chottoniche
1,000+ Views

【映画】Straight Outta Compton【N.W.A.】

N.W.A.の伝記映画『Straight Outta Compton』

N.W.A.の伝記映画がアメリカで公開され、公開週の週末だけで、6020万ドルの興行成績を記録した。
あのDr. Dre(ドクター・ドレー)やIce Cube(アイスキューブ)が所属していたギャングスタ・ラップの先駆けとなるヒップホップグループ「N.W.A.」の伝記はアメリカに再び大きなインパクトを残した。
N.W.A.のアルバム『Straight Outta Compton』がどのように生まれ、その時代のLAのゲットーがどのような環境だったのか、そしてゲットーから出てきた5人の若者が音楽業界にどのような影響をもたらしたのかを描いた作品となっている。
ドクター・ドレーとアイスキューブが実際に映画のプロデューサーとして監修し、亡くなったメンバーのEazy-E(イージー・イー)との関係、社会からの反応、警察からの不当な扱い、等がリアルに描かれている。

N.W.Aとは?

N.W.A.(エヌ・ダブリュ・エー)は、1986年にアメリカのカリフォルニア州コンプトンで結成された、ヒップホップグループである。
西海岸ヒップホップでは伝説的グループと言われ、現在ではメンバーのそれぞれがラッパー、音楽プロデューサー、俳優、映画監督、などで活躍している。

メンバー

・Beatsのヘッドフォンでも有名な、Dr. Dre(ドクター・ドレー)
・俳優としても大活躍しているIce Cube(アイスキューブ)
・レーベル経営者で1995年に亡くなったEazy-E(イージー・イー)
・ラッパーのMC Ren(MC・レン)
・DJやプロデュースをやっていたDJ Yella(DJ イェラ)
・1988年に脱退したArabian Prince
ロサンゼルスのコンプトンというゲットーから出てきたこのグループは警察からの不当の扱いに対しての不満を歌った"Fuck tha Police"という曲で社会現象を起こし、音楽とその周りのカルチャーに多大な影響を与えた。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
現代ジャズの流れを読み解く「Jazz The New Chapter」
 今までジャズ、という言葉からどうしても格式高いものというイメージや、少々難解で古臭いもの、というイメージが付きまとってきた。しかし映画、『セッション』のヒットやケンドリック・ラマーの最新アルバム『To Pimp a Butterfly』に様々なジャズミュージシャンが参加したことなどからもみて容易に取れる通り、今確実にジャズは再び大衆に近づきつつあると言える。  それを象徴的に表した現場が先日横浜赤レンガ倉庫にて行われたBlue Note Jazz Festival in Japanであったように思える。出演したIncognitoのBlueyことJean-Paul 'Bluey' Maunick がMCで語った通りこれほど異なる人種、年齢層、性別の人々が集うことは層々ない。ジャズを中心に広がる音楽が多層的な世代、人種の間で大きなムーブメントになっているのだ。 「しかし何から聞けばいいのか分からない」 そう思いジャズを聞くことを躊躇う人にうってつけの雑誌がある。 それが Jazz The New Chapter (現在同雑誌は3作目まで刊行、同タイトルのコンピレーションアルバムも2作発売されている) である。 というわけで上記コンピレーションからまずは一曲聞いてもらいたい。 Robert Glasper - Cherish The Day (Live) ft. Lalah Hathaway http://www.cinra.net/news/20140218-jazzthenewchapter より引用  "ジャズをヒップホップやR&B、ソウルなどと融合させた革新的なサウンドにより、世界で最も注目を集めるジャズピアニストの1人とも言われるロバート・グラスパーにスポットをあてるほか、ホセ・ジェイムズ、エスペランサ・スポルディングといったアーティストたちの紹介記事も掲載。また、21世紀以降のジャズを様々なテーマから捉えた計300枚のディスクガイド、「NYライブハウスレポート」「インターネットカルチャーとジャズ」といった切り口による多彩なコラム、インタビューなども掲載されている"  これがJazz the New Chapterの一作目の説明である。この一作目が非常に好評を博したことから、より現代ジャズの中心人物へのインタビューに力を入れたJazz the New Chapter2、そして現在ではジャズに影響を確実に受けているジャンルのアーティストへの接近を試みたJazz the New Chapter3まで発売されている。  21世紀のジャズシーンを詳しく解説した本は今の所同作しかないのではないだろうか。恐らく今後も激しく拡張と成長を続けていくジャズシーンについていくためにも、是非ともapple musicなどの音楽ストリーミングサービスを使い、同作に登場するアーティストの楽曲を聞きながら手にとって読んで頂きたい雑誌である。 Robert Glasperとは? wikipediaより引用 ロバート・グラスパー(Robert Glasper、1978年4月5日 - )はアメリカ合衆国 ヒューストン出身のアメリカ人のジャズピアニスト、レコーディングプロデューサー。2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム『Black Radio』で獲得している。
80歳のおばあちゃんDJが最高にクール
見た目、存在感、アティチュード、全てが最高なDJが今東京にいる。 彼女の名はSUMIROCK。 80歳のおばあちゃんDJだ。 以下が簡単なプロフィールとなっている。 ”DJ SUMIROCK(80)餃子荘ムロ勤務 座右の銘:過去のことは、建設的なことでなければ持ち出さない 好きな食べ物:ジビエ 嫌いな食べ物:あんこ 得意技:炒め物” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 DJなのに得意技の欄に炒め物を入れているあたりがなかなかニクい。 彼女は一般的なおばあちゃん的なイメージからはるかに逸脱しているかのようにも思えるが、インタビューにて彼女が語る言葉に目を通すと彼女がいかに常識人で、かつ人生を全力で全うしようとしているかが伝わって来る。 ”DJを始めたきっかけは?  うちに住んでいたフランス人の友人に「DJやってみない?」って言われたのが始まり。それまでも彼のイベントに遊びに行ったりしていたから、おもしろそうだなって思いましたね。 今は週1回DJの学校に通って勉強中です。 人生で一番幸せだったこと、辛かったことは?  幸せなこと? 私は能天気だから一人でごはんを食べても楽しい。両親や夫が亡くなった時は悲しかったけど、人が死ぬのは当たり前だから、看取れて良かったなって。人生で一番つらかったことは、戦争中ですね。母の故郷への道中、上野駅の構内に戦災孤児がたくさん寝泊まりをしているのを見た時、本当につらかったです。 NYでDJをしてナイトライフを楽しんでみたいな。 将来の夢は何ですか?  DJをして幸せなことは、みんなから私のかける曲に「やばーい!」っておっしゃって頂けること。夢は、NYの小さいクラブでDJしてみたい。NYは60歳で一人で行ってから大好き。かっこがいいじゃない。でも女一人で行ったので、ナイトライフは知らないの。だからやってみたいです。” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 見た目や年齢からどうしてもイロモノとして捉えられてしまいそうなSUMIROCK。 しかし彼女の言葉や背景にはアーティストが備えているべき重みを感じると同時に、穏やかさや寛容さも感じる。また、こうした戦争を経験した世代の人物が若者のカルチャーに親しみを持ってくれているのは実に喜ばしいことである。(以前記事にした加山雄三がラップに興味を持っている件についても同様の嬉しさを覚える)。 中高年世代が幅広いカルチャーに意欲的である姿を見ると、むしろ閉鎖的で固い偏見に振り回されているのは若い世代なのではないか、というような気さえしてくる。様々な カルチャーが特定の層だけに向けられるのではなく、もっと全体的な対象に向けられれば今後のシーンはより流動性、多角性を増すとともに活性化していけるのではないかと彼女のs存在を見ていて思った。 SUMIROCK、本当にクールである。
話題のシンガーAnderson .PaakがDr. Dreのレーベルと契約!【Eminem、Kendrick Lamar】
1/31にAnderson .Paakのツイッターにて一つの動画が投稿された。 Dr. Dre「皆、新しくAftermathを代表するアーティストに挨拶をしてくれ!Anderson .Paakだ!」 Anderson .Paak「イエッサー!」 https://twitter.com/AndersonPaak/status/693641292966854656 トイレでこの動画を見ていた私はこの映像を見て、「うお!ついにやったか!?」と思わず口に出してしまった。 Anderson .Paakといえば2015年にドクター・ドレーの最後のアルバムにて前代未聞の6曲フィーチャーされた男である。 今までこのアカウントでも数回取り上げたことがあるので要チェックだ(その1 その2) アフターマス・エンターテイメントといえばドクター・ドレーが立ちあげ、あのEMINEM、Kendrick Lamar等が在籍するヒップホップ業界の最強の少数精鋭部隊。そのメンツを見ればレーベルと契約という事がどれだけ凄いかということが伝わるであろう。 私が最初にAnderson .Paakを知ったのはまだ2011年にBreezy LoveJoyと名乗っていた頃。 DumbfoundeadというLAのコリアタウン出身のラッパーのアルバムにフィーチャーされ、さらには彼のバックバンドのドラマーとして活動をしていた頃だ。 その5年後にまさかそのアンダーグランドで活動していたアーティストがドクター・ドレーのレーベルと契約するとは思わなかった。 またこの2015年に急遽スターダムに上がったAnderson Paakの過去については別の記事を書こうと思う。
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
ケンドリック・ラマーが未公開音源をリリース、いきなり2016年のベストセラーに
現代最強のラッパーと言っても過言ではないケンドリック・ラマーが去年の名作「To Pimp a Butterfly」に続き、タイトルもつけられていなくマスタリングされていない未公開音源を発表した。 その名も “untitled unmastered” そのままの名前である。 しかもこのアルバムの何が凄いかという言うとアルバムに入ることがなかった曲であり、かつ全くプロモーションされていないということだ。 そんな「未公開音源」がいきなり2016年のヒップホップリリースの中でベストセラーとなった。 曲のタイトルにはレコーディングされた日付だけ表記されているのだが、ほぼ2013年〜2014年なので恐らくTo Pimp a Butterflyのレコーディングセッションにて録られた曲であろう。 かつその中の数曲は既にテレビ番組で演奏されたものである。 前回のアルバムに続きこのアルバムがかなりの好成績なのは音楽業界にとってとても良い流れである。 何故かと言うと前回のアルバムもそうだが、全く一般受けを狙った作品ではないというところだ。ラジオフレンドリーでもクラブで流行るような音楽でないのである。 ジャズやファンクのエッセンスをヒップホップに混ぜ、内容的にも深く、現代に生きる黒人アーティストとして最高のメッセージを伝えている。 そんな音楽がめちゃくちゃ売れたのである これは音楽業界にとっては嬉しい誤算であろう。 今まで「音楽的にニッチな方面に洗練されたものは売れない」という法則の元、クラブで盛り上がれる中身のない曲であったり、ラブソングばかりを売ろうとフォーカスしてきた音楽業界、 しかしここで全くプロモーションしていない、ディープなブラックミュージックファンが本来好んで聴くような音楽がめちゃくちゃ売れているのである。 (ケンドリック・ラマーだからというところもあるだろうが) このようなアヴァンギャルドな挑戦とも言える音楽が売れ、案外リスナーがただ音楽をなんとなく音楽を聞き流しているだけではなく、音楽としてのクオリティを求めているという証明にもなったのではないかと思われる。 音源はYoutubeにアップされていないが、収録曲の公式ライブ動画がアップされているので是非見て欲しい
今回の究極なミッションは成功に終わるのか?!
2015年8月7日(金) 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』がついに公開です!!! 毎回、ハードなアクションで、見ている側をドキドキ♡ハラハラ★させてくれますが、今回はどのように内容になっているのでしょうか?! 楽しみですね(∩∀`○)*,+'., そして50代とは思えない、トムクルーズの肉体美も注目ですよね♡笑 内容・・・・ IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織<シンジケート>を秘密裏に追跡していたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。 目覚めると後ろ手に拘束されており、目の前には謎の女と、3年前に死亡したはずのエージェントがいた。 まさに拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンは<シンジケート>の殲滅を誓うのだが、彼は国際手配の身となっていた…。 組織の後ろ盾を失ったイーサンと仲間たちは<シンジケート>とどう闘うのか? 敵か味方か、謎の女の正体とは?そして究極の諜報バトル、その結末は―??                                 「公式サイトより」
猛男と凛子を優しくみつめる自分に気づいちゃう。実写版『俺物語!!』
見た目よりずっとまっすぐ、ずっと本気 以前アニメ版を紹介してきになっていた実写版「俺物語!!」が10/31に公開されました。 パッと見、冗談みたいなビジュアルですけど、まっすぐな「漢」を絵にしたらこうなった!?って感じですね。 剛田猛男を演じるのは、花子とアンや天皇の料理番からガッチャマン、変態仮面、となんでもやっちゃう、鈴木亮平さん。 とにかくなんでも本気で演じてくれる彼の演技感動です。いやあもう猛男でしかないいい! ちょっとおバカ過ぎるんだけど、いやそれは私がゆがんでいるからなのかしら。 (やり過ぎなくらいがちょうどいい) 個人的には、猛男の両親にもっと活躍してほしかったけど、顔見れただけでも良かった~。 (これから映画観る人はしっかり見るように!) 妄想のイケメンとの恋に励むくらいなら、まっすぐな二人の恋を応援したい。なんてお母さん心全開になれる俺物語!! 笑っちゃうけど、優しくなれる映画です。 猛男らしいフレーズをツイートできます。 http://ore-movie.jp/twcp/ なんとマンガ版が100ページどーんと読めちゃうそうです。 http://betsuma.shueisha.co.jp/viewer/aruko/oremono/
どのスター・ウォーズを観る?実はたくさんある上映形式いろいろ(3D、IMAX、4DX)
スター・ウォーズ旋風が少しおさまったころ。「よしそろそろ行くか!」と腰を上げ始めた人も入るのでは。 しかし!スター・ウォーズといっても色々な上映方法がある事をご存知? 1.2D版・・・普通の上映方法。しっかり物語を味わうならこれ。 ※ただしこれも上映館によって質の差があるらしい。 2.3D版・・・迫力を感じたいなら。ただ画面がちょっと暗くなる。 3.IMAX 3D・・・スピーカーや客席位置を専用とした設備。画面の暗さも通常の3Dよりも軽減されている。※ただし、1:1.43という特殊な比率に完全対応しているのは日本では109シネマズ大阪エキスポシティだけのよう。 4.4DX版・・・・3Dだけでなくさらに迫力を感じたいならというほぼ体感アトラクションのような演出が、本編と同期した形で色々あります(シートの可動・風・水しぶき・香り・煙・風圧・雷・雨・泡) 5.MX4D版・・・4DXの効果がさらに増えている。シートの突き上げ・首元への感触・背中への感触・香り・風・水しぶき・足元への感触・地響き・突風・霧・ストロボ ※さらに映画館によって設備が違うこともあり。 ここに字幕版(林完治)と吹き替え版の違いもあって、さらに倍となるから大変だ! ちなみに前述の記事からだと、大阪在住の人なら、「109シネマズ大阪エキスポシティ」。関東なら、「成田IMAXデジタルシアター」「ユナイテッド・シネマ としまえん」がおすすめの映画館のようだ。 うーん、どれで観ればいいか、困ったもの。 でも忘れちゃいけないのが、料金も結構変わるってこと(4DXなどは結構高い)。 悩んでいる人は、普通の上映でいいかも。 きっとエピソード7は「内容」で十分こたえてくれるはずだ。
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。