雑貨や英国グッズ、紅茶やお菓子、チャツネなどのショップが登場するそうです! <出展一覧(予定)> テーブルウェア:EmmaBridgewater はちみつ・雑貨:チェーンブリッジハニー アロマグッズ:ヴォルドウィン 紅茶:リントンズ、SUKI TEA、NEWBY、CARTWRIGHT&BUTLER、DUCHY、Cath Kidson お菓子:Mornington Crescent、WALKERS、CARTWRIGHT &BUTLER、DUCHY、Cath Kidson 食品・お菓子:Swan&Lion(ジャム・チャツネなど) イギリスワイン・サイダー:ワインスタイルズ 雑貨・ロイヤル・グッズ:にしぐち瑞穂さん カーグッズ:アンティーク小物:ル・ガラージュ インテリア小物・アンティーク雑貨:ビクトリアンクラフト 個人的にはやっぱり紅茶とお菓子が気になります(*^^*) WALKERSとか、美味しいですよね。 他、アロマワークショップや、英国王室ウォッチャーとして知られるスタイリストにしぐち瑞穂さんと嗜好品研究家・服飾ジャーナリストとして活躍する井伊正紀さんとのお二人によるトークイベントなどもあるそうです。詳細は以下のリンクでどうぞ。 BRITISH MARKET 日程:2015年10月31日(土)12:00〜20:00、11月1日(日)12:00〜18:00 会場:ブリティッシュメイド 青山本店及び隣接ショールーム 東京都港区南青山5-14-2 Kizunaビル1, 2F
英国発ブランドJack Wills(日本未展開!)
日本未上陸だという、このブランド Jack Wills、「若くて、最高に英国風」というコンセプトのブランドらしいのです。 確かにモデルも若い男性を起用しているし、あのOne Directionも愛用しているブランドしているので、ターゲットは若い男性のようである。(詳細は、記事の下部で書いてます) 独断と偏見で、公式サイトからGochiがピックアップしたものを挙げていこう。 これからの季節、気になるのはこのミリタリージャケットだろうか。 LESTERTON BOMBER £79.50 こちらは、スリムデニム。 KIRKHAM SELVEDGE SLIM JEAN £89.50 白いシャツと合う爽やかに着こなせるアイテムである。 イギリスにある店舗の様子。2010年7月のVOGUEのブログで、このJack Willsは以下のように語られている。 プレピーファッションのニッチ市場を開拓しようと、Peter WilliamsとRobert Shawによって、1999年にイギリスで創設されたブランドJack Wills。なんでも流行を煽るために、上流階級の子息・令嬢が通う寄宿学校で無料サンプリングを行ったとか。近年では、ケンブリッジ大学 vs. オックスフォード大学のポロ対抗戦を開催したり、野外音楽祭やアルペンを含む高級スキー場でのイベントに対してスポンサー協力するなど、独自のマーケティング展開が注目されている。この抜け目のない、一見ありきたりな戦略が功を奏し、ブランド創設10年目を迎えた去年の売上高は56億円にまで達している。 このブログによると、このターゲットは、イギリスアッパーミドルクラスの若者らしい。 カジュアルかつ上品さを残せるこのスタイル、日本でいうといわゆる慶応ボーイが好みそうな服である・・・