arozzo
100+ Views

iPhone6sがでたので、そろそろ買い換えようと思ってます

いま、5s使ってるんですが、そろそろ2年経つので新しいiPhoneは何色にしようか考えていたんですが、今日発表されてました。いや、知らなかったです。
ローズゴールドという新色もでたそうなんですが、俺としてはゴールドにしようと思ってます。新しい機能もあるそうで、3D Touchというのが面白そう。いま使ってる5sが32GBモデルでアプリがもう入らなくなってきたので、今度は64GBにします。明後日から予約なんですね。ずっとバンクのを使ってるんで明後日は近所のバンクのお店にいってきます。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
Emojis Are Not Made The Same
Not all devices are alike. Apple, Android, and Windows, to name a few, are very different operating systems and that key difference also makes for very different variations of emojis. The most popularized Unicode Consortium, or the body that selects which emojis will make their public debut, is the Apple version. They are used in marketing campaigns, commercials, apps, texting, food delivery, etc. However operating systems like iOS, Android, Windows, Blackberry, Samsung, LG, etc. don't always have the same variations of emojis that the general public is accustomed to. This leads to an ultimate dilemma, emojis are basically a language all their own and somehow they are getting lost in digital translation. Thanks to Yahoo tech, a comprised list of varied emojis from device to device: 1. Woman With Bunny Ears You may recognize this emoji normally as the Bunny twins, tap-dancing girls, showgirls, or any of the other various nicknames. However when you transfer over to Android, you'll be in a surprise that the emoji becomes a yellow gumdrop looking face with a brown wig and bunny ears. The dynamic duo is no longer, which probably leads to some confusion at Halloween for Android users who are curious as to when there was an emoji of two Woman With Bunny Ears. 2. Colored Hearts This one is all about design. Apple keeps the hearts very uniform, vibrantly colored, and as basic as can be. For Android, the emojis hold a lot more meaning while also being somewhat cheesy. There is practically no color variation and I don't even know what to think about the fuzzy heart. Emojis are supposed to be playful and I think Android really missed the boat on this one. 3. Watch Obviously iOS looks classier but I am definitely a bigger fan of Android for some reason. I think sometimes less is more and I think it translates well in this instance. After all, a watch is a universal symbol so it's really hard to mess that up between devices. If anything, the emojis from device to device just show a different kind of watch that is solely exclusive to it's own device which seems cool in this example. 4. Eggplant You know exactly what this means if it's sent in iMessage. And you know exactly how hilarious this emoji can be because let's be honest, there is really no everyday use for an eggplant so you might as well spice it up a bit if you know what I'm aiming at. Now as for Android, it's a poor example of an eggplant to begin with but there is no way that it'd ever be used for alternative purposes within messaging. Just no way. 5. Slice of Pizza Okay Android wins on this one. The iOS version looks like a horribly designed emoji that is trying way too hard to be life-like. I appreciate the pic-art look of Android's emoji in this comparison. However, Dominos Pizza is using the iOS emoji in their brand as you can order a pizza now just sending that emoji. After all, that's pretty clever but the pizza emoji could get a generic facelift. 6. Rowboat This is a BIG difference. iOS looks certainly more appropriate and attractive on an interface. The Android immediately signals a date instance which could be totally misconstrued. Also Android needs to keep up with the times as emojis no longer have one option -- with LGBT and racial skin tones being introduced, their emojis need to be updated. Emojis are great because they include everyone and the rowboat needs the same. 7. Glowing Heart Either way, they both accurately depict what you're trying to show. Personally I like the iOS version more however the Android heart isn't horrible. A heart is a heart no matter how you dress it up. Good work to both. 8. Pistol/Gun Windows is the only operating system that doesn't include a gun that looks like iOS. Instead they've opted for a less serious space gun that could easily be more appropriate for Star Trek than anything else. With weapon emojis being taken more and more serious in the media, Windows will have to figure out how to not cause any trouble for its users who may be using their version of the gun emoji playfully while it will be translated into a more serious message. 9. Love Hotel Well to be honest, I've thought the 'H' on iOS stood for hospital and the heart symboled health. Apparently that's the exact opposite of what it meant. Windows does a much better job at representing this but they are both confusing. It wouldn't have killed them to spell out "hotel" on the building, you know. 10. Mobile Phone We get it, you love your own phone. 11. Donut Hmmm these are all very stereotypical of the interface they appear on. To be honest, Windows looks the least like a donut and I personally am not a fan. Android does a pretty good job and iOS is the most life like. I guess this one boils down to pure preference but it should be understood between each device fairly easily. I guess Windows doesn't like chocolate frosting. 12. Alien Monster Well these have very different connotations from the get-go. For iOS, most believe this emoji is a representation of an arcade game that you use with a joystick. For Android, however, it's actually alien monster that looks like an evil version of Pearl from Finding Nemo creepily ready to say "Awww you guys made me ink muhahahahahha!". We have an alien emoji already in iOS, why do we need this one? 13. Tennis Either way, they fit the bill and do a nice job at symbolizing. 10 for 10 on both.
Taylor Swift vs. Apple...Taylor WINS
Taylor Swift just went up against the biggest company in the world and WON. That's unheard of. No one has ever had that kind of star-power before. But now, Taylor Swift has it. Taylor was pissed that Apple thought it was going to get away with not paying the artists whose music would be played on their new music streaming service for the first three FREE trial month period. AKA BS. Taylor wasn't having any of that so instead of dismissing it since it really didn't hurt her either way, she pounced. Attacked politely. And claimed an utter victory! This will definitely go down in the history books!!! So here's how the battle went down: Swift tweets at Apple by attaching a letter of hers from Tumblr. Taylor speaks politely and confidently ending with a snippy, "We don't ask you for free iPhones. Please don't ask us to provide you with our music for no compensation." AND TAYLOR STRIKES AGAIN. Not only does Taylor get an outpour of support from her millions of fans, but she also gets backing from major celebrities and recording studios. Like woah. Taylor Swift then gets a personal call from the Apple VP himself as well as this personal tweet. And as the world watches...everyone gasps because for the first time in Apple's history...Apple loses. TAYLOR FOR THE WIN. The media is celebrating on every major platform known to man. Everyone's shocked she did it and it only took 48 hours. Insane. Taylor attacked and conquered the most powerful company in the world by posting a message to Tumblr. She's stronger and more powerful than ever and now everyone knows it. And Swift thinks to herself, "All in a day's work." NBD
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。
入力の極みを知る人の、21世紀タイプライタ「freewrite」
パソコンとディスプレイとキーボードとインターネットが バラバラになってきたこれからの道具。 ちょっと前までパソコンはなんでもできるがトゥーマッチな道具だった。 仕事で使う人間には必要ではあるが、パソコンの機能をすべて使いこなす人はいないだろう。「道具」としてはいまだベストとはいいがたい。 キーボードも普通の人にはボタンが多過ぎるかもしれない(笑) 物理的なキーボードの入力の優秀さとインターネットを存分に使う事とはイコールではないのだ。(「blackberry」という存在があるがここでは割愛する) スマホ、タブレット、Iotなどなどもはや自由な関係で良い時代になったのだ。例えばディスプレイのみでネットを活用する方向は、仮想キーボードや音声入力など現在模索中だ(ほぼフリックという人は少なくないだろうが)。 しかしキーボードの単体での価値の向上はどうだろうか。 以前紹介したPortabookは、キングジムが入力面だけを切り分けた道具であったポメラの発展形であったが、やはり道具としての魅力が増幅したかといえば、やや残念であった。 現時点で、キーボードは入力装置として最高の仕組みだ。しかしこれを魅力を格上げする流れはあまり無いようだ。界隈で名が知られているのは「東プレ」のREALFORCEだろうか。とにかく疲れにくく壊れにくいメカニカルキーボードとして有名だ。これを発展させることはできないか。次のキーボードとは。 ということで今回見つけたのがポメラとREALFORCEの合体ともいうべき、「フリーライタ」である。 https://store.getfreewrite.com/ モノカキ向け作業没頭用タイプライターFreewrite発売。 日本語対応、最大4週間持続のバッテリーでどこでも執筆 http://japanese.engadget.com/2016/02/24/freewrite-4/ 最近のノートパソコンでは実現できないしっかりと気持ちよく押せるキーボード。 必要な情報だけが表示される表示部。なにより思想を反映しているのが、右と左についているつまみだ。右はクラウド(icloudやEvernoteにもつながるという)につなぐかどうかの切り替え、左は保存する3か所をえらぶだけ、という。 重さは約1.8kg。確かに重たいがむしろ軽いようではしっかりした打鍵ができない。正しい選択だと思う。 現在は$449。決して安くはないが、集中した入力時間を得ることができるフリーライタは、次のキーボードと言ってもいいのではないだろうか。 ソリティアなどやって時間を過ごす社員のいる新聞社には、ぜひ導入すべきではないかと思う。 日本語もしっかり対応言語にはいっているようだ。 ------- What languages does the Freewrite support? At the time of this writing, we have committed support for the following languages: English (QWERTY, DVORAK, and COLEMAK), International English, German, Italian, Portuguese, Spanish, French, Danish, Swedish, Greek, Dutch, Turkish, Hebrew, Korean, Russian, Chinese, and Japanese. -------
すべてのリモコンをひとつに+かっこいい『HUIS/ハウス』発売決定
IT化が進んだ今でも現代でも、 自宅についたらまず手に取る事が多いであろう「リモコン」。 いよいよここに手がかかろうとしている。 クラウドファンディング『ファーストフライト』で1000万円を超える出資を集めたスマートリモコン『HUIS/ハウス』がいよいよ発売されるとのこと。 リモコンの再発明とも言われるこのハウスは、テレビ、ライト、エアコン、Blu-rayプレーヤー、あらゆるリモコンをひとつにまとめてしまうという意味ではいわゆる学習リモコンだ(登録はソニー以外も大丈夫だ)。画面のカスタマイズができつつ、電子ペーパーで省電力というもの良い。 なにより良いのは、かっこいい所。 真っ白で、必要なボタンだけを表示させられ、使わないときは立てておけるという。 よく使う道具なのに(手垢で真っ黒になるくらい)、蔑ろにしてきた今までが申し訳なかった。 値段は張るが、家庭のIT化はここから始めてもいい、と感じさせてくれる一品と思う。 HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS-100RC 発売日 2月15日 お届け 3月以降 価格 27,950円(税込) インターフェース:電子ペーパー、赤外線接続 ※Bluetooth接続機能も追加予定 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201602/16-012/ ソニー、多すぎるリモコンをカッコよくまとめる『HUIS』 複数家電の操作もこれ1台、 ソニーが電子ペーパーリモコンを一般発売「HUIS REMOTE CONTROLLER」 Sony、電子ペーパを用いた学習リモコン 「HUIS REMOTE CONTROLLER」の一般販売を開始
セルカ棒よりは接写OKなセルカレンズ
自撮りしない私はセルカ棒に無関心。だがしかし、最近「セルカレンズ」なるものが出回って、しかも接写できるというじゃないですか。お値段も1000円程度だってことで、さっそく入手してみました。(今調べたら300円台で買えるみたいなんですが…) そもそもセルカ棒の使用があちこちで規制され始めたので、広角レンズの方がいんじゃね?ってことで企画され、どうせなら単価上げるために魚眼とマクロもつければいんじゃね?って誰かが言ったとか言わなかったとか知りませんがとりあえず3点セットでのパッケージが現在スタンダードなようです。 全構成は以下の通り。 ・取り付けクリップ ・FISH EYE LENS 180°(魚眼レンズ)&キャップ ・MACRO LENS + 0.67X WIDE LENS(マクロレンズ+広角レンズ)&キャップ ・巾着 マクロと広角がくっついてるので、不器用な人はこれをつけたり外したりするだけでもちょっと面倒そうです。手の大きな男性なんかイラっときそう。 こんな時はレンズの倍率が活きる被写体を試すべきでしょうが、とりあえずデスクに常備の癒しグッズで試し撮り。これはノーマルな状態で撮影。 大雑把にだいたい同じ距離から撮影してますが、天地をトリミングしちゃったんで魚眼感は基本的にあまり感じられません。まあ、端がまるまる程度です。そもそも被写体が間違ってるというのが正しい感想。 広角レンズ。これまた被写体が間違ってるのですが、とりあえず右側のアダプタまで写ってるところが広角なのかな、程度の感想。きっと自撮りしたらセルカ棒程度の画角が収められるのかもしれませんが、そもそも魚眼も広角も個人的に興味がないのです。 マクロ。当然この距離から撮ったところで、被写体がクリアに見えるわけもなく。とりあえずピントが合う距離まで寄ってみることにします。 ここまで寄ってようやく文字が識別可能に。これ、被写体とレンズの間隔は1cmちょいです。ここまで寄るとなれば超ピンポイントで収めないといけないし、そもそも近づきすぎるので影の映り込みや手元の明るさは相当工夫が必要そう…まあ室内でこんなもの撮ってるから悪いんですけどきっと。 ちなみに、端末にもよるでしょうがiPhone5Sのフラッシュ発光部はクリップで塞がれます。 木目の中央に約2〜3mmサイズの茶色いスポット。こんなのを撮りたい時に使えばいいんだなというのが確認できましたがそんなのが撮りたい時がくるのかどうか。本当は花の接写がしたかったんだけど、ここまで寄らなければならないとなると願望とは裏腹に花粉の気持ち悪いところとかが写っちゃっいそうな予感。女子の肌を写して見せつける嫌がらせなどには大いに使えそうですが。 というわけで、喜び勇んで買った割に、そもそも一番使いたかったマクロが微妙な塩梅なのでちょーっとトーンダウンしている真っ最中です。マイクロスコープ6倍っていう方を買えばよかったかな... だがしかし、この試し撮り最大の問題は「被写体」であろうという希望的観測を元に、もう少しいじってみたいと思います。 ちなみに、携帯をクリップで挟んでレンズを固定するというとても単純な作りなので、厚み2cm以下のガジェットなら基本的になんでも使えると思いますが、当然のことながら端末レンズとこのレンズの間のスペースは少ないにこしたことはなく、大方のケース(カバー)利用者はまずそれを外すところから始めなければなりません。 クリップで挟むだけなら一見手軽なようですが、「あ、これイイ!」と思ってからケースを外してクリップのレンズを付け替えてレンズカバーを外してクリップを留める、とかやってても待っててくれる被写体だけに割り切って使わないと毎日残念な思いをすることになります。 じゃあこんだけトーンダウンしてるのになぜ紹介してるかというと、誰か一緒に「やっぱり買ってよかったじゃん!」と思えるまで探求してほしいから一応勧めてるつもりなんです(笑)。同じ想いをしてやるぜ、という奇特な方をお待ちしております。。 UNIVERSAL CLIP LENS (made in china) 実売は300円台から1000円くらいまで?Amazonが安いかな 楽天でもAmazonでもPLAZAでも