helmutcotov
1,000+ Views

はつね

西荻でここ知らなきゃ潜りと言われるであろう昭和36年創業の名店。
タンメンが圧倒的な一番人気だけど自分的にはコッチ。シャキシャキのもやしと少し甘みを感じる軽いトロミのついた醤油味のスープが絶妙な「もやしそば」ね。寒い冬なんかは特に最高。
おそらく東京で一番好きなラーメンではないかと。
駅南口を出てすぐの路地を入ったところにある。外観はこんな感じ。
カウンター6席だけの小さなお店なので行列は必須。よって平日、閉店の少し前、15-16時あたりに遅めの昼食として行くのが吉。
なお、今年1月から基本50円ずつ値上げされてます。
■店舗情報
03-3333-8501
11:00-17:00頃(土曜は-16時頃)
日祝月休
■関連情報
*個人ブログ"己【おれ】"
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
自然派ワイン×羊肉!神田のガード下にある絶品中華「味坊」
周りの食通な知り合いが口を揃えて絶賛していた中華屋さん。かなりの人気店で予約をするにも一苦労なほどなんですけど、先日ようやく行くことができました! ここ、写真の通り、一見するとかなーり庶民的な雰囲気のお店。場所は神田駅近くのガード下なんです。 お店一番人気は、なんといっても羊串。ラム肉をクミンなどでスパイシーな味付けて焼かれたものなんですがこれと赤ワインの相性がバツグンで。いままで食べたことのない感動に近い味でしたよ。柔らかくって食べやすくってどんどんいけちゃいます。 その他にも、揚げ芋とパクチーの和えものや、胡瓜と香菜のサラダ、とか一癖あってお酒がどんどん進む味がたくさん。しかもいずれも安い〜 ワインも一本 2500 円という激安価格でいただけます。しかも自然派ワインのなかなかのやつが。 ハマりすぎてあまり教えたくない程いいお店ですが、ぜひワイン好き、パクチー好き、クミン好き、の人には是非行ってほしいお店です。 店内かなり賑やかなのと、メニューも豊富なんでできれば5、6人の団体で行くのがおすすめ。いろんなメニューを楽しめるし、ワインも沢山飲めて思いっきり楽しめること間違いなしです。 ※喫煙可でとにかく狭いので子連れには不向き。ここは大人オンリーで思う存分たのしみましょう〜。 味坊 (食べログ) http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13009143/
“楽記” ワイン好きの中国料理!
久々にお気に入りアドレスが増えて嬉しい! “楽記”は「らっき」と読むみたいだけど、店の入口には“ go go Lucky”とあることだし、気持ちの上ではラッキーと発音しておきたい。中国料理とざっくり称してしまいましたが、香港・台湾の料理だとかどこかに書いてあったな... 中国料理だけれど、いわゆる麻婆豆腐とか餃子ではありません(水餃子はあったかも?失念)。 鴿やアヒルなどの窯焼きをメインに、広東料理なのか香港料理なのか、甘くふくよかなスパイスや脂が舌に楽しい皿の数々。そして相乗効果抜群のワインがいただけるのですよー。 ワインリストが出てくるけど、お願いすればグラスでも相談しながら開けて貰えます。ビールも飲めるし。ちなみに鴿の画像はグロイので見たい方だけフリックしてください。 今回はアヒル、レバー、その他色々いただいたのだけれど、このレバーがお酒が進むにつれ止められなく曲者。実に気に入りました。そしてお肉類に添えられた茹ピーナッツや人参のピクルスの類も八角などが香っていちいち美味しい。あ、豚を漬けて干して蒸して炒めた(順番違うかも)ジャーキーっぽいものも、しょっぱいけど脂の部分が絶妙だったなあ…写真のパクチーサラダはお肉類を美味しくいただくために必須です。 お肉類はボリュームがあるしワインもボトルの方が気軽なので、色々楽しむためにも4人くらいの席がオススメ。キラー通りの奥という場所柄もあり、落ち着いて&気取らず美味しい料理とワインで楽しみたいという時に是非。詳しくはリンク先の記事をどうぞ! 楽記 ヒトサラの記事 東京都渋谷区神宮前3-7-4 平日 18:00~22:00 (L.O.22:00) 土曜 17:00~21:30 (L.O.21:30) 日曜定休・祝日不定休
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。