Cards you may also be interested in
Appreciation of Wrist Watches Starts from Packaging Boxes
Watch boxes of various brands come in diversified styles and of different materials, and usually designed in tune with the positioning of specific watch brands. Packaging boxes for high-end watches tend to look extraordinarily charming. Here listed are watch boxes from 3 top brands. Which one do you like most? Omega Omega is an internationally renowned luxury watchmaker, founded by Louis Brandt in La Chaux-de-Fonds in 1848. The logo "Ω", the 24th and last letter of the Greek alphabet, symbolizes the beginning and the end of things, similar to the cycle of "the end is the beginning" in Asian philosophy. It interprets “Exact time for life" and represents the extraordinary quality of perfection and excellence. Due to its brand awareness, accurate timekeeping, stylish design and prominent durability, its sales in China have always topped the list. Omega watch boxes are also sought after by many watch lovers nowadays. The watch box as shown above is made of high-grade plain-grain leather with premium flannel lining. No-frills in graphic design, except the gold foil stamped brand name and logo. It’s moisture-proof, abrasion-proof and antibacterial. The whole box looks stylish and elegant. The packaging is fine crafted and stitched, with no unwelcoming thread end. Every detail of the watch packaging boxes design is meticulous, in harmony with its consistent practice of handmade, no-mass-production. Patek Philippe Patek Philippe watch box is made of wooden materials(HDF) for the main structure. Other materials involved are cardboard, card stock, coated paper, leatherette paper, specialty paper, flocking cloth, foam/sponge, blister and silk cloth etc. The meticulous packaging design gives consideration to transportation as well as visual appeal. Patek Philippe watch boxes generally pursue harmonic, fine, and pure colors. This reflects the ability of Patek Philippe designers to subtly control colors and maximize the potential and charms of simple colors. Its pure color design implies a trace of tranquility in the clamor of the bustling life, brings you a refreshing enjoyment of elegance & simplicity. Rolex Rolex is just like the overlord of the watch industry. While her watch design is no doubt exquisite and unique, Rolex won’t slight over the watch boxes, either. This Rolex watch box as shown in the picture uses light green as the theme color, symbolizing the vitality of Rolex watches and the brand. It takes the shape of a golden-ratio rectangle with exquisite workmanship, which make it look very comfortable and artistic. On the upper left of the box front is engraved the famous Rolex watch logo – a crown, which suggests that Rolex watches have a dominant position in the industry. The box of an ordinary watch may only play a role of decoration and protection, but obviously Rolex’s are not. The combination of Rolex watches and the packaging boxes together creates the classic legend since 1905. Rolex watch boxes are cherished by lots of enthusiasts worldwide as well as the watches, por se, and stay with Rolex watches for life.
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
トランプブランドのトランプファミリー香水
ドナルド・トランプ、まじ?って感じの人だけど、隣の娘さんイヴァンカ・トランプが辣腕でしかもルックスがいいから、この人のおかげで人気あるところもあるそうです。 そんなトランプ氏は幅広くビジネスを手がけてるけど、なぜか香水ブランドもやってます。ほかのビジネスと較べたらお遊びみたいな気がするんだけど、出してる香水がいかにもすぎて笑っちゃったので並べてみました。 これは娘さんの名前のまま、IVANKA TRUMP。なんとなくいい匂いしそうだし、「マンハッタンを歩くシックな女性」みたいな形容もされてて、普通に興味あります。 ノートはベルガモット、胡椒、りんご、パイナップル、ジャスミン、ピーチブロッサム、ローズシダーウッド、パチョリ、アンバー、バニラだそうです。個人的にすっごく前に流行ったランコムのトレゾアとか想像しました。 トランプ氏の方も一番最初の香水はDONALD TRUMPって名前そのまんまで出してます。これって日本で言えば堀江貴文って香水があるみたいな感じですよね?ボトルがトランプタワーっぽいのも全部込みで自己主張激しすぎるうー。 二つ目はSUCCESS by TRUMP。成功。わかったってば、って感じて苦笑です。 the spirit of the driven man だそうで、感化されてる人がトランプみたいになるぞーって買うのかもしれないですね。ホリエモンみたいになるぞーって買う人いそうだもん。 三つ目、EMPIRE by TRUMP。帝国!スターウォーズか!みたいな。 本当にそれくらいのこと成し遂げた人らしいことは頭ではわかってるんだけど、だからって本当に付けちゃうんだこの名前、って感じで笑っちゃいました。でもあのキャラだったら全然不思議ではないか。 the perfect accessory for the confident man とか書いてあることもどんどん可笑しく感じてきます。 私もお金持ちに嫁いでたら自分の名前の香水販売したりしたかなー。マドンナもスキンケアブランドやってるし、なんかそういうことしたくなるものなんでしょうか。自分だったらどんな名前にしてるか、想像すると結構盛り上がります。 アメリカどうなっちゃうんだろー。
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)