vovov
2 years ago1,000+ Views
勇気を出して…『浮世絵のおんな』
どうしましょう、なぜだかこの画像が大きくって。^^;
こちらの春画の記事を拝見して、そういえばわが家の本棚にそのような本があったようなと探してまいりました。かなり前だったと思うのですが、わが家の住人は二人しかおりませんので、わたしでなければもう一人が買ってきたものです…。
今春画が流行っているようなのですが、たしか当時もそんな話だったように記憶しております。あの有名な蛸の絵と(絵を貼らずにリンクにしておきましょうね^^;)、ほかにもいろいろ紹介されておりますが、艶本という小説のような物語も掲載されているんです。どれも「え」「あらまあ」と思うようなところもあるのですけど、なぜだかこの時代のものはホンワカしているといいましょうか、人間の営みだものと納得させるおおらかさがあるのですね。そこが愛される理由なのかもしれませんね。
今では美術館で見かける、喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、山東京伝と、名だたる絵師の作品が収蔵されておりますよ。^^
0 comments
5
Comment
2