マツコデラックス

ja
72 Members

Cards

Updated

とらわれマツコと残されマツコ
ここまできたらしつこく続けてやっちゃうんだぞと。自分の愛がトーンダウンしてるような気もしないでもないですがまたぞろ日テレのアンドロイドバラエティ「マツコとマツコ」の話です。厳密に言うとOPアニメの話なんで本編好きな人には申し訳ないですハイ。サンドイッチマンさんさすがですよねってことは私もわかりますよハイ。あとロイドの化粧がマツコよりミッツさんに近いのなんとかなりませんかねっていうのも思いますよハイ。 その前にまず言わせてもらいたいんですけどね、若干森三中じゃなかった森三平に試されてる気がするんですよね今回。このアニメかわいいなー、マツコ間ドラマが楽しみだなー、という完全パッシブなあたしに対する挑戦状、それは「石黒教授(的な人)を探せ)」とでも言いたげな「隠れイシグロ」。ほら、この右側のスタンドに隠れてるやつとかー ゴールデングローブっていうかゴールデンボール賞みたいなトロフィーの賞のフォトセッションで左に隠れてたりとかー。これ別にストーリー上なくてもいいところに結構でばってるんで気になってしゃーないわけですわ。一つも洩らさず見てやるんだぜばっちこい。ここまできたら次回は増量してほしいよね。 だいたいこれね、石黒教授的なこの人、こうなってくると個人的には20世紀少年の血の大晦日に暴れるロボットに見えてしかたないですね。 さて肝心のストーリーなんですけどね、人気出たり賞をもらったりそのわりに真夜中の劇場裏口でゴミ箱に腰掛けてしゃべってたりなんてことしてるうちに、じゃじゃーん、謎の飛行船登場。一応宇宙飛行船て言っときますか? ま、ロイドを連れ去られてこけたマツコのトドっぷりはかわゆかったですが、しかし納得いかんぞ。ちがうんだ、そこじゃないんだ森三平。これでまたゴロっと展開するんでしょうけど、わたしゃマツコとロイドのいちゃいちゃ人間ドラマが見たいんだよう。どうせこれまたロイドが400万かけて左腕でもギアチェンジできるようになって帰ってくるとかそういうことなんでしょ?そうでしょ? まあそんな感じで期待外れなストーリー展開なので若干斜めから見ている今日この頃です。どうせなら石黒教授だらけにしてみやがれこのやろうっ 今回も最新回がOAから1週間見られる日テレオンデマンドはこちら。マツコとマツコもきっとその辺にリンクされてるんで、1〜2分再生すればOPアニメになりますぅ〜。 これまでのOPチェックはこんな感じで。オープニング曲の話は1つ目の方ですぅ〜。 マツコとマツコの友情に新展開?25秒のほっこりOPが6月から新バージョン 見事な梅雨明け予測?!マツコとマツコが上る新たなステージ
見事な梅雨明け予測?! マツコとマツコが上る新たなステージ
飽きずにまた日テレのアンドロイドバラエティー「マツコとマツコ」の話です。前回OPアニメが好きで雨降りバージョンがいつまで続くのかってことを書いたんですが、意表をついて切りの悪い月の半ば、もう梅雨も明けようかというタイミングで見事に切り替えてきましたよ。気象庁が関東の梅雨明けを宣言したのが19日の午前、新バージョンOAは18日夜ですからね。やるな森三平。いやそれとも内容的にカンヌの回にぶつけることが決まっていたのか?わしら素人にはわからんちん。 マツコロイド誕生篇、梅雨の倦怠期篇に続き、今回は『マツコとマツコついに新ステージへ篇』ですね。全部私の勝手な命名ですからよそで「倦怠期篇が〜」なんてしゃべったって誰もわかんないですからね。そのへんよろしくお願いしますよ。 今回はキャバレーRouge&Bleuでステージに立つ二人の前に、第1回というか1stバージョンでロイドを生み出した石黒先生的な黒い人が再び現れるんですな。携帯してる人形っぽいのはやっぱりこいつですかね?こいつ。テレノイドっていうらしいですけどお前どう見てもスケキヨだろ。 その石黒教授が楽屋を訪ねてきましてね。二人にこの玉手箱チックな何かを差し出すわけですね。箱を開けると... 中から番組セットを思わせるお部屋登場! 吸い込まれるマツコとロイド。黒い物体が身体ってことがややわかりにくいんですけどね。小さい赤い丸と青い丸が顔の部分ですよ。 そして石黒教授にいざなわれて、さあステージに上るわよ!ってところまでが新ステージへ篇です。陰のせいもあるけど、マツコとロイドの体系がちょっと違う。やだやだこんなマツコやーよー。もっと丸くて弾んでてほしーのよー。 さてこれでやっと番組スタートの時点までを描いたってことでいいんですかね。するってーとここから先は二人で何か面白おかしく世の中をアッといわせるような展開が待ち受けてるんでしょうか。スタジオの外へ飛び出して事件を起こしたり、スターになっちゃってちょっとアタシ達つらいわなんてのがあったり、色々広がりそうで楽しみじゃーありませんか。ねえ? まあ個人的にはですね、今回マツコとロイドの間になんのドラマ的な進展がなかったものですから、そこは次回、なんかもすこし掘り下げてもらえたらと思うんですよ。ヨロシク森三平! 最新回がOAから1週間見られる日テレオンデマンドはこちら。マツコとマツコは適当に探してちょ。
マツコ・デラックス面から考える「ホンマでっか!?TV」
あらためて、学者の皆さんが様々な信じられない学説調査を披露していくという番組。 なんと6年もやっている。 明石家さんまが司会なので、あまりマツコさんは話さない。要所要所で、彼女のキャラクターを確認するような(どうせ太っているわよ。男でも女でもないわよ的な)コメントをいうポジション。これが逆に、彼女のマイノリティポジションを逆にもっとも意識させる唯一の番組かもしれない。 その理由は、番組のメインは、先生たちの説。これらは意外だったり一般的な考えと逆だったり、論理的過ぎたりと、この番組は説だけ聞いていると疲れる。 ブラマヨ小杉さんの多すぎる突込みが全然嫌にならないのは、これを入れることで、頭に負荷がかかる負荷を全体として抑え込んでいるのだと思う。 そしてマツコさんがステロタイプな話題にすかさず適切にのる姿はリズムゲームをやっているようでもある。つまり「やってます感」をうっすら出す、視聴者がわかる感じが、実に客観的な視線で番組に関わっていることを教えてくれる。それは学問の視点を面白がることと同じ感覚なんだとおもう。マツコさん凄い役割だ。 ただ表層的には自由度は少なく、らしすぎるのだけど、単純に楽しく、初心者(なんの?)はここからかみてもいいのかも。 『ホンマでっか!?TV』(2009年 - 、フジテレビ系列) http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/index.html
マツコとマツコの友情に新展開? 25秒のほっこりOPが6月から新バージョン
今一番気に入ってるオープニングアニメが、4月から始まった世界初アンドロイドバラエティー『マツコとマツコ』のそれ。日テレ系で毎週土曜23時からってことでご覧になってる方も多いとは思いますけど、どちらかといえば注目されたのは、CARO EMERALDの曲 - Coming Back As a Man の方。曲は変わらずで、6月からアニメーションが次のバージョンになってるんだけど気づいてます? まず4月スタートから2ヶ月は、勝手に命名すると『マツコロイド誕生篇』(2分45秒から)。石黒浩教授には似てないけど科学者が地下室?で中肉中背のアンドロイドを完成。気づいたマツコが階段を降りてきて完成品に触ると、これがみるみるマツコロイドに。乾杯したり雑誌見せたりで、マツコが1人じゃない感が微笑ましいです。 6月6日からの第2弾は、これも名付けるなら『愛を確認篇』または『梅雨の倦怠期篇』。でもこれまた2ヶ月引っ張るとしたら梅雨というわけにもいかないと思うんですけどね。7月末まで引っ張るのか、もっと早めに第3弾に変わるのか。とりあえず第2弾は窓から雨降りを眺めるアンニュイなマツコに、ロイドがお茶を差し出すところから。 そんな優しいロイドの好意を台無しにするイライラマツコ本体。ロイドかわいそう。このあとロイドは肩を落として雨の中をとぼとぼ彷徨います。「マツコ、もう私に飽きたのかしら、私が邪魔なのかしら、あのお家にはもういられないのかしら」そんな感じ。 とかやってたら本体が登場。身体がデカすぎてほとんど見えないけどちゃんとロイドのために傘を持ってお迎えに来たと。このあと二人で雨に唄えばさながらにスキップするんですがこれがまたいい感じで身軽な肥満体が愛おしいですよ。また二人に戻れてよかったねと勝手に一安心しました。オカマゴコロと梅雨の空篇と命名してもよさげなストーリーですよね。OP全編は日テレオンデマンドで最新放映分を選ぶと見られます。再生始めてからしばらく経って挿入されてるので待ちましょう。 ところでこのオープニング曲を歌うCARO EMERALDさんですけど、他の曲でこんなPVがあるんですよ。この方今34歳らしいですが、これ観てると映画主題歌を歌い続けていた往年の名歌手みたいな気がしてきます。映像はこっちのVを参考にされるのかもしれないですね。私は昔こんなOPの映画があったような気がしてたんですけど思い出せないです。 この『マツコとマツコ』のOPについては森三平という会社が作ってるらしいです。『マツコの知らない世界』なんかも同じ会社らしくて個人的にかなりツボな会社です。こちらのブログに詳しく説明されてたので同じ趣味の方は見てみましょ〜 続き 見事な梅雨明け予測?!マツコとマツコが上る新たなステージ 最新 とらわれマツコと残されマツコ