MEKURUshobo
1,000+ Views

男の隠れ家「1泊2日で出かける仏像を巡る旅」2015年11月号

東京国立博物館で開催された「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」が記憶に新しい仏像ブームのアンソロジー。みうらじゅんといとうせいこうが出てこない分、自分自身の目で仏グラビアを楽しんでみよう。
しっかし、いちいち迫力が凄いな。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/
展覧会「一休 ‐ とんち小僧の正体」五島美術館(世田谷)
とんちのひと?変わり物?果たしてその実態は アニメ一休さんおなじみの禅僧は実在の人物である事は割と知られているが、その実態はあまり知られていない。一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、室町時代の実在の僧である、後小松天皇の子と言われている(これもアニメなどで知られている)。 しかしあのトンチ小僧のイメージは後付けらしいという話も。 一休をとりまく肖像画、物語など様々な資料から、一休を手繰ろうという展覧会だ。 乱世を生き抜いた一休の姿は今の時代にこそ魅力に感じる人もいるのでは。 (画像はアニメDVDパッケージ) 五島美術館 展覧会「一休 ‐ とんち小僧の正体」 期間 10/24~12/6 休館 月曜(11/23開館)、11/24 時間 10~17時(入館は16:30まで) 入館料 一般1200円/高・大学生900円/中学生以下無料 住所 東京都世田谷区上野毛3-9-25 アクセス 東急・大井町線(各駅停車)「上野毛(かみのげ)駅」下車徒歩5分 http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html 11/21には公演会も 「とんち小僧一休の正体」岡 雅彦氏(国文学研究資料館名誉教授) 午後2時より(開場・受付は午後1時) 五島美術館別館講堂 アニメの一休さん 懐かしい人は結構大人かな。 http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/ikkyu/
本を見ながらビールが飲めちゃう!「本屋B&B」
B&Bは、Book & Beerの意味。 この本屋さんは、ビールをはじめ、色々なドリンクを約500円で提供しています。 本&ビール...私の好きな物が2つ組み合わさっているなんて素敵〜! ということで、早速行ってみました。 お店は下北沢の南口商店街のちょっと裏のビルの2階にありました。 入ってみると、普通の町の書店並みの広さ。 予想外にお客さんがいる!15人くらいでしょうか。こういう個性的な本屋さんってどこもガラガラなイメージだったので、意外でした。 しかし...夕方に入ったのですが、誰もビールを注文していない〜〜〜〜! 店内をくまなく見渡すと、かろうじて一人だけビールを飲みながら本を見ていた人がいましたが...これは、注文しづらい...。 ビールをあきらめて、店内を探検。 さすが、本のセレクトがツボをついている!「子供はわかってあげない、読んでみたかったんだよな〜」とか「ジョン・アーヴィングの新作がある!」とかブツブツ心で思いながら楽しく棚を眺めました。文学好き、カルチャー&サブカルチャー好きにはワクワクのセレクトかと思います。 一冊買ってみたら、こんな可愛いオリジナルブックカバーをいただけました! 安西水丸さんのイラストだそうです。 というわけで、とても素敵な本屋さんでした。 毎日、イベントもやっているそうです。 次、行ったときは、勇気をだしてビールを注文するぞー! 本屋 B&B