powoq
2 years ago500+ Views
新しいスマホ「ニュアンスネオ」の、人に寄り添うコンセプト
Windows10 が発表され日本でも本格的にWindowsPhoneが登場する中、
新しいコンセプトから生まれた「ニュアンス」なる製品が、スマホカバーでお馴染みトリニティから発売される。
ミニコンピュータでしかないスマホをこれだけ広げたのは、そのコンセプトをAppleが明示できたからだろう(ファンの後押しも大きい)。
ニュアンス ネオは、大きな意味でコンセプトから作られたという点で、Appleと同じような着想でメッセージを伝えているように思う。
トリニティは、8年にわたって、iPhoneやXperia向けにケースなどのアクセサリーを自社ブランドで展開してきた。星川氏は、スマートフォンがガジェットの1つとして「テクノロジー」「デジタル」といったワードで捉えられていたものの、普及していくに従って、どんどん生活の場に浸透していき、「リラックス」「ライフ」「フィーリング」といった言葉で表せるようなものに仕上げる必要が出てくるのではないかと考えたのだという。
どうしてもスペックで説明をせざるを得ない所が歯がゆい所であるが、すべてのスペックは生活の馴染ませるために理由があるという所が気持ちが良い。
(往々にして元々のハードの制約上仕方がないという説明がなされるが、ほとんどそれを感じない)
もちろんWindows mobileというシェアの小さいスマートフォンである事のデメリットは大きいだろうが、ある種の自由を手に入れた感覚が確かにある。
プロダクトに対しての愛情を適切に語れることが、ユーザーに愛されるための条件なのかもしれない。その意味で、スマホカバーを作ってきた会社がスマホを作るのは実に自然なことだったのだろう。
Windows 10 Mobileスマートフォン
「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」
発売 2016年1月
価格 3万9800円(税抜)+外装カバー1400円~
メーカー トリニティ
一体化したカバーを自分で選択できる(木製のものも)
※3Dプリンタでオリジナルケースを自作することも
NTTドコモやソフトバンクのネットワークで利用可能
OSはWindows 10 Mobile
スイカなどICカードを格納するスペースあり
ストラップホールあり
USB-Type Cを採用
5型液晶
待ち受け約2週間
外付けディスプレイなどでPCとして利用できるContinuum対応予定
ニュアンス ネオのコンセプトがよくわかる動画
2 comments
NuAnsさん気になります。AppleファンとしてはiOSがいいんですが、このスウェードのカバーとか良さそうですよね。
2 years ago·Reply
はい。ただサイトや記事内で操作画面があまり紹介されていないのも気になっています。
2 years ago·Reply
3
2
1