SusieAndRum
1,000+ Views

上質な道具に出会えそう。POSTALCO(ポスタルコ)

渋谷の駅近くにある雑貨屋さん、POSTALCO(ポスタルコ)。
2000年、ニューヨークで鞄のデザイナーだったマイクは、グラフィックデザインの仕事をしていた妻の友理が持ち運びにくそうにしていたA4サイズの書類を入れるためのケースを、持ち合わせの布と革で作りました。そのハトメのついたエンベロープ型の書類入れがもとになって、ポスタルコはスタートしました。(ポスタルコのサイトより)
ポスタルコが取り扱っている代表的な商品は、オリジナルの皮財布や書類入れ、文房具、バッグ、そしてレインウェア!
どれも安くはありませんが、長く使えそうなものばかり。
渋谷でセンスの良い雑貨店といえば、パルコ地下のDELFONICSと"DO" ぐらいしか知りませんでしたが、こんな穴場ハイセンス店があったとは。
次、渋谷に行く時は寄ってみようと思います( ´ ▽ ` )ノ
POSTALCO(ポスタルコ)
(他にも渋谷で素敵な雑貨屋さんがあれば是非、教えて下さい♪)
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
新漆器「百色 hyakushiki」に驚きました!
こちら昨日のテレビで紹介されていたようなのですけど、みなさんご覧になりました? 写真のすべてが漆器なのです! 漆器といえば木製品に漆を塗ったものというのが定番ですけど、こちらはガラス器に漆を塗られたもの。今までの漆器ですとフォークやナイフなんてとても当てられませんでしたけど、こちらは内側はガラスそのままなので普通に使えるのですね。^^ 漆が塗られていているのは外側で、このガラス表面に漆を定着させられるようになったのがとても画期的な技術なのですって!素人が想像しても普通でしたら剥げてしまいそうですものね。20年の年月をかけて実現されたそうですよ。 こちらのタンブラーが気になっておりますけど、やはり朱赤の色が使われているといかにも漆という感じがしますね〜。(*^^*) テレビで取材されてましたけど、このぼかしも含めて柄付けや色つけはすべて職人さんが手作業でなさってるんです。粘度が高いのでぼかすのは難しいとおっしゃっていましたけど、こんなに均一に仕上がってるなんて素晴らしいお仕事ですね。(青いところを見ると横にたくさん線が入ってますので粘度の高さを感じます!) ストライプのものは、ストライプの上からさらに漆を塗って、外側は単色で内側はストライプに見えるデザインが多いようなのですけど、私はこのまばらに地のガラスが透けているデザインが好きです。^^ こちらのストライプ、一本一本職人さんが手で描かれてるんですよ!ボウルを一つ仕上げるのに大変な時間がかかるとおっしゃってました。具体的な時間を忘れてしまいましたけど…^^; 漆って、今は外国でもNatural Lacquerっておっしゃる方の方が多いですけど、一部のヨーロッパの方だけかもしれませんがJapanって呼んでいただけるとなんだか嬉しいですよね。 タンブラーやボウルもデザインによりますけど5000円前後のものも多いようですから、年配の方や外国人のお友達に贈りものをするときちょうどよさそうです。 こちらがきっかけで海外の方がデイリーにお使いになったら、Neo Japanと呼ばれるのかしらなんて勝手に盛り上がってワクワクしてしまいますね〜!丸嘉小坂漆器店さん、応援しております〜^^ 百式 hyakushiki 丸嘉小坂漆器店
おそロシ庵、ソ連はんこの再販を検討中
上から、レーニ印・スターリ印・ガガーリ印となっている。何も知らなければ味のあるハンコだが、しかしどうだろう。しばし受け取った時の気持ちを考えてみてほしい。 スターリ印で押された『処理済』 この髭のおじさんは岡田眞澄ではないのだ。もはや命の保証がないような気がするのは僕だけではないはずだ。生きながらえるために未処理案件をいつまでも処理中に留める可能性もなくはない。これぞコルホーズ的生き方! さて、サイトによると『おそロシ庵』というメディア(諜報機関かもしれないが表向きは謎のメディアだ)についてこのように紹介されていた。 ロシアの面白情報、ロシア人からみた色々な事。ネット上での「おそロシア」のみではなく、リアルなロシアの情報をお届けしたいと思っています。 ソ連はんこの販売に至る過程は謎に包まれている。どう考えてもリアルなロシア情報でもロシア人から見た情報でもなさそうな気がするがいかがなのか。 話を元に戻すと、これらのはんこはすでに販売終了したようなのだが、このたび再販を検討されているらしい。こちらのページから送られる反響が大きければ再販が決定されるようだ。ここから送信しても即注文という扱いにはならないようだが、今日中に送信した人から抽選でクリスマスプレゼントが当たるようだ。処理したいみなさんは送ってみよう。 ソ連はんこプレオーダー
☆ボッテガのイベント開催に伴い限定品が登場☆
ボッテガ・ヴェネタのイベント「MY STORY」が東京・大阪で開催♡ それにちなんで、限定ウォレットやスニーカーを発売するとの事ですが、その限定商品がとっても素敵(*'∀'人)♥*+ しかも限定なんて言われると、欲しくなってしまうではないかぁ~~ww このイベントは主に最新の2015-16年ウィメンズクルーズ・コレクションとブランドの世界観を楽しめるイベントになっているとの事で、2015年11月11日(水)~11月17日(火)まで伊勢丹新宿店本館、その後、日本橋三越本店と阪急うめだ本店(11月18日〜24日)、そして、銀座三越(11月25日〜12月1日)を巡回する事になっているという。 この財布・コインケース・名刺入れも、色とデザインが可愛いよね☆ ボッテガってちょっと地味なイメージがあったけど、これなら、若い人が好きそう~!! ピンクと赤のコンビネーションが可愛いなぁ(´∇`)ノ キーリング イベント限定との事で財布や名刺とお揃いで欲しい♡ チェーンバッグ (イベント限定 )!! ボッテガにしてはカジュアルな感じのデザインで、どちらかと言うと、「夏」って感じがするけど、こういう色はあまり見ないから新鮮!! ドット / ゴールド◆イベント限定、 ネイビースエードイントレチャート ◆伊勢丹新宿限定 使い勝手が良さそう♡ 私的にはネイビースエードイントレチャートが欲しいなぁ♪ ブリーフケース 、クロスボディバッグ 、クロスボディバッグ ◆全て伊勢丹新宿限定 旅行にも使えそうで良いよね♡ 落ち着い感じだから、洋服を選ばなそうで使い勝手も良さそう~
イギリス・1897年創業グローブ・トロッターのトラベルケース
どこかで聞いたことがあるかもしれないこの名前。イギリスで古くからある名店の「グローブ・トロッター」。「アナザースカイ」の二階堂ふみさんの回で行ったロンドンで、オーダーメイドのトラベルケースをここで作ってもらっていましたよ。友人がこれに似たトラベルケースを持っていてかわいいな〜と思っていたのですが、本物(?)のグローブ・トロッターはとても高いのですね。。でも、いつか欲しいと思いつつ、調べてみます。笑 注目すべきは、ヴィクトリア朝時代から使われている古い機械で1点1点作っているという点。これは創業当時から受け継がれています。 二階堂ふみさんが番組内でやっていた「完全注文」ができるのは、イギリス本店のみ。 ボディやストラッブ、裏地、部品など、組み合わせによって、100万通り以上のトラベルケースが作れちゃいます。ここまで来たら、全てにおいてこだわりを持って選びたいですよね。このために、イギリスに行けちゃいそう。笑 エマ・ワトソンやケイト・モスも愛用しているというから、セレブリティからの信頼もさすが、厚い。 あの「007」最新作で、ジェームズ・ボンドが使用しているケースもここのもの。 というか、このグローブ・トロッターの売り上げの半分以上が日本での売り上げらしい。この英国職人魂と、伝統が好きで細部までこだわる日本人の性ががっちりマッチしたのかな。 確かに、いいものを長く使いたいという欲求は他の大国ではそこまでないのかも?高くても、どんどん買い換えちゃう文化があったり。(まあ人によりますけど笑) この記事がイギリス本店で実際に注文したときの様子を紹介してます! 潜入! グローブトロッターVIPルーム Bespokeで本店ご同行の巻 日本には、都内に以下の店舗があります! ヴァルカナイズ・ロンドン青山 〒107-0062 東京都港区南青山5-8-5 TEL 03-5464-5255 日本橋三越本店1F 〒103-8002 東京都中央区室町1-4-1 日本橋三越1F TEL 03-3516-6161 銀座三越6F 〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越6F TEL 03-3562-1111 ヴァルカナイズ・ロンドン丸の内 〒100-0006 東京都千代田区有楽町 新有楽町ビル1F TEL 03 -5220-8530 ヴァルカナイズ・ロンドン伊勢丹新宿 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 新宿伊勢丹メンズ館1F TEL 03-3225-2754
気持ちを伝えるペーパーカード展の作品色々@KITTE
KITTEの4階にマルノウチリーディングスタイルという場所があります。ヴィレッジヴァンガードに蔦屋書店を入れたような散財間違いなしの場所ですが、現在「かみの工作所」のペーパーカードデザインコンペ2015の結果を展示しています。 基本的に製品化が検討されており、一部先行発売もあります。数は多くありませんが、ユニークなアイディアが見られて面白いので紙製品が好きな人にお知らせしたいと思います。 僕の好きな作品1、塚田萌氏の「星空の封筒」 簡単なことなんですが、個人的に小さいものを覗いた中に大きいものが広がるというこの展開に弱いです。 僕の好きな作品2、KANTARO氏の「紙を織る」 単純にこの手作業楽しそうですよ。あと単純なものから千の可能性を作り出すポテンシャルが好きです。(なぜか僕のコメント偉そうですね。) 僕の好きな作品3、薄上紘太郎氏の「Peel so good」 名前も好きです。これいいですよね。剥くひと手間が楽しいし多分どきどきします。思わせぶりなことを書いておきながら最後まで見えた時に大どんでん返しというような展開もあり得ます。平面なのに時間軸を生み出しているところがすごいと思います。
目指せ上品ルック♡コーデに入れたいホワイトバッグ!
人気の絶えないホワイトのバッグ。こんな全身白コーデにもぴったり似合っちゃいます♡ 上品さをプラスするなら、ホワイトバッグはすごくおすすめ! こんなかんじにも。春夏にかけて1つは持っておきたいですよね〜! そこまで大きすぎないサイズが日常的に使いやすい。 そこで、ホワイトバッグ選んでみたよ! バンブータッセルショルダーバッグ(nano・universe)¥8,000 http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/10093544/ 「ほどよくシボ感のある表情が気品溢れるエレガントな雰囲気を放つ秘訣。タッセルデザインが抜け感を出してくれるので、カジュアルスタイルにもマッチします。」 わたしの好きなタッセルもついてて、しかもバンブーの切り替えも!デザインが凝っていて、このバッグでコーデのアクセントになりそう。 ドロストトート(nano・universe)¥8,800 http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/10338343/ きゅっと絞ったデザインが女性らしさを出してるバッグ!上品に見せたいならこれを合わせるといいかも。内ポケットもしっかりついてるので、機能面もGOOD! ちょっとしたおでかけや大人っぽく決めたいときは、手持ちバッグのほうが女性らしさを演出するかも? これは形が珍しいし、かわいいので買ってみようかな♪
2
Comment
9