chottoniche
1,000+ Views

【映画】Straight Outta Compton【N.W.A.】

N.W.A.の伝記映画『Straight Outta Compton』

N.W.A.の伝記映画がアメリカで公開され、公開週の週末だけで、6020万ドルの興行成績を記録した。
あのDr. Dre(ドクター・ドレー)やIce Cube(アイスキューブ)が所属していたギャングスタ・ラップの先駆けとなるヒップホップグループ「N.W.A.」の伝記はアメリカに再び大きなインパクトを残した。
N.W.A.のアルバム『Straight Outta Compton』がどのように生まれ、その時代のLAのゲットーがどのような環境だったのか、そしてゲットーから出てきた5人の若者が音楽業界にどのような影響をもたらしたのかを描いた作品となっている。
ドクター・ドレーとアイスキューブが実際に映画のプロデューサーとして監修し、亡くなったメンバーのEazy-E(イージー・イー)との関係、社会からの反応、警察からの不当な扱い、等がリアルに描かれている。

N.W.Aとは?

N.W.A.(エヌ・ダブリュ・エー)は、1986年にアメリカのカリフォルニア州コンプトンで結成された、ヒップホップグループである。
西海岸ヒップホップでは伝説的グループと言われ、現在ではメンバーのそれぞれがラッパー、音楽プロデューサー、俳優、映画監督、などで活躍している。

メンバー

・Beatsのヘッドフォンでも有名な、Dr. Dre(ドクター・ドレー)
・俳優としても大活躍しているIce Cube(アイスキューブ)
・レーベル経営者で1995年に亡くなったEazy-E(イージー・イー)
・ラッパーのMC Ren(MC・レン)
・DJやプロデュースをやっていたDJ Yella(DJ イェラ)
・1988年に脱退したArabian Prince
ロサンゼルスのコンプトンというゲットーから出てきたこのグループは警察からの不当の扱いに対しての不満を歌った"Fuck tha Police"という曲で社会現象を起こし、音楽とその周りのカルチャーに多大な影響を与えた。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
アメリカで話題のAnderson .Paakの軌跡PT.1【ホームレスからスターへ】
Anderson .Paakについてはこのアカウントで数回書いているので名前は聞いたことあるだろう。 しかし2015年に突如注目を浴びた彼がどのような人物で、何故こんなにアメリカのブラックミュージックファンに期待されているのかを知らない方も多い。 あのDr. Dreが「こいつが音楽の未来だ!」と言うほどである。 その中で彼が完全に超有名大スターになる前に彼についておさらいしたいと思う。 〜妻子持ちホームレス生活からの復活〜 Breezy Lovejoyとして活動 上記はBreezy Lovejoy時代の曲 Anderson .Paakは1986年に黒人と韓国人の親の間に生まれた。10代の頃にベッドルームで音楽制作をはじめ、ドラマーとしても活動しはじめた。 音楽活動を本格化する前はカリフォリニア州サンタ・バーバラにあるマリファナ農園で働いていたが突然の解雇により妻と幼い息子と共に一時ホームレスになった。 その時にSa-RaというLAのヒップホップグループのメンバー、Shafiq Husaynのアシスタントとして雇われ、経済的にShafiqにより助けられた。 彼のおかげで生活を取り戻したことがきっかけでLAの音楽シーンと密接に関わるようになったのである。 ちなみにSa-Raは90年代に結成されたプロデューサー、ミュージシャングループでそのメンバーはHeavy D, Bilal, Dr. Dre, Jill Scott, Erykah Badu, Frank Ocean, Fonzworth Bentley, Jay-Z, John Legend等のアーティストの楽曲もプロデュースもしている。 2011年にAnderson .PaakはBreezy Lovejoy名義でO.B.E Vol.1を完成させ、ドラマーとしての活動もLAのシーンで目立つようになった。 「ドラマー & ラッパー & シンガー」としてアンダーグランドで名前を売る あのアメリカの人気テレビ番組American Idol出場者のHaley ReinhartやLAのバトルラップシーンにて大きな功績残した韓国人ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動していた。 上記はLAの人気ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動している動画 さらにドラマーとしてだけではなく、ラッパー、シンガーとしてもDumbfoundeadの曲にフィーチャーされLAの音楽シーンにて知名度を上げていった。 下記の動画ではサビを歌いながらも2ndヴァースでラップをしている。 そして2014年、彼の人生にとって第一のターニングポイントとなる出来事があった。 それは本名への改名だ。元々Breezy Lovejoyという名前で活動していたが、その時は様々な活動をしており、常に音楽をやっているわけではなかった。 改名の背景は「その頃から音楽中心の生活に変わり、朝起きてスタジオに行き、帰宅して子育てや家事をやる」という「音楽中心の生活と今後の音楽活動のターニングポイント」になるように改名したとの事 2014年にAnderson .Paakとしての1st アルバムVeniceを発表 このアルバムがAnderson .Paakとしてアイデンティティを少し定義付けた作品であろう。 声から漏れ出す野生感、ファンキーだけどどこかチルいカリフォリニアのビーチを感じさせるビート。 実際にアルバム名VeniceはLAのストリートカルチャーの中で大切な役割を持つビーチと町の名前である。 そしてこのアルバムをリリースした後に彼の人生最大の転機とチャンスがやってくる 〜あのDr. Dreとの出会い〜 Dr. Dreとの出会い、スターへの道はPT.2で! (更新されたらこちらのリンクに出てきます)
LOUIS VUITTONのチャリティー #MAKEAPROMISE
ルイヴィトンがチャリティキャンペーンのためのアイテムを販売してます。今週から始まったみたい。 このキャンペーンはルイヴィトンとユニセフのパートナーシップという形で、内容はキャンペーン用アイテム1つの売上げから200ドルがユニセフに寄付されるというもの。ユニセフにも載ってます。 LOUIS VUITTON for UNICEF これがキャンペーン用アイテムの「ロックイット」で、左がペンダント、右がブレスレット。こんなこと言うとなんだけどブレスの方はぶつかって邪魔になりそうかなー。 パンダンティフ ロックイット・シルバー 64800円 ブレスレ ロックイット・シルバー 64800円 下世話だけどよく似てる通常商品だとゴールドで28万くらいだからヴィトンフリークは絶対買いそう。私は家族会議なうです。(ほんとはピンクゴールドがほしい!) このキャンペーンは寄付だけじゃなくて、子供たちを助ける誓いを込めて指切りポーズを写メしてSNSに流してキャンペーンを広げましょうということもやってます。まだあまり盛り上がってないみたいだけど、おかげで今はセレブの写真がほとんどです。 ベッカム老けましたね、いいおじさんって感じ。ミランダカーのお洋服可愛いー! #MAKEAPROMISE(ルイヴィトン)
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
ねこと街がもっと好きになる 吉祥寺にゃんこ映画祭
なんか映画祭ってけっこういろいろありますねー。 吉祥寺ではただいま「吉祥寺ねこ祭り」(人間がやっているようです。ねんのため)が開催中なのですが、その関連イベントとして映画祭が開催されています。 吉祥寺にゃんこ映画祭(7作品を上映) http://necofes.com/nyankofilmfes 日程・場所: ◆10月11日(日) 成蹊大学 吉祥寺ニャンポジウム 地域猫にまつわるドキュメンタリー映画の上映後、「人と猫がしあわせに生きる」をテーマに、猫にまつわるあれやこれやをみんなで考えるシンポジウムを開催します。チャリティーライブも開催します。 場所:成蹊大学(武蔵野市吉祥寺北町3-3-1) (映画上映)6号館4階大教室・(ニャンポジウム)B1階カフェCoMMichi 入場料:大人500円 中学生以下200円 ◆10月16日(金) てまりのおうち ねこだらけ上映会 CatCafeてまりのおうちで、ねこだらけ上映会を開催します。不思議な森の空間で、本物の猫たちに触れながら、夜の映画鑑賞会をお楽しみ頂きます。 開場:20:00 開映:20:30 場所:CatCafeてまりのおうち(東京都吉祥寺本町2-13-14 3F) 上映作品:「ネコのミヌース」 ※多分3500円 http://artwalk.shop-pro.jp/?pid=93409361 ◆10月22日(木)・10月23日(金) にゃんこ映画祭 at 武蔵野公会堂 選りすぐりの猫ムービーを5本上映。 (グーグーだって猫である 、パリ猫ディノの夜、レンタネコ 、猫侍、こねこ) スクリーンいっぱいに広がる猫ちゃんに会いに行こう! 場所:武蔵野公会堂 パープルホール(東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22) 入場料:自由席 大人 1,000円 / 中学生以下 500円 吉祥寺ねこ祭り http://necofes.com/ 吉祥寺は、猫に関連したお店(猫カフェ、猫にまつわる作品を展示するギャラリー、雑貨店等)が点在すること、地域猫活動が根付いていること、吉祥寺が舞台の猫を題材にした映画や漫画などの作品が製作されるなど、猫にゆかりのある街という一面を持ちます。このような背景から、『むさしの地域猫の会』へのチャリティーイベントとして、また、『猫』をキーワードとして地域活性化及び、人と猫が共生する街づくりの一助になることを目的として2010年より『吉祥寺ねこ祭り』を開催しています。 お祭り中に街で野良猫をみつけたら、なんだかほっこりしちゃいそう。 お散歩候補にいれとこう!
ケンドリック・ラマーが未公開音源をリリース、いきなり2016年のベストセラーに
現代最強のラッパーと言っても過言ではないケンドリック・ラマーが去年の名作「To Pimp a Butterfly」に続き、タイトルもつけられていなくマスタリングされていない未公開音源を発表した。 その名も “untitled unmastered” そのままの名前である。 しかもこのアルバムの何が凄いかという言うとアルバムに入ることがなかった曲であり、かつ全くプロモーションされていないということだ。 そんな「未公開音源」がいきなり2016年のヒップホップリリースの中でベストセラーとなった。 曲のタイトルにはレコーディングされた日付だけ表記されているのだが、ほぼ2013年〜2014年なので恐らくTo Pimp a Butterflyのレコーディングセッションにて録られた曲であろう。 かつその中の数曲は既にテレビ番組で演奏されたものである。 前回のアルバムに続きこのアルバムがかなりの好成績なのは音楽業界にとってとても良い流れである。 何故かと言うと前回のアルバムもそうだが、全く一般受けを狙った作品ではないというところだ。ラジオフレンドリーでもクラブで流行るような音楽でないのである。 ジャズやファンクのエッセンスをヒップホップに混ぜ、内容的にも深く、現代に生きる黒人アーティストとして最高のメッセージを伝えている。 そんな音楽がめちゃくちゃ売れたのである これは音楽業界にとっては嬉しい誤算であろう。 今まで「音楽的にニッチな方面に洗練されたものは売れない」という法則の元、クラブで盛り上がれる中身のない曲であったり、ラブソングばかりを売ろうとフォーカスしてきた音楽業界、 しかしここで全くプロモーションしていない、ディープなブラックミュージックファンが本来好んで聴くような音楽がめちゃくちゃ売れているのである。 (ケンドリック・ラマーだからというところもあるだろうが) このようなアヴァンギャルドな挑戦とも言える音楽が売れ、案外リスナーがただ音楽をなんとなく音楽を聞き流しているだけではなく、音楽としてのクオリティを求めているという証明にもなったのではないかと思われる。 音源はYoutubeにアップされていないが、収録曲の公式ライブ動画がアップされているので是非見て欲しい
【動画】マイルス・デイヴィスとタモリの対談が面白すぎる
熱心なジャズ愛好家であるのみならずトランペッターとしても知られるタモリ。そんな彼が憧れるマイルス・デイヴィスと対談した際の動画が実に面白いため紹介したい。 簡単にこの動画の内容を説明すると ・いつになく緊張するタモリ ・何か熱心に書き続けるマイルス ・突然ジョークを飛ばしてくるマイルス ・ジョークを真に受けるタモリ といった具合だがこの動画の面白さは文章では伝わりにくいのでまずは見て欲しい。 マイルス・デイヴィスという男の自由さをこれでもかというほど感じた上で爆笑できるはずだ。 ちなみにマイルス・デイヴィスに興味を持たれた方はtwitterにあるmiles davis botも見てみるといいかもしれない。 ・オレは、自分がした事を後悔するってことは、まず、ない・・・・・・たまにあるけどな。 ・あいつらは俺の頭をタムタム代わりにしやがった ・オレは、時たまコカインを鼻で吸う以外、きれいさっぱりヤクと切れていた などといった彼の自由なスピリットとユーモアのセンスが存分に発揮されたツイートを見ているうちに彼の音楽にも自然と興味が湧いてくるだろう。 マイルス・デイヴィスとは? Wikipediaより引用 マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III, 1926年5月26日 - 1991年9月28日)は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られている。日本には彼を「ジャズの帝王」[1][2][3]、「モダン・ジャズの帝王」[4][5]と呼ぶファンや評論家も多い。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。