helmutcotov
2 years ago1,000+ Views
坂本屋
さっきのはつねの「もやしそば」と、こっちの坂本屋の「かつ丼」。
平日の午後2時半すぎ、この2択から昼めしを選べることこそが「西荻が西荻たる」所以なんじゃないかと思う次第。
「豚かつ+玉子+タレ+ごはん」という黄金キャストが揃い、かつ「冷めても旨い」という優等生であるにも関わらず、食べてみて後悔するかつ丼がどれだけ世の中に多いことか。
坂本屋のかつ丼も、一見するとフツーなんです。
でも、このフツーがありそうであまりない。玉子の半熟っぷり、揚げられたカツのサクサク感、タレの濃さの絶妙な案配。食べて「神は細部に宿る」ことを目の当たりにできるそんなかつ丼が西荻にはある。しかも、800円で。
で、個人的には、こんなかつ丼が日本のいたるところで食べられるようになったら、冗談抜きで、今の日本はもっと変わるんじゃないかと思っています。
駅北口を直進して約3分、左側。外観はこんな感じ。
基本はどこにでもありそうな中華系食堂であり、定食にチャーハン、カレーやオムライスもある。でも最近じゃ、殆どの人がかつ丼を頼む。
■店舗情報
03-3399-4207
11:30-15:00/17:00-20:30
日月休
■関連情報
*料理評論家・山本益博”マスヒロ食時記
0 comments
7
Comment
6