眼鏡・アイウェア

ja
64 Members

Cards

Recommended

眼を酷使している貴方へ
スマホやPC、タブレットを見ないわけにはいかないのが現代人。 暗い部屋でも光り輝くディスプレイは、 オンオフ問わずに必要です。 でもディスプレイをずっと眺めていると目が疲れる… そんな、現代人の悩みを解決するべく注目されているのが、PCメガネです。 度の有無にかかわらず、画面から出ているブルーライトをカットしてくれます。 すでに使っている人も少なくないと思いますが、Zoffからさらに強力なPCメガネがリリースされました。 11月22日(土)に一般発売されたZoff PC ULTRA。 既存のブルーライトカット率が高いPCメガネには、 レンズ自体に茶色がかった色がついていました。 でも、新しく発売されたZoff PC ULTRAは、 クリアなのにブルーライト50%カットを実現したのです。 数日使ったユーザーの感想 ハイロックさん: 正直、PCからでるブルーライトについて今まで軽く見ていたんですよ。 グラフィックの仕事を始めてから、仕事も遊びもPCに依存した生活。 今回Zoff PC ULTRAを使って、目の疲労はPCからくるものなんだとわかりました(肩こりが慢性的すぎて自覚症状がなかった人が、マッサージや整体にいって、自分の疲労の理由が肩にあったと再確認するような感じ)。実際、これを使ったら目が疲れなくなりました。 このプロダクトが、目を大事にしようと思うきっかけになりましたね。 田口さん: 今回選んだ眼鏡が私の初めての眼鏡でした。 軽くてフレームも細いデザインなので、ストレスなく長時間のPC作業でも使えます。 レンズが思ったより明るいので、モニターの色もわりとしっかり見えるのが良かったです。 目も痛くなりにくい気がします。 効果に期待!
やっぱりメガネ女子はかわいいと思う画像6選
あまり目がよくない私。最近、メガネで歩くことも増えたんですが、やっぱりコンタクトがいいなーとか、メガネって陰気な感じになってヤダなーと未だに思います。 かわいいメガネ女子画像で、メガネをかけることへの偏見をなくそう作戦(自分への暗示)します。 集めた画像の中で一番かわいいなと思うのがこれ。おそらく某CMの1シーン。 森絵梨佳さんもかわいいけど、このメガネもかわいい。べっこう柄で丸みがあっておしゃれですよね。 梨花さんのメガネ姿は、言うなればセクシー&クール。 スクエア型のメガネはクールにしてくれますね。梨花さんは丸いメガネも似合うから、メガネの似合う顔ベスト10くらいには入っていると思います(笑) 山田優さん。上はサングラス、下はメガネですけど、どっちも似合います。同じファッションなのに違和感がまったくない。この下のメガネ欲しくなるけど、人を選びそうなメガネですよね。。 えびちゃん!自然すぎてメガネをつけていることを一瞬忘れそう。 細フレームで、鼻の部分が金色になってるからかな。メガネの主張を抑えていて、これは好きですね。 SHIHOさんの太めのフレームメガネ。眉毛のラインとぴったり合って、とても綺麗ですね。口紅の色もこのメガネと合っていて、メガネをファッションとして楽しんでる感じ! そしてこのメガネ気になります。どなたかどこのブランドか知りませんか?? みんなモデルさんだったけど、やっぱりメガネをかけてもかわいかったですね〜。 そしてメガネって全然おしゃれにつけられますね。 ちょっとどうにか私も似合うように研究を重ねたいと思います! まずはSHIHOさんのメガネをかけてみたいな!
体幹トレーニングサポートスマートメガネ「JINS MEME TAIKAN」の可能性を考える。
最近、ウェアラブル端末の勢いが凄まじい。 まだ仕事で直接かかわる事はないが、そのうちインフラ系も対応を迫られるのではないかとちょっとビビっているのだが、まあそれはそれとして。 JINSの新しいアプリが登場する。 『JINS MEME TAIKAN』 https://jins-meme.com/ja/taikan/ 体幹トレーニングをメガネがケアするというのは、一体どういうことか。6軸センサーを内蔵したを使う事で体幹を感知、フィードバックしてもらえ、身体の揺れなどもアプリ上で簡単に確認ができるという。 メガネをかけるだけで新しい体験をさりげなく行えるという意味では素晴らしく画期的だ。 体幹を鍛えるという点で似ている商品に、Wiiフィットがあったが、体重計をフィットネスに使うのが、いまいち負荷が高いことだったのか、最近はあまり話を聞かない。 もちろん、この手のサービスのむつかしさは継続的に利用してもらうための、地味な盛り上げ方だろう。トレーニングを徐々に増やすことなのか、コミュニティを作る事なのか、軽々にはいえないが、メガネでウェアラブルの可能性を見せてほしい。 しかしながら、何かモードを変化させるためのメガネは面白い。モードチェンジというか変身というか。「よしトレーニングしよう!」という契機になるなら面白い。 ただ、あえて言えばメガネ姿を女性は美しいと思うのだろうか。気になるところだ。 ◆メガネについて JINS MEME MT 金額 19,000円(税別) センサー 3軸加速度センサー/3軸ジャイロセンサー レンズ種 サングラスやクリアレンズ対応。+10,000円で度付き対応可 連続使用時間 リアルタイムモード最長12時間/スタンダードモード最長24時間 充電時間 約2時間 重さ 約45g ランニングのアプリはこちら。 JINS MEME RUN https://jins-meme.com/ja/run/
ウェアラブルEXPOのレポートを見て考える
東京で開催されていた「ウェアラブルEXPO」は今年で2回目だそうだが、210社も集まった注目度の高い展示会だったよう。 近くに住んでいれば行きたい所だが、ネットで気になった製品をいくつかピックアップ。 やはり気になるのは衣類から情報を取得する仕組みの実現だろう。 ◆グンゼ、導電性素材でウェアラブル肌着や発熱ニット、牛用の「ウシブル」も http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20160115_739092.html 「​転んだことも記録されるセンサー満載シューズ」などがシーテックでは出ていたがやはり服、特に下着などから情報を取得できるようになると、意識なくしっかりと情報がとれる。病人の情報などは便利かもしれない。ペースメーカーなどへの影響が無くなれば、緊急システムとしてもありがたい。それこそ、ヒトとしての違和感も出てくるだろうが。 そしてメガネだ。 ◆スマートグラスが咲き乱れ、衣服のIoT化を加速させる導電技術も http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20160114_739005.html 記事からは特定の作業現場で使われる事例も多い。 レンズを通すことができれば、ARを用いて、さまざまなものへタグ的な補足情報を付けられる。意外とコンビニなどで商品情報の管理や在庫数を付与するなんて使い方はありかもしれない。これを使えば誰でも簡単に、そこそこくわしい店員になれるのだ。 ハード的には、東芝の「Wearvue TG-1」が気になる。 ◆メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue™<ウェアビュー> TG-1」の発売について http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_01/pr_j1301.htm インフラの保守管理、工場や倉庫内などで作業のハンズフリー化を目指す。実売予想価格は21万6000円。出荷開始は2月29日を予定。重さは50グラム。 日常的な利用にはまだかかりそうだが、特定のシチュエーションではリアルな存在になっているようだ。 美術館などでスマートグラスを貸し出しするようなことが今年にもあるかもしれない。