ango
2 years ago1,000+ Views
大正8年に建設された近代和風建築・旧安田楠雄邸庭園
谷根千エリアにある旧安田財閥創始者の孫・安田楠雄(くすお)氏の住居だった建物。
書院造の和風住宅。
東京都の名勝として文化財指定を受けているそうです。
書院造とは...wikipediaによると、書斎を兼ねた居間のことを書院といい、書院を建物の中心にした武家住宅の形式のこと。日本の室町時代から近世初頭にかけて成立した住宅の様式でその後の和風住宅は、書院造の強い影響を受けているとのこと。
中には、美しい建築意匠や、当時の冷蔵庫、照明器具なども多く残っているそうです。見てみたい!
古い建物好きとしては、是非とも探訪したい建物のひとつです。
入館時には必ず靴下を着用しないといけないとのこと。
そして、入館できるのは水曜と土曜のみ。ご注意を。
入館料:大人 500円
一般公開日:毎週水・土曜日  10:30~16:00(入館は15:00まで)
0 comments
5
Comment
3