satoshi0918
3 years ago1,000+ Views
COEDOビール発祥の地である埼玉県川越市の工房がリニューアルされ、COEDO Craft Beer 1000 Labo(コエド クラフトビール・ワンサウザンド・ラボ)が誕生しました。
1000リットルのタンクを備えており、1000種類のビールを試作し、実験的な取り組みを惜しげなく公開していくというコンセプト。
併設した飲茶「香麦-xianmai(シャンマイ)」で、そのビールと飲茶を楽しめる。
ビールにまつわるセミナーなども開催していくそうです。
代官山に「スプリングバレーブルワリー東京」がオープンしたり、クラフトビール界、盛り上がっていますね!ワクワクします!
3 comments
Suggested
Recent
そうなんですね、知りませんでした・・・!代官山の「スプリングバレーブルワリー東京」にまずは近いので行ってみたいです!
そう!COEDOビールといえば川越なんですよ〜。
COEDOビールって川越市に工房があるんですね!とても気になる!お休みにぜひ行ってみたいです:)
7
3
10