#Nirvana
en
471 Members
Commons
Cards
Talks
Q&A
Members
Popular
Updated
Float Around: Photos From Nirvana's Underwater 'Nevermind' Shoot
Pics from photographer Kirk Weddle's long day with the band in 1991 The 1991 day photographer Kirk Weddle shot Nirvana's Nevermind album cover was not necessarily a pleasant one. "Bad weather, bad swimming pool, cloudy water," Weddle recalled in 2011. "Kurt was a couple hours late and then went right to sleep at the side of the pool, and nobody wanted to wake him up." Perhaps it wasn't the greatest plan to photograph a touring rock band early in the morning – but you can't argue with the results. Weddle's shot of baby Spencer Elden grasping for the all-mighty dollar underwater is one of the most iconic images in rock history, and the ensuing session he did with the members of the band is remarkable, too. Now a fuller collection of pics from the shoot are available for sale from Rock Paper Photo. Krist Novoselic, Dave Grohl and Kurt Cobain photographed for the Nevermind album cover shoot in Los Angeles in 1991. Kurt Cobain photographed for the Nevermind album cover shoot in Los Angeles in 1991. Dave Grohl photographed for the Nevermind album cover shoot in Los Angeles in 1991. Krist Novoselic photographed for the Nevermind album cover shoot in Los Angeles in 1991. "We were shooting a touring band in the morning, bad idea. Kurt showed up, wrapped himself in a bathrobe and immediately went to sleep on the pavement. Nobody wanted to wake him. We put a guitar next to him and shot a few frames," photographer Kirk Weddle said. "Baby Spencer Elden. He is a hell of a model. He was four months old and that was his first time in the water," photographer Kirk Weddle said. "He couldn't swim but he could drift really well. We probably shot him for less than five minutes. The kid is a natural."
Kurt Cobainのドキュメンタリー映画、 日本での上映決定【Nirvana】
http://skream.jp/news/2015/09/kurt_cobain_soaked-in-bleach.phpより引用 "1994年に他界したNIRVANAのフロントマン、Kurt Cobain(Vo/Gt)の死の真相に迫ったドキュメンタリー映画" Soaked In Bleach"が、日本で公開されることが決定した。 同映画は、"ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~"という邦題で12月12日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映予定。Kurtの元妻Courtney Loveの私立探偵だったTom Grantの仮説に基づき、死の核心に迫るドキュメンタリー映画となっている。" ▼映画情報 "ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~" 原題:Soaked In Bleach 公開日:2015年12月12日(土)~上映予定 東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか  先日記事に上げたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝記映画だけでなく、Sly Stone(スライ・ストーン)の記録映画やJames Brown(ジェームス・ブラウン)の伝記映画である『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』など著名なスターの生い立ちや生き様にフォーカスした音楽映画が数多く公開された2015年であったが、ついにカート・コバーンの往年の謎である死因に迫ったドキュメンタリー映画が日本国内で公開されることとなった。  Nirvanaファンのみならずとも、ロックファンとしては是非とも一度見ておきたい作品だ。 Soaked in Bleach Official Trailer (英語版) 『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』予告編 こちらも今年公開されたカート・コバーンのドキュメンタリー映画。こちらはよりカート・コバーンの人物像に迫った作品となっている。 同じ年に二つもの映像作品が公開されていることからも、カート・コバーンという存在が未だに多くの人々に強いインスピレーションを与えていることが窺える。
You must hear Kurt Cobain cover The Beatles, because it's bliss
We’ve seen the trailer for HBO’s Kurt Cobain documentary, Montage of Heck, and, in a word, it’s intense. The film, which comes to HBO on May 3, is being touted as the most intimate look at the Nirvana frontman’s life, and includes many previously unreleased songs from Cobain’s archive. One of them is his cover of The Beatles’ “And I Love Her,” and if you’re already tearing up, we don’t blame you. The original song is jaunty, but with a sadness underscoring its plaintive lyrics. The Fab Four, led by Paul McCartney’s doe-eyed vocals, lay their feelings out bare, backed up by Ringo’s bongos. Cobain’s cover, which is included in the film’s soundtrack, has made its way onto the Internet, and turns the polished love song into a rough but tender lullaby. The audio is coarse, but the depth of his voice cuts through, even when it dips into the lowest end of his register. It’s an instant classic cross-genre cover, but one that had remained hidden until now, unknown even to Cobain’s family: While Cobain is quoted as saying, “I like the Beatles, but I hate Paul McCartney” in his lifetime, it appears that when it came to the music, he was able to put his personal feelings aside. Though plenty of people have tried to understand Cobain’s life and death, it seems that there’s still plenty to absorb from one of rock’s most enigmatic figures, decades after his life was tragically cut short. (Image via.)
トップ10!ギター破壊動画
ロックの典型的なステレオタイプと言えばギターを壊すことだ(本当はそんなことない) ではここでGuitar Worldが発表したトップ10ギタースマッシャー動画を見てみよう http://www.guitarworld.com/guitar-smashers-11-deadliest-ax-wielders-all-time-video/25733 10. Jeff Beck ジェフリー・アーノルド“ジェフ”ベック(Geoffery Arnold "Jeff" Beck, 1944年6月24日 - )は、イギリス、サリー、ウォリントン出身のギタリストである。 『ローリング・ストーン』誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第14位、2011年の改訂版では第5位。 09. Garth Brooks ガース・ブルックス(Garth Brooks, 1962年2月7日、オクラホマ州タルサ市生まれ)はアメリカ合衆国のカントリー歌手、作曲家。また多くのチャリティーにも貢献している人物としても知られる。 08. Paul Simonon ポール・シムノン(Paul Simonon、1955年12月15日 - )は、イギリスのミュージシャン。元ザ・クラッシュのベーシストとして知られる。最近では、2007年1月にデーモン・アルバーン、サイモン・トング、トニー・アレンと組んでアルバム『ザ・グッド,ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン』をリリースした。 07. Billie Joe Armstrong ビリー・ジョー・アームストロング (Billie Joe Armstrong) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身。パンク・ロックバンド、グリーン・デイのヴォーカリスト、ギタリスト。 "Fuck this shit, I'm gonna play a fucking new song, fuck this shit. Give me a fuckin' break, one minute left. One minute fucking left. You're gonna give me fucking one minute? Look at that fucking sign right there. One minute. Let me fucking tell you something. Let me tell you something. I've been around since fucking nineteen eighty fucking eight. And you're going to give me one fucking minute? You gotta be fucking kidding me. You fucking kidding me. What the fuck? I'm not fucking Justin Bieber you motherfuckers. You gotta be fucking joking, this is a fucking joke." 06. Paul Stanley ポール・スタンレー(Paul Stanley)の芸名で知られるスタンレー・バート・アイゼン(Stanley Bert Eisen、1952年1月20日 - )は、アメリカのロックミュージシャン、ギタリスト、シンガー、作曲家、プロデューサー、画家。身長180cm。 ロックバンドキッスの創設メンバーでグループの中心人物である。リズムギターとボーカルを担当し、グループのヒット曲の多くを作詞・作曲している。 やはりKISSともなるとかっこいい 05. Ritchie Blackmore リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore, 本名:Richard Hugh Blackmore(リチャード・ヒュー・ブラックモア),1945年4月14日 - )は、イギリス出身のギタリスト。アメリカ合衆国在住。ミドル・ネームがハロルド(Harold)と表記されることも多いが、誤りである。身長179cm。 ディープ・パープルの元メンバーとして有名。その後、別のロックバンド・レインボーを率いた。現在はフォーク・ロック・プロジェクト、ブラックモアズ・ナイトで活動している。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第55位、2011年の改訂版では第50位。 04. Kurt Cobain カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカのミュージシャン。身長5フィート7インチ(170cm) 1990年代を代表するワシントン州シアトルのグランジバンド、ニルヴァーナでボーカルとリードギターを担当し、アルバム『ネヴァーマインド』の成功で一躍ロックスターの仲間入りを果たすものの、1994年自宅にてショットガンで自殺。27歳没。 03. Wendy O. Williams 乳首にテープを貼っただけのトップレスの姿で歌うなど、ヴォーカルのウェンディにまつわる伝説は多い。 ウェンディ・O・ウイリアムズは、1998年にコネチカット州にある彼女の家の近くの雑木林で拳銃自殺を遂げた。48歳だった。 02. Jimi Hendrix ギター破壊と言ったらこの人。あの有名なギターを燃やすシーン。 ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 - 1970年9月18日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称でも呼ばれる。 天才ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾いたり、火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスでも有名。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている。2008年5月にブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンの選ぶギタリスト・ランキング」、『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位となっている。 01. Pete Townshend 一位はもちろんこの人!!!The WhoのPete Townshend ピート・タウンゼント(Pete Townshend、本名:Peter Dennis Blandford Townshend、1945年5月19日 - )は、イギリスのミュージシャン、小説家。ザ・フーのギタリスト、ソングライターとして最も有名。身長183cm。なお、苗字の発音は/ˈtaʊnzənd/である。 2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第10位(2003年版では第50位)。