日本映画

ja
734 Members

Cards

Updated

栃木市に行きたくなる?!ショートフィルム映画「しもつかれガール」
栃木市青年会議所55周年記念事業として製作された地域振興系のご当地映画。 舞台は「蔵の街」栃木市、です。 栃木市にちょっとだけ縁のある私としては、あの街を舞台にどんな感じに描かれているのかが気になります! しかし、名前があんまりよくないですねー。「しもつかれ」って栃木、茨城、群馬あたりの郷土料理なのですが見た目があまりよろしくなく、味も微妙。わたしは嫌いでないのですが、あまり好きじゃない人も多かったはず。なぜこの名前に〜と思ってしましました。 あと、youtubeで予告編を見る限りだと、標準語ですね! 栃木市あたりと、結構鈍っていると思いますよー。そういう意味でもちょっとリアリティに欠けるかなあ。(監督さんが栃木出身とかじゃないのかな?) いろんな意味でもこれ見て「栃木市いきたくなるかなー」というのは正直疑問なのですけど、栃木市自体はすっごくいいところです。これもだけどおそらくPRの仕方が上手じゃないんだなー・・・ ということで、あまり期待はせずにですが・・・DVD化されているので一応映画みてみたいと思います。ロケ地がどこかというのがみてわかる人はそれなりに楽しめそう!! http://shimotsukare-girl.com/index.html
東映で制作された日本版特撮「スパイダーマン」が面白い
今や世界で一番人気とも言えるMARVELスーパーヒーローのスパイダーマン。 そんなスパイダーマンが実は日本でも制作されていたことをご存知だろうか? それが東映がマーベル・コミック社とキャラクター使用契約を交わした東映製作の特撮テレビドラマである。 そしてこのスパイダーマン、コスチューム以外とてもスパイダーマンと言えないのである。 スパイダーマンのキャラクターを使用しているが、設定や物語は東映が独自で創作している。 戦闘では巨大ロボット・レオパルドンに乗り込んで戦う。 巨大ロボットレオパルドン!? そう、上記の画像の後ろにいるロボットである。完全に日本の特撮風にアレンジされたスパイダーマンなのである。 ストーリー: オートレーサーの山城拓也は、高名な科学者の父を研究成果の悪用を目論む異星人のモンスター教授に殺された。故郷を滅ぼされて教授を追って来たが力尽きたスパイダー星人・ガリアから、蜘蛛の能力を与えられて、超人・スパイダーマンとなり、仇である教授が率いる鉄十字団と戦う。 仮面ライダーかな!? と思わせる設定。最高である。 登場の時のセリフがいちいち面白く、ネットでも話題(ネタ)になっている。 そしてスパイダーマンなど数々のマーベル・コミックの原作者であり、マーベルの重鎮のスタン・リーの「東映スパイダーマン」に関するインタビューもYouTubeにあるので是非見て頂きたい。 めちゃくちゃ優しそうなおじいちゃんである。そして東映スパイダーマンが出てきて生みの親スタン・リーと握手する。スパイダーマンが腰が低いのが少し面白い。