kakikukeko
2 years ago500+ Views
戦略(Strategy)、作戦(Operation)、戦術(Tactics)、そして兵站(Logistics)
はてなダイアリーで2012年4月に書かれた記事らしいけど、興味深いのでメモ代わりに投稿。
要はこの4つを混同させちゃイカンということ。
【イベントで例えるなら...】
「イベントを開催するべきか。いくらの予算をかけて、どんな成果を求めるか」が"戦略<Strategy>"
「いつ開催するか、どこで開催するか、どんなイベントにするか、どこで宣伝するか」が"作戦<Operation>"
「受付のシステムはどうするか、VIPが来た時には誰が案内するか、講演者の昼食はどうするか」が”戦術<Tactics>”
「講演者を集め、交渉し、宣伝を行い、会場を下見し、当日の会場で実際に働くスタッフ(兵隊)を集め、「お辞儀は30度」などと教育し、来場者向けのネームタグをプリンターで打ち出し、お弁当を手配する...つまりイベント当日で直接お客様に触れない仕事全て」が”兵站<Logistics>”
戦略は、複数の作戦から組み立てられる。
作戦を実行するときに差別化されるのが戦術。
戦略全体を下から支えるのが兵站である。
らしく、この三つの違いを一般企業のタイムスケール的にいえば...
戦略が5~10年
作戦は3ヶ月~1年
戦術は1日単位
の計画だと考えると掴みやすいそう。
Appleの2001年~2010年の具体例は面白いのでぜひ飛ばさすに熟読を。
これらをベースに自分でも考えてみた"飲食店"バージョンがコレ
↓↓↓↓↓
戦略<Strategy>】
どこに出店して、どんな内装にして、どんな客をターゲットにして、どんなお店にして、どんな成果を求めるか...つまりコンセプト
作戦<Operation>】
営業時間をどうするか、仕入れをどうするか、メニュー構成をどうするか、体制をどうするか、PRをどうするか...つまりアイディア
戦術<Tactics>】
仕入れ、仕込み、今日のおすすめメニュー、片付け、食材や消耗品の注文...つまり(アイディアを具現化するための)スキル
兵站<Logistics>】
調理、盛りつけ、配膳、接客、会計...つまり(スキルを活かすための)運用力とか実行力?
こんな感じで合ってっかな〜
1 comment
ちなみに「兵站」は”へいたん”と読むらしいっす
2 years ago·Reply
4
1
3