zajiz
1,000+ Views

どう見たって新作ジブリ映画なRPG開発決定「ニノ国2」

宮崎駿の引退宣言から2年(2013年9月)。そろそろ新作の話題が出てもよさそうな頃なのに、あそうか引退してたんだ、と寂しい気持ちになった人が目を覚ますような動画がこちらです。(正確には「想いでのマーニー」がジブリ最後の作品)
えー、なんかファンタジーものやるの??
と思った人は残念。
こちらは妖怪ウォッチなどでお馴染みのレベルファイブが出がけるゲームの予告編。
ただし、キャラクターデザインはジブリでお馴染み百瀬義行、音楽もなんでもかんでも久石譲と、まさにジブリ映画です。
(正確にはこの「ニノ国」シリーズは、2010年に第一弾が作られているので、今回で第二弾となる)
Sony Computer Entertainment Americaが開催するイベント「PlayStation Experience 2015」で発表された本作。発売日はまだ未定ですが、PS4で作られているとのこと。
ジブリが忘れられない人、とりあえず、PS4貯金をはじめてみては。
(今すぐやりたい人は、第一弾のPS3版「ニノ国 白き聖灰の女王」もしくは3DSの「ニノ国 漆黒の魔導士 」をどうぞ)
公式サイト
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
目立つやつが苦手な人へ『モノカゲクエスト』
「井戸の中に、石を投げ込んで一番下までたどり着くって面白いよね。」 「ドラクエの王様視点でゲームできたら楽しいかな。」 「マンションの壁を叩くのをパーカッションにみたてて。。」 あーなんか楽しそおお!なことを考えてゲームにしちゃうのが、ポイソフトって会社なのであります!で今回は「目立つと死ぬRPG」?! 『モノカゲクエスト』 ハード ニンテンドー3DS 配信日 2015年8月26日 価格 1000円 ジャンル 目立つと死ぬRPG http://www.poisoft.co.jp/monokage/ プロローグ とある時、とある場所。 勇者会から勇者に任命され、「今日から勇者だ!」と張り切っている若者のもとへ、一人の魔法使いが訪れました。 『隻眼の魔術師』と名乗ったその魔法使いは、その歳若い勇者に呪いをかけていきました。 その呪いは『モノカゲの呪い』。 それは目立つと死んでしまう、というとても恐ろしい呪いでした。 しかし、呪いをかけられた若者は、悪い魔法使いを倒してこの呪いを解くために、苦難を覚悟で旅に出ることを決意しました。 かくしてこの若者の紡ぐ物語『モノカゲクエスト』が幕を開けることになったのです。 詳しくはもうサイトとかみればいいんだけど、もうポイソフトブランドが高い、ブランドがそびえたっているとぉ。 こちとらドラクエで忙しいんすけど、なんだか見た目ドラクエみたいなんすけど、隠れるっていえばメタルギアみたいなんすけど、でもゲームの中まで隠れなきゃとかgahjowiuathoahraw:; でもなんか面白そう。悩みゲーがまた追加だぁ。
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
【バレンタインチョコ】車好き、ルパン好きの男の人へ!
イタリア・ボローニャの老舗チョコレートブランド「マイアーニ」のバレンタイン特別セットがかわいいです! ブック型のパッケージにイタリアの名車FIATのミニカーがついてきて、車好きな男の人へあげるのにピッタリ。 しかも、この車...どこかで見たことがあると思いませんか?特に黄色! そう!「カリオストロの城」でルパンが乗っているFIAT500なのです! これは、ルパンファンには嬉しいですね〜! セットでついているチョコも、どれも美味しそう〜。 チョコレート6種6粒 『FIAT クレミーノ(白)』:濃厚な口どけの100年愛され続ける代表作 『FIAT ノワール(赤)』:甘さを抑えたミルクチョコレートとナッツの香ばしいハーモニー 『FIAT カフェ(茶色)』:ちょっぴりほろ苦いイタリアンエスプレッソコーヒー入り 『FIAT ラッテ(黄色)』:ミルキーなチョコレートとヘーゼルナッツでとろける甘さ 『FIAT エクストラノワール(黒)』:ビターチョコレートのほろ苦さとナッツの香ばしさは大人の味 『FIAT フリーダム(青)』:還元麦芽糖を使ったシュガーフリーチョコレート プレゼント用ではなくて、自分用に買っちゃおうかな〜w FIATチョコレート オマケで「カリオストロの城」テーマ曲「炎のたからもの」を貼っておきます。 いや〜、ほんと名曲ですよねぇ。。。
ゲームオヤジたちがふるえてしまいます。ファミ通×電撃×niconico×4Gamer=「電ファミニコゲーマー」
時間をとる事ができないこともあって最近はじっくりテレビゲームをやれないのですが、思い出の中のゲーム話は今ではワクワクしてしまいます。 よく「くそゲー」なる分野については友人とファミレスで長々話したものです。 さてそろそろオジサンになってきた私世代に気になるメディアができました。 あらゆるゲームのあらゆる情報を閲覧できるゲーム特化型のキュレーションメディア。題して、『電ファミニコゲーマー』。 電ファミニコゲーマー https://www.denfaminicogamer.jp/ 少々、ゴロが悪い気もしますが、何より初回の企画が素晴らしいです。 「ゲームの歴史を紐解く連載シリーズ「ゲームの企画書」第一回」ということで、ゲーム創成期の人たちから話をかなり詳しく聞いています。 「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!? ———遠藤雅伸、田尻智、杉森建がその魅力を鼎談。 http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/xevious 遠藤さんはゼビウスやドルアーガの塔という名作ゲームを作った方。田尻さん杉森さんはポケモンの生みの親ともいえる方。特に田尻さんはあまりインタビューを受けない方だそうで、非常に貴重な機会と言えそうです。 以降の企画も、気になるものばかり。 「桃太郎電鉄」さくまあきら&桝田 省治 「不思議のダンジョン」中村 光一&長畑 成一郎 「コーエー立志伝」シブサワ・コウとその妻 ※真田丸でも注目のシブサワコウさんです。 「DQ・FF・クロノ・トリガー誕生秘話」鳥嶋和彦 ※アラレちゃんのマシリトです。 どうしても広告的な面が強くなりがちだったゲームメディアですが、歴史的、批評的な面を持ったものになるといいですね。 そのうちゲームを再開したくなるかもしれません。 楽しみです。
何度も何度も考えたい物語。星の王子さまの映画と、日本語版!?
あの星の王子さまの日本版アニメを知っていますか? ビングルでも注目している人いたみたいですが、あの星の王子さまが映画になりました。 3Dアニメなんですけど、フランス製という事で、多分一筋縄ではいかない内容になっているんじゃないかなって気になっています。お話も、星の王子さまのその後の話だというし。 (監督は『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン。たまたまですがこちらも好き) リトルプリンス 星の王子さまと私 http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince/ 日本語版はなんとユーミンが歌をつけるみたいです。 最近は曲まで日本語にするんですよね。せっかく文化を丸ごと味わいたいの、なんだかもったいない気もします。ユーミンは悪くないと思うんですけど。 さてさて「星の王子さま日本語」で調べてたら、 なんと日本版アニメがありました。 冒頭の、サンテグジュペリからのメッセージがたまらないので、ぜひ動画を見てほしいです。声もやたらに渋いです。 https://www.youtube.com/watch?v=CXlpXQEDLBk ムーミンのアニメみたいに色々賛否あったみたいですが(途中で打ち切られてます。。。)これはこれ味わい深いですね。 「ものごとは心でしか見ることができない。大切なことは目には見えない。」もどこかで出てくるのでしょうか。DVDにもなっていますよ。 さてさてさて、 映画です。 現代社会へのいろんな皮肉や批評も含まれているようですが、 久々に星の王子さまの不思議な読後感をこの映画で感じてみたいと思います。 きっと本も読みたくなるのかな~。 星の王子さまの公式サイト http://www.lepetitprince-lefilm.com/ http://www.lepetitprince.co.jp/ フランス語版がきいてみたくなっちゃいました。
無料でできるぞ!ドラゴンクエスト10やろう!はい、やります!(WiiU版は3/31まで無料DL)
スプラトゥーンのおかげ! ドラゴンクエスト10が今、無料でダウンロードできるぞおおおおおい。 Wii U用ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のDL版が3月14日から期間限定で無料に。ゲーム内に「Splatoon」のコラボTシャツが登場予定 http://www.4gamer.net/games/139/G013996/20160304059/ つまり、この15日間中だけドラクエ10が無料でダウンロードできる。もけ! ◆オンラインのドラクエのなぞ なにがなんだかわからないので調べてみたお。 1.オンラインのドラクエってなに。 ネットに繋がないとできないドラクエ10。でも序盤はオフラインでできるらしいぞなも。 2.なんのゲーム機でできるの。 ドラクエ10は色々でできるけど、今はWiiUがいいさ。(Wii、3DS、PC、Androidアプリ) 3.お金かかるの。 ネットに繋いで遊ぶには月額費用がかかる(30日間利用券は1000円) ※最初のログインから20日間の券で遊べるらしい。 だがしかし、無料時間(キッズタイム)がある。 キッズタイム 月~金16:00~18:00、土日13:00~15:00 ! 一日2時間しかできないけれどこまこま遊びます宣言! ※どうやら色々みてるとイケルみたいだぞ ・ドラクエキッズタイムによる規則正しいゲーム生活。 ・ドラゴンクエスト10 キッズタイムだけでクリアーできますか? ・はじめてキッズタイムでプレイしてみました ※よく考えたら平日の16時からは、、、 4.おもしろいの。 わからんよ。お話も全然わかんない。ロトとか出てこないっぽい。結婚とかあるのかな。 わからんけどドラクエさんだぞ。ドラクエ。ナンダッケドラクエドラクエドラクエ。 とにかく、ほぼ無料で国民的ドラクエができるから、やる。 ハマレ!ハイ! Wii U用ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の無料期間は、2016年3月14日10:00から3月31日23:59までなので、DLする人は急いで急いで。 http://www.dqx.jp/
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第5弾】
暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という思いから始まったこの「今でも熱中できる懐かしのゲームシリーズ」、 紹介したいゲームが多すぎて止まらなくなってしまった。 第4弾はこちら 今回紹介するゲームは 武蔵伝 プレイステーション1で発売された3DアクションRPG。メインキャラクターデザインは野村哲也、サブキャラクターデザインは緒方剛志が担当した。 なお、本作には『ファイナルファンタジーVIII』『エアガイツ』『アナザー・マインド』の体験版などが収録されたディスク「SQUARE'S PREVIEW 3」が付属していた。 「でっかいシリーズ始めます」と銘打った『ブレイヴフェンサーシリーズ』第一弾作品であり、2005年に第二弾の『武蔵伝II ブレイドマスター』が発売された。 主人公のムサシは雷光丸とレイガンドという2本の剣を持っていて(レイガンドは冒頭にらせんの塔に取りに行くので初期装備は雷光丸のみ)特徴が異なる。雷光丸はリーチは短いがすばやく振ることができ、連続攻撃に適している。レイガンドは大振りだが、リーチが長く一撃の威力も大きい。 このゲームは当時FFVIII等の人気ゲームの体験版目当てで買った人が多かったため、噂ではクソゲーと言われているこのゲームだが、とんでもない。 武蔵伝1は紛れも無く良ゲーである。 ストーリー ヤクイニック王国は王と女王がバカンスで不在の隙をつかれて、ル・コアール帝国に攻撃されてしまう。そこでヤクイニック王国は、その国の女王に代々受け継がれる「英雄召喚」を行う。「英雄召喚」とは、異世界から勇者を呼び寄せる術のこと。過去にもこの国に危機が訪れたとき、伝説の剣豪・武蔵を呼び寄せ、危機を救ってもらったという。しかし女王不在の今、「英雄召喚」を行えるのは未熟な王女・フィーレ姫だけだった。一抹の不安の中、フィーレ姫により「英雄召喚」の儀が行われた。成功した……かに見えたが、召喚されたのはなんとムサシという小さい子供だった。どうしようもないので、王国の人々はこの子供が英雄であると信じ、この国のことを頼むことにした。一方、この国を危機から救わないと、元の世界に戻れないと聞いたムサシは、協力を承諾する。こうして、ムサシの旅が始まる……。 このゲームの何が楽しいかというとやはりコレクションに一種に近いやりこみ要素であろう。 ストーリー中にゲットできるフィギュアをコレクションしたり、囚われた街の住人を見つけ開放したり、 ストーリーは実はそこまで面白いものではないがこのようなやりこみ要素やアクションの面白さでこのゲームはなりたっている。 正直「武蔵伝2」は個人的にあまり面白くなかったので1をやるのがいいだろう。 例のごとく武蔵伝1はアマゾンで1円で売っているのでオススメである。 http://www.amazon.co.jp/dp/B00006LJR1/ref=cm_sw_r_tw_dp_4xgwwb1BJHN05
展覧会:ヤッターマンからFF、そして…「天野喜孝展 進化するファンタジー」
ヤッターマン、みなしごハッチ、キャシャーンなどのタツノコプロのキャラクターから、ファイナルファンタジーシリーズのデザインまで、イメージする作品は、幅広い世代に愛されている天野喜孝の作品が100点以上紹介される展覧会が開催中だ。 天野喜孝展に100点超、『FF』全シリーズの原画を展示 http://www.cinra.net/news/20160119-amanoyoshitaka 昨年秋のミズマアートギャラリーの「AURUM」では近年のファインアートの展示であったが、今回はゲームやアニメの代表作から、最新のファインアートシリーズ「Candy Girl」まで、幅広く天野作品の過去から未来を楽しめそうだ。 さらに今展覧会では2016年1月10日に急逝したデヴィッド・ボウイを描いた作品を特別に、4点出展しているとのこと。 懐かしいものも最新の作品も、ぜひ原画で楽しんでほしい。 公式サイト http://www.amano-exhibition.jp/ ※インタビューも掲載中 『天野喜孝展 進化するファンタジー』 2016年1月29日(金)~3月8日(火) 会場:東京都 有楽町朝日ギャラリー 時間:11:00~20:00(入場は閉場の30分前まで) 料金:一般1,000円 大学生900円 高校・65歳以上800円 ※中学生以下無料