pilot27
2 years ago1,000+ Views
ZINEの展示販売プロジェクト MOUNT ZINE 10
僕は、なぜかZINEは海外の文化で、日本には漫画系の同人誌かショップ発行の冊子しかないと思っていました。今考えれば代官山の蔦屋やユトレヒトで何度も見ているんですが、それとMark Gonzalesの話(バナナの人ですね)やEtsyの出品作品が全く結びついていなかった。
珪藻アートのために顕微鏡を買う話から、そこまでするなら何か形にまとめようという話になり、それならMOUNT ZINEを見に行こうということになりました。感想としては、日本でも意外と熱かったどころか日本の方が綺麗でクオリティが高い印象です。
日本だと自費出版物としてリトルプレスとも呼ばれているそうです。ミニコミ紙というジャンルもありますね。※この写真はMOUNT ZINEのものではありません。
僕のZINEのイメージです。多分最初にこの記事を見たからかもしれませんが、あまり綺麗に製本されておらず手作りの要素が多いイメージでした。MOUNT ZINEの通販ページにも色々並んでます
僕の場合はイラストが苦手なので写真とタイポグラフィがメインになると思いますが、PSやAIで作り込まずに切り貼り風にしたり、何か1点1点違う物体を付け足して、デジタルコピーが不可能なものにしたいです。物体も3Dプリンターで作ればコピーできますが…それはそれで面白そうですね。僕がまだ学生だったら毎日ZINE作りしているかもしれません。
これは印刷ショップの特集記事ですが、たぶんデザインや印刷に馴染みがない人にとってもずいぶん手軽になっていると思います。
MOUNT ZINE 10は、いわゆるZINEのエキシビジョンです。10月10日までエントリーできるのでこれから作っても間に合うというわけです。僕が凝りすぎたり仕事が暴走しなければ。
今年のスペシャルイベントは関西で行われるので、東京ではMOUNT ZINEでの展示がメインになるということでした。とりあえず色々見てみると作りたくなると思うので、今回は遊びにいって、作るのはそのあとでもいいかもしれません。MOUNT ZINE はスクールもやってるし、学生向けのプログラムもあります。こういうお祭りみたいなことは盛り上がるといいですね。
ZINEそのものについてはこのブログがまとまってます。探してみるとまとめとかも色々あります。
0 comments
2
Comment
3