プレステ

ja
119 Members

Cards

Updated

ビデオゲームはここに戻っていくんじゃね。ドットが世界の『Hyper Light Drifter』
「めちゃくちゃ色々経て、わたくし和食オンリーでございます。」的な話だ。 まだ出てないインディーデベロッパーのゲーム、ハイパーライトドリフター(超明るい漂流者?)が激ヤバイ。 『Hyper Light Drifter』 http://www.heart-machine.com/ 未知のダンジョンと失われたテクノロジーであふれた、美しく広大な朽ちた世界を冒険する2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』は、海外のインディーズデベロッパーHeart Machineが手掛けるタイトルです。 まだ発売されていないソフト。噂ではPS4とvitaで出るらしい。 WiiUでも検討していたけど、難しいらしい。噂ばっか! youtubeのトレーラみてたら、これだけでご飯食べれる。 やっぱり、ドットがいちばんなんす。まじそうなんす。 見下ろし型視点のクラシカルな8bit/16bit風グラフィックに、高速で展開する戦闘と機動性のよさ、数々の戦略的な選択、より賢く大量の敵といった現代風のゲームメカニックが採用されており、そのゲームプレイは「『ゼルダの伝説』と『ディアブロ』の最も良い部分をミックスしたようなもの」と表現されています。 2016年発売するらしい。日本ですぐ出るか。 いやもういいよ。そのまま英語で出しなよ。 steamでいいからだしなよ。 できたらWiiUで出したら、褒めてやる。泣きながら褒めてやる。
ゲームオヤジたちがふるえてしまいます。ファミ通×電撃×niconico×4Gamer=「電ファミニコゲーマー」
時間をとる事ができないこともあって最近はじっくりテレビゲームをやれないのですが、思い出の中のゲーム話は今ではワクワクしてしまいます。 よく「くそゲー」なる分野については友人とファミレスで長々話したものです。 さてそろそろオジサンになってきた私世代に気になるメディアができました。 あらゆるゲームのあらゆる情報を閲覧できるゲーム特化型のキュレーションメディア。題して、『電ファミニコゲーマー』。 電ファミニコゲーマー https://www.denfaminicogamer.jp/ 少々、ゴロが悪い気もしますが、何より初回の企画が素晴らしいです。 「ゲームの歴史を紐解く連載シリーズ「ゲームの企画書」第一回」ということで、ゲーム創成期の人たちから話をかなり詳しく聞いています。 「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!? ———遠藤雅伸、田尻智、杉森建がその魅力を鼎談。 http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/xevious 遠藤さんはゼビウスやドルアーガの塔という名作ゲームを作った方。田尻さん杉森さんはポケモンの生みの親ともいえる方。特に田尻さんはあまりインタビューを受けない方だそうで、非常に貴重な機会と言えそうです。 以降の企画も、気になるものばかり。 「桃太郎電鉄」さくまあきら&桝田 省治 「不思議のダンジョン」中村 光一&長畑 成一郎 「コーエー立志伝」シブサワ・コウとその妻 ※真田丸でも注目のシブサワコウさんです。 「DQ・FF・クロノ・トリガー誕生秘話」鳥嶋和彦 ※アラレちゃんのマシリトです。 どうしても広告的な面が強くなりがちだったゲームメディアですが、歴史的、批評的な面を持ったものになるといいですね。 そのうちゲームを再開したくなるかもしれません。 楽しみです。
子どもも孫もひ孫もひひ孫も戦い続ける。ふ~。ムズイのに楽しい「ローグ・レガシー」
わたしが苦手なゲーム。モンハンと風来のシレン。どっちも延々とアクションを繰り返すのが魅力。シレンは何度か買ってみたけど、全然合わなかった。 いいじゃん!向き不向きあるんだもの。いーいじゃん。 なのに似たゲームを買っちゃった。あー。 いいじゃん!苦手でもなんでも楽しきゃええやん、ゲームやし。 なんかドット絵に騙されちゃったんだ。 そんなに激ムズってほどでないんだけど、ぼーっとはできない感じでうっかり死んじゃう。「あーあ」って言っている間もなく、子孫が何人かでてきて選ぶわけ。子どもはなんらかパワーアップしてて、でもそのパワーアップがヘン。画面が白黒になっちゃうとか、近眼で遠くのものがぼやけるとか、文字が読めないとか、オナラが出せるとか(イヤン)。 だから、死ぬのは嫌だけど、次はどんな奴が出てくるか楽しみながらヤラレルの。 だから、悔しさがばねっていうか、難しいのがありがとう。みたいな味付けなんダヨ。 時間があったらずっとやってたい。幸せの無間地獄だは~。 ローグ・レガシー ハード PS4、PS3、PSvita 制作 http://www.cellardoorgames.com/ メーカー ハチノヨン 配信日 2015年4月8日 販売価格 2,000円 (税込) http://roguelegacy.jp/ http://official-blog.line.me/ja/archives/53189799.html ※注 ステージが自動生成されて、死んだら一からやり直しというゲームの種類を「ローグライク」というそうなのだ。ローグレガシーもこのローグライクらしい。
どう見たって新作ジブリ映画なRPG開発決定「ニノ国2」
宮崎駿の引退宣言から2年(2013年9月)。そろそろ新作の話題が出てもよさそうな頃なのに、あそうか引退してたんだ、と寂しい気持ちになった人が目を覚ますような動画がこちらです。(正確には「想いでのマーニー」がジブリ最後の作品) https://www.youtube.com/watch?v=MGN8Hx7WI3A えー、なんかファンタジーものやるの?? と思った人は残念。 こちらは妖怪ウォッチなどでお馴染みのレベルファイブが出がけるゲームの予告編。 ただし、キャラクターデザインはジブリでお馴染み百瀬義行、音楽もなんでもかんでも久石譲と、まさにジブリ映画です。 レベルファイブのRPG「二ノ国」シリーズ最新作 「二ノ国II レヴァナントキングダム」が発表 (正確にはこの「ニノ国」シリーズは、2010年に第一弾が作られているので、今回で第二弾となる) Sony Computer Entertainment Americaが開催するイベント「PlayStation Experience 2015」で発表された本作。発売日はまだ未定ですが、PS4で作られているとのこと。 ジブリが忘れられない人、とりあえず、PS4貯金をはじめてみては。 (今すぐやりたい人は、第一弾のPS3版「ニノ国 白き聖灰の女王」もしくは3DSの「ニノ国 漆黒の魔導士 」をどうぞ) 公式サイト http://www.ninokuni.jp/rk/ (宮崎さんの引退宣言&撤回についてはこちら)