fukuko
100+ Views

アメリカ 西海岸

Brendan Limさんの「Coastal」は、カリフォルニアの海岸線を4Kカメラで捉えた動画。
ハーフムーンベイのサン・グレゴリオ・ビーチとデイリーシティのソーントン・ビーチを撮影。
何も考えずにボーっとしたい時に
おススメの動画です。
fukuko
0 Likes
1 Share
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
アメリカで話題のAnderson .Paakの軌跡PT.1【ホームレスからスターへ】
Anderson .Paakについてはこのアカウントで数回書いているので名前は聞いたことあるだろう。 しかし2015年に突如注目を浴びた彼がどのような人物で、何故こんなにアメリカのブラックミュージックファンに期待されているのかを知らない方も多い。 あのDr. Dreが「こいつが音楽の未来だ!」と言うほどである。 その中で彼が完全に超有名大スターになる前に彼についておさらいしたいと思う。 〜妻子持ちホームレス生活からの復活〜 Breezy Lovejoyとして活動 上記はBreezy Lovejoy時代の曲 Anderson .Paakは1986年に黒人と韓国人の親の間に生まれた。10代の頃にベッドルームで音楽制作をはじめ、ドラマーとしても活動しはじめた。 音楽活動を本格化する前はカリフォリニア州サンタ・バーバラにあるマリファナ農園で働いていたが突然の解雇により妻と幼い息子と共に一時ホームレスになった。 その時にSa-RaというLAのヒップホップグループのメンバー、Shafiq Husaynのアシスタントとして雇われ、経済的にShafiqにより助けられた。 彼のおかげで生活を取り戻したことがきっかけでLAの音楽シーンと密接に関わるようになったのである。 ちなみにSa-Raは90年代に結成されたプロデューサー、ミュージシャングループでそのメンバーはHeavy D, Bilal, Dr. Dre, Jill Scott, Erykah Badu, Frank Ocean, Fonzworth Bentley, Jay-Z, John Legend等のアーティストの楽曲もプロデュースもしている。 2011年にAnderson .PaakはBreezy Lovejoy名義でO.B.E Vol.1を完成させ、ドラマーとしての活動もLAのシーンで目立つようになった。 「ドラマー & ラッパー & シンガー」としてアンダーグランドで名前を売る あのアメリカの人気テレビ番組American Idol出場者のHaley ReinhartやLAのバトルラップシーンにて大きな功績残した韓国人ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動していた。 上記はLAの人気ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動している動画 さらにドラマーとしてだけではなく、ラッパー、シンガーとしてもDumbfoundeadの曲にフィーチャーされLAの音楽シーンにて知名度を上げていった。 下記の動画ではサビを歌いながらも2ndヴァースでラップをしている。 そして2014年、彼の人生にとって第一のターニングポイントとなる出来事があった。 それは本名への改名だ。元々Breezy Lovejoyという名前で活動していたが、その時は様々な活動をしており、常に音楽をやっているわけではなかった。 改名の背景は「その頃から音楽中心の生活に変わり、朝起きてスタジオに行き、帰宅して子育てや家事をやる」という「音楽中心の生活と今後の音楽活動のターニングポイント」になるように改名したとの事 2014年にAnderson .Paakとしての1st アルバムVeniceを発表 このアルバムがAnderson .Paakとしてアイデンティティを少し定義付けた作品であろう。 声から漏れ出す野生感、ファンキーだけどどこかチルいカリフォリニアのビーチを感じさせるビート。 実際にアルバム名VeniceはLAのストリートカルチャーの中で大切な役割を持つビーチと町の名前である。 そしてこのアルバムをリリースした後に彼の人生最大の転機とチャンスがやってくる 〜あのDr. Dreとの出会い〜 Dr. Dreとの出会い、スターへの道はPT.2で! (更新されたらこちらのリンクに出てきます)
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。
【映画】Straight Outta Compton【N.W.A.】
N.W.A.の伝記映画『Straight Outta Compton』 N.W.A.の伝記映画がアメリカで公開され、公開週の週末だけで、6020万ドルの興行成績を記録した。 あのDr. Dre(ドクター・ドレー)やIce Cube(アイスキューブ)が所属していたギャングスタ・ラップの先駆けとなるヒップホップグループ「N.W.A.」の伝記はアメリカに再び大きなインパクトを残した。 N.W.A.のアルバム『Straight Outta Compton』がどのように生まれ、その時代のLAのゲットーがどのような環境だったのか、そしてゲットーから出てきた5人の若者が音楽業界にどのような影響をもたらしたのかを描いた作品となっている。 ドクター・ドレーとアイスキューブが実際に映画のプロデューサーとして監修し、亡くなったメンバーのEazy-E(イージー・イー)との関係、社会からの反応、警察からの不当な扱い、等がリアルに描かれている。 N.W.Aとは? N.W.A.(エヌ・ダブリュ・エー)は、1986年にアメリカのカリフォルニア州コンプトンで結成された、ヒップホップグループである。 西海岸ヒップホップでは伝説的グループと言われ、現在ではメンバーのそれぞれがラッパー、音楽プロデューサー、俳優、映画監督、などで活躍している。 メンバー ・Beatsのヘッドフォンでも有名な、Dr. Dre(ドクター・ドレー) ・俳優としても大活躍しているIce Cube(アイスキューブ) ・レーベル経営者で1995年に亡くなったEazy-E(イージー・イー) ・ラッパーのMC Ren(MC・レン) ・DJやプロデュースをやっていたDJ Yella(DJ イェラ) ・1988年に脱退したArabian Prince ロサンゼルスのコンプトンというゲットーから出てきたこのグループは警察からの不当の扱いに対しての不満を歌った"Fuck tha Police"という曲で社会現象を起こし、音楽とその周りのカルチャーに多大な影響を与えた。
凶悪犯のアート、シリアルキラー展
これはやばい。タイトルだけでも後頭部の生え際をぞりぞりされる興奮と不気味さがある。殺人鬼をはじめとする凶悪犯の頭の中はどうなっているのか?それが実際に絵にも現れるのか?興味深々にならざるを得ない。 まず今回展示される作品や資料200点はHNという個人の所有によるものだそうだ。個人的には束になったシリアルキラーよりもこのHN氏の方が俄然気になる。一説によると日本人という噂もあるが、事件がアメリカに集中しているのでそれはない気がする。 シリアルキラーと呼ばれるアーティスト?はポスター画像に細々と刻まれているが、名前だけ見てもわからないので少しググった。 ジョン・ゲイシー 別名キラー・クラウン、33人を殺害。スティーブン・キング「IT」に登場する殺人鬼ペニーワイズのモデル。 ヘンリー・リー・ルーカス 300人以上を殺害。ハンニバルレクターのモデルの一人。ヘンリーを描いた映画もある。 ピーター・サトクリフ 13人殺害。事件が切り裂きジャックを思わせるためヨークシャー・リッパーと呼ばれる。 人数の問題ではないかもしれないが3人分でも相当ヘビーだ。わかる中ではボニー&クライドの名前もあるがこう並ぶとかわいいもののような気もしてくる。 シリアルキラーが描く絵はやはりその底知れぬ心理を投影した不気味さを持っているのか、はたまた驚きの光を放つものもあるのか、これはかなり興味がある。 …どちらかというと前者だろうなあ。ピエロ不気味だよなあ。 会場は銀座のVanilla Gallery、会期は6月9日〜7月10日だ。行ったことはないがサイトを見ているとなかなかの不気味さに溢れるギャラリーなのでハートが弱いキミはお友達を誘って出かけよう。