akanex
2 years ago1,000+ Views
実は魅力的なお散歩スポット。東大・本郷キャンパス
一般人も東大・本郷キャンパスを見学できるってご存知ですか?
基本は、各門付近の警備員さんに見学にきた旨、告げれば大丈夫。
こちらに、見学の際の注意事項が載っています。
教室に入ることはできませんが、構内には魅力的なスポットがたくさんあるんです。
まずは、東大のシンボル、赤門から入りましょう。
最寄り駅は大江戸線・本郷三丁目駅ですが、根津駅からブラブラと歩いていってもいいと思います。
赤門を背にして、左斜め先にすすむと、三四郎池があります。
(画像2枚目の地図の水色になっているところです)
夏目漱石の「三四郎」の舞台になった池です。
石段を下りて、池をぐるっとひと回りしてみてください。
池はしっとりとした深い緑に囲まれていて、都心にいるとは思えない気分になりますよ。

続いて、赤門と正門の間にある情報学環・福武ホールへ。
安藤忠雄さんが設計した、実に洗練された建物です。
このホールの1階には「UTカフェ ベルトレルージュ」があり、一般人も利用できます。
構内の歴史ある建物や豊富な緑も、東大・本郷キャンパスの魅力です。
写真は総合図書館
歩き疲れたら、あるいはお腹がすいたら、構内のレストランやカフェで休憩しましょう。
東大生協・本郷中央食堂、ホテル椿山荘のレストラン「カメリア」、隈研吾さん設計のカフェ「廚 菓子 くろぎ」等々、飲食店がたくさんあります。
いかがでしたか?
皆さまのお散歩ライフの一助になれば幸いです。
0 comments
3
Comment
1