TakMorrison
1,000+ Views

巨匠タッチになった不思議の国のアリス

不思議の国のアリスの映像が、ピカソやゴッホ、葛飾北斎やジョージア・オキーフのタッチになって動いています。
ただでさえ、ちょっとアシッドな気分になるアリスが、より一層、ヤバく。。。
各アーティスト名は画面左下に出ますよ。
ニュースソース元によると、驚きなのは、これ、ドイツの研究者が開発した人工知能の論文を元にジャスティン・ジョンソンさんという人が作ったコードを利用して、作成された動画だというもの。いやはや、よくわからないが未来を感じる。スゴイ。
2 Comments
Suggested
Recent
@pilot27 さん 確かに、ナイスセンス!
作成方法は理解を超えてますがアリスで作成するところが最高のセンスですね。
Cards you may also be interested in
すべてのリモコンをひとつに+かっこいい『HUIS/ハウス』発売決定
IT化が進んだ今でも現代でも、 自宅についたらまず手に取る事が多いであろう「リモコン」。 いよいよここに手がかかろうとしている。 クラウドファンディング『ファーストフライト』で1000万円を超える出資を集めたスマートリモコン『HUIS/ハウス』がいよいよ発売されるとのこと。 リモコンの再発明とも言われるこのハウスは、テレビ、ライト、エアコン、Blu-rayプレーヤー、あらゆるリモコンをひとつにまとめてしまうという意味ではいわゆる学習リモコンだ(登録はソニー以外も大丈夫だ)。画面のカスタマイズができつつ、電子ペーパーで省電力というもの良い。 なにより良いのは、かっこいい所。 真っ白で、必要なボタンだけを表示させられ、使わないときは立てておけるという。 よく使う道具なのに(手垢で真っ黒になるくらい)、蔑ろにしてきた今までが申し訳なかった。 値段は張るが、家庭のIT化はここから始めてもいい、と感じさせてくれる一品と思う。 HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS-100RC 発売日 2月15日 お届け 3月以降 価格 27,950円(税込) インターフェース:電子ペーパー、赤外線接続 ※Bluetooth接続機能も追加予定 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201602/16-012/ ソニー、多すぎるリモコンをカッコよくまとめる『HUIS』 複数家電の操作もこれ1台、 ソニーが電子ペーパーリモコンを一般発売「HUIS REMOTE CONTROLLER」 Sony、電子ペーパを用いた学習リモコン 「HUIS REMOTE CONTROLLER」の一般販売を開始
AlphaGoとイ・セドルの対決は、4対1でAlphaGoの勝利
もう少し経ってしまうが、記憶に残るものだったので書いておこうかと思う。 囲碁の世界チャンピオンのイ・セドルに、Googleが挑んだこの「Google DeepMind Challenge」。結果は、4対1で人工知能AlphaGoの勝利だった。 このGoogleのAlphaGo(ロンドンのDeepMindが開発したものがもととなっている)と戦ったイ・セドルはこのように語っている。(以下、WIREDより引用) 「過去、自分が本当に囲碁を楽しんでいるのかどうかを疑問に思ったこともあったのですが、今回のAlphaGoとの対局は5戦ともすべて楽しむことができました。AlphaGoとの対局で、わたしは古い考え方に少し疑問をもったような気がします。またこれから学ぶことが増えましたね」 自分より強い相手ができたことはきっと彼に新たな力を与えたみたいだ。 僕がこのチャレンジの中で、イ・セドルが語った言葉で一番心に残っているのは、人工知能に負け、「人類が負けたんじゃない。イ・セドルが負けたんだ」というもの。 なんだ、かっこえ〜と思ってしまった。しかも、その後、イ・セドルが第4戦で人工知能に勝利したのだ。もう、あのときのイ・セドルの笑顔は忘れられない。本当にうれしそうだった。 上の動画は、Game 5 最後の局番 最後の局番、実はAlphaGoは大きなミスをしていた。にもかかわらず、巻き返しをはかり、見事勝利している。学習能力の速さよ、おどろきだ。 人工知能が人間を超越して、支配される世界になっても、「人類が負けたんじゃない」とか、言えたらかっこいいよな〜!いや、もうその場合は負けているかもしれないけど... 人工知能とうまく付き合わないといけない世界はもう来てるんだな〜 ドナルド・トランプの人工知能botといい... ただ、僕は人工知能が作り出す絵が苦手だ。(笑) ただただ、あれだけは本当に苦手だ。
スマホで操作できるBB-8ドロイドがまじで可愛すぎる【スター・ウォーズ】
スター・ウォーズ フォースの覚醒を見ましたか? 私は見ました。ネタバレはしないので安心してください。 BB-88が可愛かったのであれのおもちゃが欲しいな、と思ったらとんでもなく物欲を刺激するものを見つけました。 それがこのスマホで操作できるBB-88です。 こうやってスマホと連動するらしいです。 スマホのパッドをくるくる動かすと走り始める これは可愛いぞ!!! 音声認識もついていて「OK, BB-8」と言えば音声入力できます。 自動パトロールモードも付いているので勝手にそこら辺を走らせることもできます。 BB-8が自律動作しているときは、アプリでで現在速度や移動距離、軌跡などを表示することができるらしいです。 人に当たるとそれは今後は避けるべき「敵」ってことになり、どこでぶつかったか記録してくれるのです。衝突センサーがないので何かにぶつかるってことですがそれを学習し、段々その周辺のマップを書き出し、理解するらしいです。 障害物にぶつかると、バックして別の方向に動いていく様子が動画で見ることができます。 なんとスマホで録画した映像をBB-8がARプロジェクションしてくれます。 これはAR技術を使用しているので実際には見えませんが、スマホ上では見えます。 大切な映像をBBに託し、そのメッセージをを伝えたい相手にBBをあげるという方法もできるかも知れません(確認できていないので推測です) http://www.sphero.jp/bb8-shop/ 値段は 19,800円(税別価格) Amazon等でも販売しております。 http://www.amazon.co.jp/dp/B01427MW3O/ref=cm_sw_r_tw_dp_0Q7Ewb0BCV61M これは絶対に欲しいですな。
タバコのポイ捨てで指名手配!?香港の「Face Of Litter」プロジェクト
結構前に知って、画期的だなーと思っていたこの広告。 広告代理店のogilvy(オグルヴィ)が制作したこのポスター、なんとタバコをポイ捨てた人の顔を映し出し、「指名手配」してしまうのだ。 香港の非営利団体「Hong Kong Cleanup」のために行われたこのプロジェクトは、DNA分析にアメリカの企業Parabon Nanolabs社が協力している。(以下、WIREDから引用) 香港のゴミに付着したDNAは、遺伝子型判定の研究所にもち込まれ、そこで落とし主に関する膨大なデータが作成される。このデータをParabon Nanolabs社の機械学習アルゴリズムによって処理すると、特定の表現型(特徴)をおおざっぱにとらえたスナップ写真がつくられるのだ。 ひょひょひょー、実際に犯罪捜査にも利用される技術だというから、精度はかなり高い。 香港は、街中でポイ捨てされるゴミで悩まされている。政府は、ポイ捨てに約200ドルの罰金を科している。 でも、タバコをポイ捨てしただけで、自分の顔や知り合いの顔が「指名手配」されたら、生きにくいな。笑 それほど、香港はゴミ問題に困っているということだけどね。 罰金制度より効果ありそうなアイデアでおもしろい。
HONDAのアメリカ向けCM “PAPER”
僕は好きですね。ホンダの企業CMです。一つのエンジンにはじまり、来年発売のスポーツカーまで、ホンダの結晶が詰まった壮大な沿革だと思います。シルバーウィーク前にリリースされたようですが、思ったほど日本で話題になっていないようなので紹介してみました。 映像に登場する各プロダクトについてはGigazineのこの記事の説明がわかりやすいです。 ホンダの「のりもの」をストップモーションで振り返るPESの「Honda “Paper”」 僕はホンダの始まりが「自転車用補助エンジン」というものだと知りませんでした。日本語に訳したからこうなっただけで motor cycle のエンジンだと思えばいいのかもしれません。すこし不思議な言葉ですが、おそらくバイクの始まりがホンダだったということですよね。モーターメーカーと考えれば当たり前かもしれませんが、船や飛行機も作っていたのか。蛸はたしかに謎ですが、アメリカということなので悪魔を表現しているのでしょうか? メイキングです。3000枚のイラストを使って4ヶ月かけて作成されたということですが想像を超えるものがありますね。 上の記事のタイトルに「PES」とありますが、PESはストップモーションアーティストです。この中の作品に見覚えがあるかもしれません。僕は二つありました。 The Power of Dreams は聞き慣れていますがあらためていい言葉ですね。素晴らしいです。夢を描きましょう。
村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”
僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。 MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。 ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。 僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。 ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。 12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。 おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。 Bringing The Surreal Characters Of Japanese Author Haruki Murakami To Life