スキー

ja
93 Members

Cards

Updated

國母和宏が母国に捧げたランを振り返る
上の写真は一体なんだかお分かりだろうか? スノーボードハーフパイプでオリンピック日本代表になり、腰パンで日本中から批判された國母和宏である。写真は、そんな國母の2011年3月に行われたBURTON US OPENという大会での一コマ。 彼は東北の地震を知った後の大会、すなわちBURTON US OPENで見事優勝に輝いている。 スノーボードというのは、普通のサラリーマンからは受け入れがたい文化を持った人がいる。彼もその中の一人かもしれない。でも、それは文化だ。少しお行儀は悪いかもしれないが、彼がスポーツマンとして勝つために、自分のスタイルを貫くことは文化と言えると思う。 5年前、彼が滑った後のランの写真だ。両手を広げている。何かをアピールしている。当時の記事にはこんなことが書いてある。 大会直後、日本でもインターネットを通じて國母の想いが伝えられた。「日本で地震に被災された方たちに言葉で言うより、滑りで伝えることができないか考えていました。ウイニングランは自分なりの、日本への祈りでした」と。 「あのとき両手を広げて、ホント空だけを見て直滑降してたんですよ。そしたら、あれだけ天気が悪かったのに、そのときだけ青空が見えてて。あのランのときは、めっちゃ落ち着いた気持ちになれました」 スポーツマンなりの表現だ。 http://www.redbull.com/jp/ja/snow/stories/1331781944886/snowboarding-is-my-life-70