Ynes
1,000+ Views

地元の人に混じって食べ歩きしよう。バルセロナ「ボケリア市場」

旅先で、行けば必ず楽しい場所。そのひとつが市場だと思うんですよね。
スペイン、バルセロナにも有名な「ボケリア市場」があります。(ガイドブックなどでは「サン・ジュゼップ市場」と紹介されることも)
ここには400近くものお店があります。
食材店だけでなく、バルやテイクアウトのお店もあるので、食べ歩きにぴったり。
バルには、海に面したバルセロナならではの新鮮な魚貝メニューが並んでいます。
バルセロナに行った際は外せない観光スポットですね(^ ^)
ボケリア市場
日本語紹介サイト
2 Comments
Suggested
Recent
市場、いいですよね。いつか、台所つきの宿泊施設に泊まって、市場で買った食材を調理する、なんて旅をするのが夢です♪
こういう市場では新鮮かつ地元のものがリーズナブルに食べられるから良いですよね!ぜひ旅行しに行って、アヒージョやパエリヤ等、本場を味わいたいですー^o^
Cards you may also be interested in
「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」に見る、サグラダ・ファミリアの過去と現在
映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」を見ました。 (実は、前半ちょっと退屈で寝てしまいました。。) 私がサグラダ・ファミリアを見に行ったのはもう10年以上前。 その当時は、見学は無料で、工事費は寄付に頼っているというなんとも心もとない状況でしたが、今は、見学者から入場料をとっており(その数、年間300万人!)資金には困っていないようです。良かった。 映画を見て、とても驚いた点が3つ。 ひとつは、この教会はもともと別の建築家が設計をしていたこと。その建築家が亡くなったので、ガウディにバトンタッチされたそうです。 もうひとつは、過去に、サグラダ・ファミリア建設反対運動がおきていたこと。「ガウディが当初考えていた物と違う物を作ってもしょうがない」という理由で多数の著名人が反対の署名をしたとのこと。 そして唖然としたのは、サグラダ・ファミリアに対する、現在のスペインとバルセロナ自治体の態度。 バルセロナ - パリ間をつなぐ高速鉄道をサグラダ・ファミリアの真下に通す計画が今あるとのこと!!(地盤は?騒音は?) そして、サグラダ・ファミリアの本来の正面(これから作られる『栄光のファサード』)には設計図上、手前に広場があるんですが、その広場を作るはずの区画にマンションが建てられてしまっていること! 間違いなく、スペインで一番観光客を呼び、外貨の稼ぎ頭、いや、金銭面だけの話ではなく、人類の重要文化遺産であるサグラダ・ファミリアをもっと使命感を持って守ってほしいものです。 興味深かったのは、ガウディが残した模型から3Dデータを作り出したり、建設当初と違って、石積み風のコンクリートで作ったり、時代とともに制作方法も変わっていってる点。 また、サグラダ・ファミリアの主任彫刻家として外尾悦郎さんが出ていたのが日本人として誇らしかったです。 新たにステンドグラスをはめられた教会内部は、まだまだ建設途中であるにもかかわらず、本当に美しい。 偉大な建築の制作過程をこうして見ることができるというのは、非常に贅沢なことです。 「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」 公式サイト
イングマー・ベリマンが生涯愛した島 Fårö
ゴットランドの北端にある島、Fårö(訳すとひつじの島)。 世界的に有名なスウェーデン人映画監督イングマー・ベリマン(Ingmar Berman1918-2007)が生涯愛し、何本も映画を撮った場所。 息をのむほど美しい、そんな風景だらけだった。 北の果てという雰囲気の荒々しい大地がはるか遠くまで続く。 自然が作りだした不思議な岩が並ぶ海岸にたつとまるで世界の果てにきたかのような気分に。 風が強いのに海岸はとても穏やかなのが印象的だった。 人工物が限りなく少なく、あったとしてもどれもとても自然と調和している。 そびえ立つ島の北端にある灯台。 どの景色一つ切り取っても絵になる美しさ。 なんだかベリマンが生涯この島で映画を撮り続けた気持ちが少しわかるような気がする。 島内のベリマンセンターでは映画や資料見ることができ、ベリマンゆかりの地を回るバスツアーにも参加できるらしい。 また2007年に亡くなった後は住んでいた島内の幾つかの邸宅を、芸術家やジャーナリスト、研究者などに無償で仕事や研究の場として貸し出しているそう。 芸術家にとってこんなインスピレーショナルな場所はないだろうな。 べリマンセンター http://bergmancenter.se ベリマン邸 http://www.bergmangardarna.se/en/default.php?id=1
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)