munaoki
2 years ago1,000+ Views
ラスト9分19秒はホントにすごかった! 「セッション」
「セッション」は、2014年にアメリカ合衆国で製作された映画です。監督・脚本はデミアン・チャゼル、プロドラマーを目指す主役を演じたのはマイルズ・テラー。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、教師役のJ・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した作品でもあります。
この映画の宣伝文句が『衝撃のラスト9分19秒』というものでした。まだ観ていない方、これ、嘘じゃないです。本当に衝撃なんです。魂を揺さぶられます。
とにかく全編に渡って、ドラムサウンド溢れる超クールな作品です。観終わった後は最高の気分になれること請け負いです。
プロドラマーを目指す青年とスパルタ教師の間で起こる喧嘩の果てに生まれる、互いを認め合う瞬間を描いているので、これはある種、ヤンキー映画みたいなものです。そこに音楽というアートが見事に融合し、莫大なカタルシスを生んでいます。
J・K・シモンズ、最高の演技ですね。オスカーも納得です。悪魔のようなスパルタ教師ぶりは、この人にしか出せなかったでしょう。ジャズバーで演奏するシーンもしっかりと素晴らしかったので。
「セッション」のDVD・Blu-rayは10月21日に発売開始予定です。とりあえず、ラスト9分19秒だけでも、観る価値はある作品です。いや、必見です。
3 comments
これ!先週観ました、言いたいことホントいっぱいあるけど、とりあえず音楽の映画だと思って見ないほうがいいというのと、みんなこれくらい真剣に仕事に取り組んでほしいということで新社会人の人に観せたいと思いました(笑)
2 years ago·Reply
@kecotte なるほど笑、そういう効用はありそうですね。事故って血を流しながらもステージに立つ覚悟ですね。笑
2 years ago·Reply
はは、その前にテンパってるときも大事なものを置いてこないといいなー(笑)
2 years ago·Reply
5
3
2