chottoniche
1,000+ Views

映画「Lords of Dogtown」から見る西海岸カルチャー

映画 Lords of Dogtown (ロード・オブ・ドッグタウン)から見る西海岸カルチャー

1970年代のアメリカ西海岸ドッグタウンにて、スケートボードの斬新なスタイルを生んだZ-BOYSの実話を基に映画化。Z-BOYSの中心メンバー、トニー・アルバとジェイ・アダムスが役作りの指導に当たり、ステイシー・ペラルタが脚本を担当した。
1975年、カリフォルニア州ヴェニスビーチ。ドッグタウンと呼ばれる寂れた街で、サーフィンとスケートボードに没頭するステイシー、ジェイ、トニーの3人が、溜り場のサーフ・ショップ「ゼファー」のスケート・チーム「Z-BOYS」から独立し、それぞれの道を歩むまでを描いている。
wikipediaから引用
この映画では西海岸のスケートボードカルチャーの発祥を見ることができる。
元々サーファーだったStacey Peralta(ステイシー・ペラルタ)、Tony Alva(トニー・アルバ)、Jay Adams(ジェイ・アダムス)が陸でサーフィンと同じようなことをするために始めたスケートボード...
彼らの住むVenice BeachはDogtown(ドッグタウン)とも呼ばれ、サーフやスケートなどのカリフォルニアのストリートカルチャーの発祥の地になった。
南カリフォルニアでのライフスタイルやスケートボード文化が出来上がるまでの雰囲気を読み取ることができる。

プールスケートボーディングとは

DogtownのZ-BOYSが広めたプールでスケートボードをする文化は元々不法侵入から生まれた文化であった。
サーフィンと同じ感覚で滑ることを追求した彼らは勝手に人の庭にあるプールの水を抜き、住人が留守の間に滑った。これが後々文化として発展をし、スケート仕様に設計されたプールが建築されるようになった。今ではプールやボウルがないスケートパークはないほどメジャーなスケートスタイルとなった。「広い土地がある、常に良い天候、庭にプールがある、サーフィン文化が発展している」という4つを兼ね備えた南カリフォルニアだからこそ発展した文化であった。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
CHANEL 2016 EYE MAKE UP HOWTO動画4本
シャネルの検索してたらたまたま見つけちゃいましたー。 2016年春からアイメイクアップのアイコンになったクリステン・スチュワートのメイク集とそのハウツー動画、Eye Can Beシリーズ! 1分数十秒の動画のなかで70%くらい商品紹介だけど、残り30%が意外と参考になります。あと結構薄い色の使い方がすごいっていうか個人的に発見したりして、商品紹介もまんざらただの広告じゃなくてタメになったり。 ハウツーじゃない方のクリステンのイメージ動画はこっちで観てください。 メイクタイトル Eye Can Be Tomboy トムボーイは少年のような女の子のことを指すみたい。セシルカットとかコケティッシュとかそういうイメージ?イメージ動画だともう少し不良っぽいイメージかも。上下を結構ディープな色で囲むんで、外国人みたいに彫りが深くないとパンダに見える。つらいー。 メイクタイトル Eye Can Be Mischievous 単語的にはいたずらっ子のイメージ?メイクはそういう感じしないけど、でもバッサバサのマスカラは調整するとして、ラメ入の色がさりげなく涼しげで今年の夏こんな感じもやってみたいなーと思いました。こういうラメは安いシャドウだとダメだからシャネル買う価値があるタイプのメイクかな。 メイクタイトル Eye Can Be Playful 明るい感じ。カラーは一番控えめでナチュラルメイクのバリエ。これはでももしかしたらかなり計算されてるのかなー。腫れぼったい顔でももしかしたらこの色と分量の使い方で立体感でるかもしれないです。要研究って感じ。 メイクタイトル Eye Can BE a Star スター!!アイラインが上がってるところがスターだけど、色使いは結構ナチュラル。アイラインも太いし跳ね上がってるけど、実際そこまで濃くない色でやってるだから、これもイベントの時とか調整すると意外と使えるかも。ティーベージュくらいのアイライナーって新鮮だった。 「i」マークで商品紹介ページのリンクが出てくるけど、全部「この色」ってはっきりわかるわけじゃないから、自分の肌ベの色とかに合わせて考えなきゃいけないかも。もっと研究したいー。 CHANEL メークアップ
松岡修造、いきものがかりに痛烈な一言
いきものがかりの『ありがとう』。 多くの方も知っているであろうこの(J-Popシーン的に言えば)名曲の歌詞に会心の一撃を加えた男がいる。 その男の名は松岡修造。 彼は一体何と言ったのだろうか。まずは『ありがとう』を聞いてみよう。 この曲のサビの歌詞。一度聞けば頭に残るこのフレーズに対して松岡が一言物申したそうだがそのエピソードを紹介したい。 ”15日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、いきものがかりが、松岡修造に叱られた過去を明かした。 いきものがかりは、今年でデビュー10周年を迎えており、この日はヒット曲の「ありがとう」と「じょいふる」のSPメドレーを披露することとなった。曲前のトークコーナーで、タモリは「『ありがとう』の思い出はありますか?」と、曲にまつわるエピソードを尋ねた。 すると、作詞作曲を手掛けた水野良樹は「ある番組で松岡修造さんに、『“ありがとうと伝えたくて”じゃなくて、伝えろよ』と怒られたことがあって」と明かしたのだ。曲ではサビの部分に「“ありがとう”って伝えたくて あなたを見つめるけど」というフレーズが使われている。” http://news.livedoor.com/article/detail/11421148/ より引用 納得の一言だ。 こんなクヨクヨしてる話を歌詞として聞かされる方もたまったもんではない。 今後いきものがかりの綺麗事をツラツラと述べたような歌詞がこの一言を機に変わることを祈るばかりだ。
おそロシ庵、ソ連はんこの再販を検討中
上から、レーニ印・スターリ印・ガガーリ印となっている。何も知らなければ味のあるハンコだが、しかしどうだろう。しばし受け取った時の気持ちを考えてみてほしい。 スターリ印で押された『処理済』 この髭のおじさんは岡田眞澄ではないのだ。もはや命の保証がないような気がするのは僕だけではないはずだ。生きながらえるために未処理案件をいつまでも処理中に留める可能性もなくはない。これぞコルホーズ的生き方! さて、サイトによると『おそロシ庵』というメディア(諜報機関かもしれないが表向きは謎のメディアだ)についてこのように紹介されていた。 ロシアの面白情報、ロシア人からみた色々な事。ネット上での「おそロシア」のみではなく、リアルなロシアの情報をお届けしたいと思っています。 ソ連はんこの販売に至る過程は謎に包まれている。どう考えてもリアルなロシア情報でもロシア人から見た情報でもなさそうな気がするがいかがなのか。 話を元に戻すと、これらのはんこはすでに販売終了したようなのだが、このたび再販を検討されているらしい。こちらのページから送られる反響が大きければ再販が決定されるようだ。ここから送信しても即注文という扱いにはならないようだが、今日中に送信した人から抽選でクリスマスプレゼントが当たるようだ。処理したいみなさんは送ってみよう。 ソ連はんこプレオーダー
LOUIS VUITTONのチャリティー #MAKEAPROMISE
ルイヴィトンがチャリティキャンペーンのためのアイテムを販売してます。今週から始まったみたい。 このキャンペーンはルイヴィトンとユニセフのパートナーシップという形で、内容はキャンペーン用アイテム1つの売上げから200ドルがユニセフに寄付されるというもの。ユニセフにも載ってます。 LOUIS VUITTON for UNICEF これがキャンペーン用アイテムの「ロックイット」で、左がペンダント、右がブレスレット。こんなこと言うとなんだけどブレスの方はぶつかって邪魔になりそうかなー。 パンダンティフ ロックイット・シルバー 64800円 ブレスレ ロックイット・シルバー 64800円 下世話だけどよく似てる通常商品だとゴールドで28万くらいだからヴィトンフリークは絶対買いそう。私は家族会議なうです。(ほんとはピンクゴールドがほしい!) このキャンペーンは寄付だけじゃなくて、子供たちを助ける誓いを込めて指切りポーズを写メしてSNSに流してキャンペーンを広げましょうということもやってます。まだあまり盛り上がってないみたいだけど、おかげで今はセレブの写真がほとんどです。 ベッカム老けましたね、いいおじさんって感じ。ミランダカーのお洋服可愛いー! #MAKEAPROMISE(ルイヴィトン)
SUP and ビーチYoga
SUP(スタンドアップパドルボード)で海で遊んだり、クルージングしたり素晴らしい海と山のロケーションに囲まれた場所でサンライズ&サンセットビーチヨガの体験会を1泊2日で開催します。 1日目の夜はサンセットを眺めならBBQでワイワイと盛り上がりましょう! SUPやヨガで気持ち良く体を動かしながら、海や自然に触れ、人と繋がりましょう。 アクティブに動きながらも、心が満たされ、自然や人のエネルギーに癒される時間になればと思います! SUPでクルージングしてみたい! 一人だと不安… どうやって始めたらいいのかわからない… などなど大歓迎です! どなたでもご参加いただけますので、ぜひこの機会にビーチフロントという最高のロケーションで、ボードに乗る楽しさを体験してみませんか? 皆さんのご参加お待ちしております。 ■日程 : 11月8日(土)~9日(日) ■場所 : 三浦海岸 ■宿泊場所 : 三浦 海の学校    ■定員 : 20名限定(最小催行人数 : 10名) ■申込期限 : 10月31日(木) ※定員になり次第受付終了 ■ツアー代金 : 29,600円  代金に含まれるもの:  宿泊費、食事(朝1回/昼1回/夕1回)、保険料、ボードレンタル、  ウエットレンタル、ヨガレッスン、SUPレクチャー費など
ラスト9分19秒はホントにすごかった! 「セッション」
「セッション」は、2014年にアメリカ合衆国で製作された映画です。監督・脚本はデミアン・チャゼル、プロドラマーを目指す主役を演じたのはマイルズ・テラー。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、教師役のJ・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した作品でもあります。 この映画の宣伝文句が『衝撃のラスト9分19秒』というものでした。まだ観ていない方、これ、嘘じゃないです。本当に衝撃なんです。魂を揺さぶられます。 とにかく全編に渡って、ドラムサウンド溢れる超クールな作品です。観終わった後は最高の気分になれること請け負いです。 プロドラマーを目指す青年とスパルタ教師の間で起こる喧嘩の果てに生まれる、互いを認め合う瞬間を描いているので、これはある種、ヤンキー映画みたいなものです。そこに音楽というアートが見事に融合し、莫大なカタルシスを生んでいます。 J・K・シモンズ、最高の演技ですね。オスカーも納得です。悪魔のようなスパルタ教師ぶりは、この人にしか出せなかったでしょう。ジャズバーで演奏するシーンもしっかりと素晴らしかったので。 「セッション」のDVD・Blu-rayは10月21日に発売開始予定です。とりあえず、ラスト9分19秒だけでも、観る価値はある作品です。いや、必見です。
知名度の割にかっこよすぎるアーティスト第二弾「Samuel Purdey」
Samuel Purdeyをご存知だろうか。多くの方は存じ上げないと思う。それもそのはずだ。 日本ではWikipediaの記事すら作られていないしアルバムも一枚しか出していない。 それに加えて彼らの出した一枚のアルバムはレーベルの事情などもあって 廃盤 となってしまっていた。そんな状況では彼らの楽曲が注目されていないのも当然である。  Samuel Purdey、一見人名のようだがユニット名であり、”UKブライトンの2人組ユニット。 初期ジャミロクワイのツアードラマーだったバーニー・ハーレー(ジャケット右)とギタリスト、ギャヴィン・ドッズ(ジャケット左:ジャミロクワイの1stアルバムでプレイ)によって結成された。” http://www.greydogsrecords.com/samuelpurdey.html より引用 ジャミロクワイ、と聞くと俄然興味の湧く人も出てくるのではないだろうか。というわけで早速彼らの代表曲を聞いて頂きたい。 Lucky Radio か、かっけえ、、、!  1999年にリリースされた楽曲なのであるが未だに新鮮な響きを持っている。細かい技巧と洒落たグルーヴ感に裏打ちされた圧倒的なポップセンスは今聞いても多くの耳の肥えたリスナーすらも納得させるような出来となっていると言える。 なんとそんな彼らのアルバムが実はリマスタリングを施されて再リリースされたそうだ。  リマスタリング盤にはボーナストラックも収録されている。彼らのアルバムは終始ハイクオリティな楽曲が並んでおり、簡単に言えば捨て曲がない。全体を通して退屈することもなく聴きとおせるアルバムというものは実際には中々に少ない。この名盤を手に入れずして何を手にいれるというのだろう、という勢いでオススメしたい。気になる方はまずは上記二曲を聞いてみてほしい。そしてアルバムで聴きたい、という方はapple musicなどでも手に入るので是非ともアルバムを手に入れてほしい。
JIMI HENDRIXの伝記映画【Andre 3000】
JIMI:栄光への軌跡 天才ギタリストと呼ばれるJIMI HENDRIX(ジミ・ヘンドリックス:通称ジミヘン)がスターになるまでを描いた伝記映画。 元々ナイトクラブで演奏していたところを見出され、今や「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の一位でもある。 彼がスターになるまでの葛藤や、27歳の若さで亡くなるまでのできごとを描いた作品。 作中のジミを演じるのはヒップホップデュオ、OutKast(アウトキャスト)のAndre 3000ことアンドレ・ベンジャミンで、実際に600時間の練習を経てジミ特有の左利き奏法をマスターしたとのこと。 JIMI HENDRIXとは? ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 - 1970年9月18日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称でも呼ばれる。 天才ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾いたり、火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスでも有名。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている[1]。2008年5月にブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンの選ぶギタリスト・ランキング」[2]、『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位となっている。 Wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9 主演のAndre 3000とは? アンドレ・3000 (英 : André 3000、1975年5月27日 - )とは、アメリカ合衆国ジョージア州,アトランタ出身のミュージシャンである。本名は、アンドレ・ローレン・ベンジャミン。 グラミー賞受賞歴を持つ人気ヒップホップデュオ、アウトキャストの一員である。しかし、現在は活動休止中のため、ソロ活動を中心に行っており、ミュージシャンとしてよりも、主に俳優方面での活躍が中心となっている。 wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB3000