longstrump
2 years ago1,000+ Views
イングマー・ベリマンが生涯愛した島 Fårö
ゴットランドの北端にある島、Fårö(訳すとひつじの島)。
世界的に有名なスウェーデン人映画監督イングマー・ベリマン(Ingmar Berman1918-2007)が生涯愛し、何本も映画を撮った場所。
息をのむほど美しい、そんな風景だらけだった。
北の果てという雰囲気の荒々しい大地がはるか遠くまで続く。
自然が作りだした不思議な岩が並ぶ海岸にたつとまるで世界の果てにきたかのような気分に。
風が強いのに海岸はとても穏やかなのが印象的だった。
人工物が限りなく少なく、あったとしてもどれもとても自然と調和している。
そびえ立つ島の北端にある灯台。
どの景色一つ切り取っても絵になる美しさ。
なんだかベリマンが生涯この島で映画を撮り続けた気持ちが少しわかるような気がする。
島内のベリマンセンターでは映画や資料見ることができ、ベリマンゆかりの地を回るバスツアーにも参加できるらしい。
また2007年に亡くなった後は住んでいた島内の幾つかの邸宅を、芸術家やジャーナリスト、研究者などに無償で仕事や研究の場として貸し出しているそう。
芸術家にとってこんなインスピレーショナルな場所はないだろうな。
べリマンセンター
ベリマン邸
4 comments
本当に世界の果て、という感じの景色ですね。とても旅情を感じました。
2 years ago·Reply
いい景色だなあ…こういうところでポケットからスキットルを取り出してモルトを啜るのが男の浪漫です
2 years ago·Reply
コメントありがとうございます。うふふ。ウィスキーいいですねー。女のわたしもそそられます😁😁
2 years ago·Reply
では大人の浪漫ということで(笑)
2 years ago·Reply
7
4
4