chottoniche
1,000+ Views

アップルvsテイラー・スウィフト騒動は芝居だった!?!?

少し古い記事だが印象に残っていたのでシェアしようと思う。
女王テイラー・スウィフトが「Apple Musicのお試し期間アーティストに支払われないのはおかしい!」的なことを騒いだらその日のうちにAppleのエディ・キュー上級副社長が「払う」とツイートしたこの事件。
テイラー・スウィフトがSpotifyに音楽を載せるということを「音楽の価値が下がる」と批判的にとらえ、彼女の音楽を全て取り下げた直後にこのようなやりとりがあったので世間を騒がせた。

パンドラの共同創業者があれは芝居、やらせだ!と指摘

彼が芝居だと思う根拠をいくつかツイートしている。

「1)SpotifyもYouTubeもPandoraもほかも全部アーティストには無料お試し期間の使用料は払ってる。当たり前だ」

「2)スウィフトがニューアルバムをSpotifyから取り下げたのは、別に払われなかったからではない。無料配信サービスが音楽の価値を損なうと思ったからだ」

「3)とか言いつつ、スウィフトはYouTubeから楽曲は一度も取り下げていない。Spotifyで音楽の価値が損なわれると言うなら、最人気の無料配信サービス(YouTube)だって損なうはずなのに」

「4)スウィフトのキャリアはラジオで何度も流して成り立ってるようなものだが、あれも無料サービスだ。しかもアーティストには1銭も払っていない」

「5)アップルは長い無料お試し期間をやめるとは言っていない。アーティストに払うことにしたと言ってるだけだ。単に他社と同格になっただけ」

「6)アップルは音楽を利用してハード売って何十億ドルも儲けている。アーティストにその分け前はビタ一文ない」

「7)スウィフトの書簡とアップルの回答もどうせ芝居でしょ。アップルが他社よりアーティストの扱いがフェアだとわかることなんて何もない」

Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
80歳のおばあちゃんDJが最高にクール
見た目、存在感、アティチュード、全てが最高なDJが今東京にいる。 彼女の名はSUMIROCK。 80歳のおばあちゃんDJだ。 以下が簡単なプロフィールとなっている。 ”DJ SUMIROCK(80)餃子荘ムロ勤務 座右の銘:過去のことは、建設的なことでなければ持ち出さない 好きな食べ物:ジビエ 嫌いな食べ物:あんこ 得意技:炒め物” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 DJなのに得意技の欄に炒め物を入れているあたりがなかなかニクい。 彼女は一般的なおばあちゃん的なイメージからはるかに逸脱しているかのようにも思えるが、インタビューにて彼女が語る言葉に目を通すと彼女がいかに常識人で、かつ人生を全力で全うしようとしているかが伝わって来る。 ”DJを始めたきっかけは?  うちに住んでいたフランス人の友人に「DJやってみない?」って言われたのが始まり。それまでも彼のイベントに遊びに行ったりしていたから、おもしろそうだなって思いましたね。 今は週1回DJの学校に通って勉強中です。 人生で一番幸せだったこと、辛かったことは?  幸せなこと? 私は能天気だから一人でごはんを食べても楽しい。両親や夫が亡くなった時は悲しかったけど、人が死ぬのは当たり前だから、看取れて良かったなって。人生で一番つらかったことは、戦争中ですね。母の故郷への道中、上野駅の構内に戦災孤児がたくさん寝泊まりをしているのを見た時、本当につらかったです。 NYでDJをしてナイトライフを楽しんでみたいな。 将来の夢は何ですか?  DJをして幸せなことは、みんなから私のかける曲に「やばーい!」っておっしゃって頂けること。夢は、NYの小さいクラブでDJしてみたい。NYは60歳で一人で行ってから大好き。かっこがいいじゃない。でも女一人で行ったので、ナイトライフは知らないの。だからやってみたいです。” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 見た目や年齢からどうしてもイロモノとして捉えられてしまいそうなSUMIROCK。 しかし彼女の言葉や背景にはアーティストが備えているべき重みを感じると同時に、穏やかさや寛容さも感じる。また、こうした戦争を経験した世代の人物が若者のカルチャーに親しみを持ってくれているのは実に喜ばしいことである。(以前記事にした加山雄三がラップに興味を持っている件についても同様の嬉しさを覚える)。 中高年世代が幅広いカルチャーに意欲的である姿を見ると、むしろ閉鎖的で固い偏見に振り回されているのは若い世代なのではないか、というような気さえしてくる。様々な カルチャーが特定の層だけに向けられるのではなく、もっと全体的な対象に向けられれば今後のシーンはより流動性、多角性を増すとともに活性化していけるのではないかと彼女のs存在を見ていて思った。 SUMIROCK、本当にクールである。
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
Emojis Are Not Made The Same
Not all devices are alike. Apple, Android, and Windows, to name a few, are very different operating systems and that key difference also makes for very different variations of emojis. The most popularized Unicode Consortium, or the body that selects which emojis will make their public debut, is the Apple version. They are used in marketing campaigns, commercials, apps, texting, food delivery, etc. However operating systems like iOS, Android, Windows, Blackberry, Samsung, LG, etc. don't always have the same variations of emojis that the general public is accustomed to. This leads to an ultimate dilemma, emojis are basically a language all their own and somehow they are getting lost in digital translation. Thanks to Yahoo tech, a comprised list of varied emojis from device to device: 1. Woman With Bunny Ears You may recognize this emoji normally as the Bunny twins, tap-dancing girls, showgirls, or any of the other various nicknames. However when you transfer over to Android, you'll be in a surprise that the emoji becomes a yellow gumdrop looking face with a brown wig and bunny ears. The dynamic duo is no longer, which probably leads to some confusion at Halloween for Android users who are curious as to when there was an emoji of two Woman With Bunny Ears. 2. Colored Hearts This one is all about design. Apple keeps the hearts very uniform, vibrantly colored, and as basic as can be. For Android, the emojis hold a lot more meaning while also being somewhat cheesy. There is practically no color variation and I don't even know what to think about the fuzzy heart. Emojis are supposed to be playful and I think Android really missed the boat on this one. 3. Watch Obviously iOS looks classier but I am definitely a bigger fan of Android for some reason. I think sometimes less is more and I think it translates well in this instance. After all, a watch is a universal symbol so it's really hard to mess that up between devices. If anything, the emojis from device to device just show a different kind of watch that is solely exclusive to it's own device which seems cool in this example. 4. Eggplant You know exactly what this means if it's sent in iMessage. And you know exactly how hilarious this emoji can be because let's be honest, there is really no everyday use for an eggplant so you might as well spice it up a bit if you know what I'm aiming at. Now as for Android, it's a poor example of an eggplant to begin with but there is no way that it'd ever be used for alternative purposes within messaging. Just no way. 5. Slice of Pizza Okay Android wins on this one. The iOS version looks like a horribly designed emoji that is trying way too hard to be life-like. I appreciate the pic-art look of Android's emoji in this comparison. However, Dominos Pizza is using the iOS emoji in their brand as you can order a pizza now just sending that emoji. After all, that's pretty clever but the pizza emoji could get a generic facelift. 6. Rowboat This is a BIG difference. iOS looks certainly more appropriate and attractive on an interface. The Android immediately signals a date instance which could be totally misconstrued. Also Android needs to keep up with the times as emojis no longer have one option -- with LGBT and racial skin tones being introduced, their emojis need to be updated. Emojis are great because they include everyone and the rowboat needs the same. 7. Glowing Heart Either way, they both accurately depict what you're trying to show. Personally I like the iOS version more however the Android heart isn't horrible. A heart is a heart no matter how you dress it up. Good work to both. 8. Pistol/Gun Windows is the only operating system that doesn't include a gun that looks like iOS. Instead they've opted for a less serious space gun that could easily be more appropriate for Star Trek than anything else. With weapon emojis being taken more and more serious in the media, Windows will have to figure out how to not cause any trouble for its users who may be using their version of the gun emoji playfully while it will be translated into a more serious message. 9. Love Hotel Well to be honest, I've thought the 'H' on iOS stood for hospital and the heart symboled health. Apparently that's the exact opposite of what it meant. Windows does a much better job at representing this but they are both confusing. It wouldn't have killed them to spell out "hotel" on the building, you know. 10. Mobile Phone We get it, you love your own phone. 11. Donut Hmmm these are all very stereotypical of the interface they appear on. To be honest, Windows looks the least like a donut and I personally am not a fan. Android does a pretty good job and iOS is the most life like. I guess this one boils down to pure preference but it should be understood between each device fairly easily. I guess Windows doesn't like chocolate frosting. 12. Alien Monster Well these have very different connotations from the get-go. For iOS, most believe this emoji is a representation of an arcade game that you use with a joystick. For Android, however, it's actually alien monster that looks like an evil version of Pearl from Finding Nemo creepily ready to say "Awww you guys made me ink muhahahahahha!". We have an alien emoji already in iOS, why do we need this one? 13. Tennis Either way, they fit the bill and do a nice job at symbolizing. 10 for 10 on both.
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
画像作成アプリ “Adobe Post” Vingleのコレクションに使えます。
以前Vingleのコレクションに応用できそうなプロ直伝の50のデザインテクニックというカードを書きました。今回はそれを発揮するためのツールをご紹介します。 誰もが知っているAdobeがSNS投稿用に開発したアプリが“Adobe Post”です。説明するよりもダウンロードして色々試せばすぐに使えると思います。僕は先週見てから気になっていたんですが、今日やっと触ることができました。 残念ながら iTunes Store でしかダウンロードできないので、Android携帯ユーザーのみなさんには使えません。すみません。 Adobe Post – Create stunning graphics (iTunes Store) 試しに僕のコレクション「英語の言い回し」のために画像を作ってみました。所要時間は1分程度です。#AdobePostというクレジット代わりのタグがつきますがあまり気にならないと思います。 この画像はすでにある画像と文字の組み合わせを Remix したものですが、Search Free Photos から選んで、または自分の写真などを使って、新しく作ることもできます。その場合も勝手にフォントが選ばれて “Double Tap To Edit Text” と言われるので、素直に従いましょう。フォントが気に入らなければ選びなおせるので、すぐに新しい画像ができます。 まだこれしか作っていませんが、変えられるのは、背景の画像、画像のカラーバリエーション、文字の色や種類、文字の背景、サイズ、レイアウト、だと思います。 文字は、日本語は入力できますが、どの英語フォントを選んでも1種類の同じフォントにしかなりません。この辺はVingleのコレクションの編集機能と同じですね。外国のサービスにとって日本とはそういう存在なのかもしれません。 このような画像をVingleで使う時には一つコツがあります。文字の色を選ぶパレットの中で、一番下にある “Transparent” を選ぶと画像の上に乗る文字を透明にすることができます。コレクションに日本語で名前をつけても、画像の上に日本語が乗らないので画像の作りがいがありますね。 実は僕もさっき見つけたところですが、こういう便利な機能はどこかに書いておいて欲しいと思うのは僕だけでしょうか…。 これを見ればだいたいのイメージはつかめると思います。僕は自分で作るのは仕事モードになってしまうので、できれば人の作った画像をもっと見たいんですが…あまり自作画像を使う人は多くないですね。Vingleでもただの色の四角い画像以外に、個性的な画像が使われると面白いんですが。
ティム・バートンの「ナプキンアート」画集が発売!
http://eiga.com/news/20151030/8/2/2/ http://www.fashion-press.net/news/19892 「シザーハンズ」 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」 「フランケンウィニー」 などを手がけたあの奇才のナプキンアートが発売になる。 常にペンを持ち歩き、インスピレーションやアイディアが浮かんだ時にすぐにナプキンに記録をするというティム・バートン、この画集を見れば彼の脳内を見ているような感覚を得ることであろう。 12/4からヴィレッジヴァンガードにて発売されるので要チェックだ。 【書籍情報】 画集『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』(The Napkin Art of Tim Burton) 発売日:2015年12月4日(金) ※10月30日(金)より、一部店舗およびオンラインストアにて予約受付がスタート 価格:3,000円(税込) 販売店舗:ヴィレッジ・ヴァンガード独占販売(オンライン&店舗) アートワーク:ティム・バートン デザイン:ホリー・ケンフ 編集:ホリー・ケンフ、リア・ガロ サイズ:15.24cm × 15.24cm ページ数:140ページ(2ページの折り込み) <予約受付店舗> ■宮城 仙台ロフト ■東京 立川ルミネ、ブルービート、上野マルイ、新宿マルイアネックス、高円寺、渋谷宇田川、三軒茶屋、高田馬場、町田路面、自由が丘、お茶の水 ■神奈川 横浜ルミネ ■大阪 阪急三番街、アメリカ村 ■京都 京都西院 ■兵庫 三宮 ■広島 広島サンモール、イオンモール広島府中、フジグラン神辺、広島段原SC、イオンモール広島祇園、フジグラン東広島、フジグラン緑井、リム・ふくやま、ゆめタウンみゆき、ゆめタウン大竹、ゆめタウン呉 ■愛知 名古屋中央、刈谷、岡崎、瀬戸、イースト、高蔵寺 ■三重 松阪 ■岡山 イオン津山、イオンモール倉敷 ■鳥取 イオン米子駅前、イオン日吉津、イオン鳥取北、ゆめタウン出雲、イオン松江 ■山口 239おのだサンパーク、ゆめタウン宇部、ゆめタウン南岩国、ゆめシティ下関、イオンタウン防府(ほうふ) ■香川 高松アッシュ、イオン高松、イオン綾川、ゆめタウン高松、ゆめタウン丸亀 ■愛媛 イオンモール新居浜、エミフルMASAKI、パルティフジ衣山、フジグラン重信、フジグラン今治、イオンモール高知、フジグラン高知 ■徳島 フジグラン石井、フジグラン北島、ゆめタウン徳島、徳島クレメントプラザ ■福岡 FREAKS福岡パルコ
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分