zajiz
1,000+ Views

意外とちゃんと見てないので改めてまじまじとみる

うわさのそれってこれか。
一度行ってみたいなあ。
4 Comments
Suggested
Recent
それ、Iしか劇場名に入ってないっす(笑)
見ようによっては、IもZもOも入っている?!か
エルのこと全然気づかんかった、、(;´Д`A
初めてちゃんと見ました。L も入ってるんですね、よくできてる。
Cards you may also be interested in
京都のトリセツ part2 “AKIMAHEN of Kyoto”
以前トリップアドバイザーが企画した京都のトリセツの新作、part2「京都のあきまへん」が配布されました。本編は下に英語版インフォグラフィックをリンクさせています。 僕は日本人なので京都のイメージがあり、NGが「あきまへん」と表現された点にそれなりの味のようなものを感じますが、外国人はこれを見てどう感じるのか聞いてみたい好奇心があります。(その前に僕の京都のイメージも個人的に作り上げたものに過ぎないわけですが、しかし「京都の人から京都の言葉で言われたらしょうがないか」と思うなにかがあります) 長いです。 「あれやるな」「これやるな」がこれだけの量で指定されるというのもなかなかのおもてなしです。それだけ現地では耐えかねる状況なのかもしれません。 物理的な長さはフォーマットである可能性が高いですが、僕は、京都の人の生活が本当に乱されて困るような迷惑・危険行為と、拝観マナーのようなことは分ける手もあるのではないかと思いました。 後者は Don't do that 表現以外の演出もあると思います。チップのかわりに「オーキニ」もトラブルを未然に防ぐよい方法かもしれませんが禁止事項としてはやや強過ぎるように感じました。やはり外国人のリアルな声を聞いて自分の感覚のズレを知りたいです。 part1はこちらです。楽しいですね。
松尾スズキがTV界に進出!NHKで「松尾スズキアワー『恋は、アナタのおそば』」放送!
うおおおおお1!!!!これは!!1!! 松尾スズキが作・演出をした芝居と歌のコメディショーがNHKで放送される! 出演はおなじみ大人計画の池津祥子、皆川猿時、村杉蝉之介、平岩紙に加えて、多部未華子、三宅弘城、栗原類、大竹しのぶも! 自分は何回か大人計画の芝居を見に行ったことがありますが、松尾スズキのギャグは切れ味鋭いですよ〜〜〜。 オリコンスタイルの記事によると、「一幕物の歌あり、芝居あり、レトロで新しいバラエティー番組を作りたくて、画策してきたことがやっと実現しました」「芸人の力に頼らずに芝居と音楽で勝負したい」(松尾)とのこと。意欲的じゃあないですか!期待! ちなみに写真前列真ん中が松尾スズキだが、カツラをかぶると別人のように見えるな〜。 放送は3月30日(水)、31日(木)!まだだいぶ先だ! 松尾スズキアワー「恋は、アナタのおそば」 NHK総合 前編:2016年3月30日(水)22:55~23:20 後編:2016年3月31日(木)22:55~23:20 <作・演出> 松尾スズキ <構成> 天久聖一 <出演者> 多部未華子 / 三宅弘城 / 池津祥子 / 皆川猿時 / 村杉蝉之介 / 平岩紙 / 栗原類 / 松尾スズキ / 大竹しのぶ 他
そしてあと1週間。五輪エンブレム応募ページのFAQを見てみる
一時のトピックスからははずれ、粛々と進んでいるようなエンブレム選考。 挑戦する気持ちは無いが、応募ルールなどは若干興味がある。 エンブレム選考特設ページ #東京2020エンブレム いくつかチェックしてみると面白い。 Q:アルファベット単体や一般的な図形のみで構成されているものはなぜ審査の対象外なのですか? A:アルファベットや、円や三角、四角といった一般的な図形のみで構成されている図形は、日本のみならず、海外でも商標登録を受けにくいためです。 おそらくあの件を意識している項目なのだろう。 Q:ワードマーク(TOKYO2020)は、オリジナルの書体を開発しなければなりませんか。A:エンブレムに第三者が権利を持つ既存の書体が含まれている場合、商標登録を行う際に支障が生じることがあるため、オリジナルの書体の開発をお願いしております。なお、オリジナルの書体の開発が難しい場合は応募段階では汎用の書体で提出していただいてかまいませんが、採用する際には修正が必要となります。 当たり前なのかもしれないが、書体を自分で作るとなると大変だ。 というかオリジナルなど開発できるのだろうか。 ちなみに作り方の例としてこういうPDFもある。 エンブレムデザイン案とデザイン展開案のデータの作り方(例) なるほど丁寧だ。 そして、審査基準だ。 ・多くの人に共感してもらえること(共感性) ・東京2020大会の象徴となること(象徴性) ・オリジナリティにあふれ、個性的であること(独創性) ・デザインとして優れていること(審美性) ・ライセンス商品や大会装飾など さまざまな媒体で展開可能であること(展開性) ・カラーだけでなく、モノクロや拡大・縮小で再現してもデザインイメージの変化が少ないこと(再現性) エンブレム絞り込みの流れについて ざっくり見ただけでも、なかなか大変である。 デザインとは、単なる見た目というわけでは無い。 デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。~wikiより どんなものが選ばれるかも気になるが、まずはこのルールを取りまとめた方々を労いたいと思うのは私だけだろうか。 参考:仕切り直しの東京五輪エンブレム、応募サイトが公開 <参考> それでもあの五輪エンブレムは”パクリ”ではない! 〜そもそもデザインとは何か? http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44972 デザイナーだけでなく、映像クリエイターやプランナー、プロデューサーほかの方々でも、まったく何かを盗用した自覚がないにも関わらず、「自分の仕事が何かに似ていると唐突に指摘され、佐野氏のように世間から糾弾されるのではないか」と内心ビクビクしているクリエイターもいるかもしれない。