unagi
500+ Views

セバスチャン・サルガドの写したかったもの 『地球へのラブレター』

こちらの記事でも詳しいですが、行ってきました。
『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』
彼の活動はTEDでも有名ですね。
何がラブレターなのか。原題は「地の塩」というもので、なんというかちょっと規模が大き過ぎて一口には言えませんが、どでかいひとがいる。憧れるのはこういう人だな。ということでした。
機会があればぜひ
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
その場でプリントできるデジタルカメラ&世界最小級プリンター登場!!!!!
その場でプリントできるデジタルカメラ&世界最小級プリンター発売!! チェキの進化版と言っても良いのでしょうか?♪ その場でプリントできるデジタルカメラで、しかも世界最小級プリンターの発売です!! これがあると旅行もさらに楽しくなりそうですよね( ´ ▽ ` )ノ しかも世界最小級のサイズだから持ち運びも便利なところが良いですよね〜 この商品は、アメリカのカメラブランド「ポラロイド(Polaroid)」2016年4月中旬以降発売されるとのこと⭐︎ 瞬間を写し、その場で家族や友人と写真をシェアできるポラロイドから、デジタルの要素が加わったアイテム3種類のうち2種類をご紹介♡ ポラロイド スナップ(Polaroid SNAP) 販売予定価格:16,000円+税 シャッターを切るとその場で写真をプリントできるというポラロイドならではの技術がデジタルカメラにプラスされたアイテム。 4カット連続撮影機能やセルフタイマー機能のほか、撮った写真はすぐプリントできるだけでなく、デジダル画像としても保存でき、SNSなどにも簡単にシェアすることが可能。 ポラロイド キューブプラス(Polaroid CUBE+) 販売予定価格:19,800円+税 わずか3.5cm角の手のひらサイズ。 その可愛らしい出で立ちとは対照的に、アクティブな撮影シーンに対応する機能が魅力。 パノラマ撮影まで可能な 124°広角レンズを搭載、アクション時の撮影にうれしい画像安定化機能も付いている。Wi-Fi 機能を利用してコンテンツ共有が可能なほか、アプリを経由して、スマートフォンやタブレットを使い、構図の確認や録画・停止などの操作、写真の編集、保存、印刷なども可能。 参考資料 http://www.fashion-press.net/news/22017
タバコのポイ捨てで指名手配!?香港の「Face Of Litter」プロジェクト
結構前に知って、画期的だなーと思っていたこの広告。 広告代理店のogilvy(オグルヴィ)が制作したこのポスター、なんとタバコをポイ捨てた人の顔を映し出し、「指名手配」してしまうのだ。 香港の非営利団体「Hong Kong Cleanup」のために行われたこのプロジェクトは、DNA分析にアメリカの企業Parabon Nanolabs社が協力している。(以下、WIREDから引用) 香港のゴミに付着したDNAは、遺伝子型判定の研究所にもち込まれ、そこで落とし主に関する膨大なデータが作成される。このデータをParabon Nanolabs社の機械学習アルゴリズムによって処理すると、特定の表現型(特徴)をおおざっぱにとらえたスナップ写真がつくられるのだ。 ひょひょひょー、実際に犯罪捜査にも利用される技術だというから、精度はかなり高い。 香港は、街中でポイ捨てされるゴミで悩まされている。政府は、ポイ捨てに約200ドルの罰金を科している。 でも、タバコをポイ捨てしただけで、自分の顔や知り合いの顔が「指名手配」されたら、生きにくいな。笑 それほど、香港はゴミ問題に困っているということだけどね。 罰金制度より効果ありそうなアイデアでおもしろい。
18歳未満は見れません「SHUNGA 春画展」
やたらにニュースになっているからか、入場規制になっているという東京に生まれた秘宝館こと春画展。これはみるべきだな。 東京都 江戸川橋 永青文庫 http://www.eiseibunko.com/shunga/ 料金 当日1500円 住所 東京都文京区目白台1-1-1 時間:10:00~18:00 18禁の『春画展』が9月開催、大英博物館のコレクション含む120点が集結 http://www.cinra.net/news/20150522-shungaten 2013年にはイギリス・ロンドンの大英博物館で大規模な展覧会『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』が開催され、話題を呼んだ。 18禁春画展エロくて女子も喜ぶ理由 ポルノとは全然違うのよhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/345/345237/ とはいえ大英博物館も最初は不安があり、開館以来初めて16歳未満の入場を禁止した。が、いざ開けてみると大好評。ガーディアンのような一流紙はこぞって事実上の最高点となる四ツ星の評価を出し、入場者は3ヵ月で8万8000人を超えたという。「面白いのは『日本人がこんなにも性に対しておおらかな人たちだったとは思わなかった』という声がアンケートに上がってきたこと。彼らの“まじめすぎる”日本人像がすごくプラスのイメージに変わったんです」 フタをあけてみれば、拍子抜けするほどの大成功。調査では大英博物館側にとって意外な結果もわかった。女性ウケがよかったのだ。「入場者の55%が女性だった。そのうえ95%が“満足”、96%が“期待以上だった”と答えているんですね」 頬染めて秋を過ごそうぜ。 いまさらwikiがおもしろい https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%94%BB