日本のフードカルチャー

ja
999 Members

Cards

Updated

デリー上野店
ナイルレストランやアジャンタと並ぶ東京カレーの超老舗であり、カレー大學による「2015年版カレー番付」でも東の横綱に名を連ねる超々名店。 されど、テーブル席2名掛けのテーブル席×4、カウンターが9席の計17席のみで、8坪弱の小さなお店(大人数で行かないように!)。 店の看板では”インド・パキスタン料理”を標榜しているけど、現地の人がやってる本場っぽい店ではなく、あくまでも”日本スタイル”。この点もナイルレストランと同様に、日本カレー文化の礎を築いたと言っても過言ではなく、その貢献度は計り知れない。 歴史があるだけでなく、メニューが豊富であったり(いつも悩む!)、その殆どが1,000円以下であったり、昼夜で通し営業であったり、今も変わらず高評価であり続ける理由は沢山ある。 ちなみに、”上野店”だけど住所的には文京区湯島であり、ここが本店。ほかに、銀座とミッドタウンにも支店がある。 店名:デリー(DELHI) 店舗形態:日式インド系料理店 価格帯:500〜999円 最寄駅:銀座線「上野広小路」、千代田線「湯島」、JR「御徒町」 住所:文京区湯島3-42-2 電話番号:03-3831-7311 営業形態:昼夜通し 営業時間:11:50-LO21:30 定休日:無(年末年始除) 創業:1956年 関連サイト:公式、食べログ カシミールカレー デリーの代名詞的存在であり、デリーのカレーでは一番辛い。 由来はインド北西部”カシミール地方”だけど、実際にカシミール地方ではクリーミーでマイルドなカレーが一般的であり、激辛なさらさらカレーは存在しないそうで、間違って名付けたんだそう(笑)。 毎度ながらどれにするか迷ったけど、やはりまずはカシミール。相変わらずの辛さ&旨さ。卓上にある玉ねぎのアチャールときゅうりのピクルスが良い仕事してくれます。 値段:950円(税込) カレー:日式インド系カレー ごはん:日本米 具材:鶏肉、じゃがいも 異国感:★★★☆☆ スパイシーさ:★★★★☆ 味わい深さ:★★★★☆ ガッツリ度:★★★☆☆ 辛さ:★★★★☆ 総合評価:★★★★☆(月1で通いたい) 2016年5月某日