chottoniche
1,000+ Views

現代ジャズの流れを読み解く「Jazz The New Chapter」

 今までジャズ、という言葉からどうしても格式高いものというイメージや、少々難解で古臭いもの、というイメージが付きまとってきた。しかし映画、『セッション』のヒットやケンドリック・ラマーの最新アルバム『To Pimp a Butterfly』に様々なジャズミュージシャンが参加したことなどからもみて容易に取れる通り、今確実にジャズは再び大衆に近づきつつあると言える。
 それを象徴的に表した現場が先日横浜赤レンガ倉庫にて行われたBlue Note Jazz Festival in Japanであったように思える。出演したIncognitoのBlueyことJean-Paul 'Bluey' Maunick がMCで語った通りこれほど異なる人種、年齢層、性別の人々が集うことは層々ない。ジャズを中心に広がる音楽が多層的な世代、人種の間で大きなムーブメントになっているのだ。

「しかし何から聞けばいいのか分からない」

そう思いジャズを聞くことを躊躇う人にうってつけの雑誌がある。
それが

Jazz The New Chapter

(現在同雑誌は3作目まで刊行、同タイトルのコンピレーションアルバムも2作発売されている)
である。
というわけで上記コンピレーションからまずは一曲聞いてもらいたい。

Robert Glasper - Cherish The Day (Live) ft. Lalah Hathaway

 "ジャズをヒップホップやR&B、ソウルなどと融合させた革新的なサウンドにより、世界で最も注目を集めるジャズピアニストの1人とも言われるロバート・グラスパーにスポットをあてるほか、ホセ・ジェイムズ、エスペランサ・スポルディングといったアーティストたちの紹介記事も掲載。また、21世紀以降のジャズを様々なテーマから捉えた計300枚のディスクガイド、「NYライブハウスレポート」「インターネットカルチャーとジャズ」といった切り口による多彩なコラム、インタビューなども掲載されている"
 これがJazz the New Chapterの一作目の説明である。この一作目が非常に好評を博したことから、より現代ジャズの中心人物へのインタビューに力を入れたJazz the New Chapter2、そして現在ではジャズに影響を確実に受けているジャンルのアーティストへの接近を試みたJazz the New Chapter3まで発売されている。
 21世紀のジャズシーンを詳しく解説した本は今の所同作しかないのではないだろうか。恐らく今後も激しく拡張と成長を続けていくジャズシーンについていくためにも、是非ともapple musicなどの音楽ストリーミングサービスを使い、同作に登場するアーティストの楽曲を聞きながら手にとって読んで頂きたい雑誌である。

Robert Glasperとは?

wikipediaより引用
ロバート・グラスパー(Robert Glasper、1978年4月5日 - )はアメリカ合衆国 ヒューストン出身のアメリカ人のジャズピアニスト、レコーディングプロデューサー。2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム『Black Radio』で獲得している。
3 Comments
Suggested
Recent
ロバートグラスパー素敵ですよね〜この間のグラスパーの来日のレビューも書かせて頂きましたので是非! https://www.vingle.net/posts/1104019
お!SADEのカバー。イイ曲ですよね。ロバート・グラスパー、初めて知りましたが、素敵ですね〜。
そちらも読ませていただきました!今のジャズシーンの中心人物なんですね。 だいぶ先ですが、今度出版される菊地成孔さんの書籍のタイトルが「ロバート・グラスパーをきっかけに考える、“今ジャズ"の構造分析と批評(への批評)とディスクガイド(仮)」です。
Cards you may also be interested in
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
Kurt Cobainのドキュメンタリー映画、 日本での上映決定【Nirvana】
http://skream.jp/news/2015/09/kurt_cobain_soaked-in-bleach.phpより引用 "1994年に他界したNIRVANAのフロントマン、Kurt Cobain(Vo/Gt)の死の真相に迫ったドキュメンタリー映画" Soaked In Bleach"が、日本で公開されることが決定した。 同映画は、"ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~"という邦題で12月12日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映予定。Kurtの元妻Courtney Loveの私立探偵だったTom Grantの仮説に基づき、死の核心に迫るドキュメンタリー映画となっている。" ▼映画情報 "ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~" 原題:Soaked In Bleach 公開日:2015年12月12日(土)~上映予定 東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか  先日記事に上げたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝記映画だけでなく、Sly Stone(スライ・ストーン)の記録映画やJames Brown(ジェームス・ブラウン)の伝記映画である『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』など著名なスターの生い立ちや生き様にフォーカスした音楽映画が数多く公開された2015年であったが、ついにカート・コバーンの往年の謎である死因に迫ったドキュメンタリー映画が日本国内で公開されることとなった。  Nirvanaファンのみならずとも、ロックファンとしては是非とも一度見ておきたい作品だ。 Soaked in Bleach Official Trailer (英語版) 『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』予告編 こちらも今年公開されたカート・コバーンのドキュメンタリー映画。こちらはよりカート・コバーンの人物像に迫った作品となっている。 同じ年に二つもの映像作品が公開されていることからも、カート・コバーンという存在が未だに多くの人々に強いインスピレーションを与えていることが窺える。
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
赤い公園の最新アルバム『純情ランドセル』が素晴らしい。その1
赤い公園の最新アルバム『純情ランドセル』が3/23に発売された。 何度かアルバムを通して聞き込んでいる最中ではあるが、今回のアルバムも実に申し分ない仕上がりとなっていることから是非このアルバムを多くの人に聞いてほしいと願うと共に、赤い公園の魅力を語っていきたいと思う。 (正直かなり有名になってきたバンドではあるので今更ちょっとニッチで紹介するのもどうかと言う気がしないでもないがこれまでメジャーで出してきたアルバム二枚ともオリコン27位という何とも言えない感じであったので紹介していきたい所存である。) メジャーデビュー作として『公園デビュー』、二枚目として『猛烈リトミック』をリリースしてきた彼女達だが、このバンドを深く知るには何と言ってもデビュー前の音源にも少なからず耳を傾ける必要性があるように感じる。 ガールズバンドを画一化して捉えることはあまりよろしくないことはもちろんではあるが、なかなかどうしてガールズバンドと言えば見た目を売りにしていることやバンドである必然性が感じられないような楽曲を演奏する人々も多く、いかんせん 「ガールズバンド」というフィルター を通して評価が下されてしまいがちであることもまた事実だ。 しかし上に貼った動画を見ていただければ彼女達が如何に既存のガールズバンド像からかけ離れた存在であるかが明瞭に理解していただけるはずだ。 ミニマルでダークな音像から始まり、突如そこに切り込むファズベース、サビのなんとも言えない幻想的で浮遊感のある世界観と最後にそれを不協和音で破壊する大胆さ。 そして何と言ってもこうした様々な要素を曲に詰め込み、成立させつつポップさも醸し出してきたギタリスト、津野米咲の手腕の見事さ。これらが絡み合った上で初期の赤い公園というバンドは高い評価を受けていたように思われる。 とはいえ上記の赤い公園らしさ、に彼女達が一切規定されることなく前進していることもまた彼女達の魅力の一つだ。 例えばメジャーデビューアルバムのリード曲である上の動画の楽曲『今更』では見事にサビで突き抜けるようにキャッチーなボーカル、コーラスワークが見られるが、それと同時にフックのあるリズムやかなり破壊力のあるギターソロ、アウトロなど決して単なる「J−Pop/ rock」的な楽曲には収まることのない楽曲を作り上げている。 だが彼女達の躍進はここに止まることはなかった。 メジャー二枚目のアルバムにて彼女達が迎えた大きな変化が赤い公園というバンドの存在感と評価をより高尚に、かつ硬度のあるものへと変異せしめたように感じるのだ。 長くなるので次のカードへ続く。PT.2はこちら
My Best of 2015: January
The year is winding down and coming to an end. There has been a ton of amazing songs since January and I have decided to list all of my top favorites since the beginning of the year. Starting with the month of January...... January has brought a lot of amazing songs to me as well as new artists. And I have to give a shout out to my two most precious and favorite vocalists G.Soul and ELO. Starting off this list with my Top 3 from January are:.... #1 변명 (Excuses) G.Soul's debut song may have been "You" but my heart was stolen my "변명 (Excuses)" and "한번만더 (Once More)" These songs make me think this oppa had access to privilege information from my last relationship (which coincidentally just ended the year before ㅠ.ㅠ) and knew what I was feeling and what I was hoping would happen. Jihyun oppa totally put me in check and helped me realize that even if we started over nothing would get better and nothing would change. The that is the reason "Excuses" and "Once More" are in my Top 2 respectably. #2 한번만더 (Once More) #3 Your Love Rounding out my Top 3 is ELO's "Your Love" featuring The Quiett. 'I love this song', is a complete and utter understatement for how I feel about this song. This song is my anthem. This song is my life. This song is basically my every thing. I listened to this song on repeat for 3 whole months without listening to any other song or artist (on my iPod only that is). It didn't matter what new song came out or what new song I bought or if I loved any other artists.....this was the song and it still is. To be honest, the only reason this song isn't still sitting on repeat is because I realized it was the only song I knew (after 3months of it being on repeat) and when I tried to thing of any other song that came out at that time I was falling a bit short in my kpop game. But honestly this song really spoke to my heart when it was released. And The Quiett just adds to the songs unique flavor. Ya'll do remember that I am in love with The Quiett right??? #4. Coach Me Coach Me by San E and Hyorin featuring JooHeon from MonstaX. This was definitely a way to start off the new year. I absolutely loved this song and thought it to just my speed seeing how I love songs that make you wanna do some kinda dance to it. #5 비 슷해 (Day By Day) by High4 This song was like a motivator for. Even though I had G.Soul to tell I shouldn't go back to that relationship like I was still lost on what todo with myself. But fortunately there was Day By Day and it let me know that even though I felt like dying sometimes that I could move past the hurt and the pain. Therefore the boys of High4 are my personal pick me up crew with this song #6 혼잣말 (Missing You) Zia and HeartB Ughhhhhhhhh Like what do I even say for this song. The song alone pulled at my heart strings and the mv (which I so craftily placed here as well) nearly killed me. It was like watching a mini mellow drama with all the intense action happening at once and hoping everyone or someone will have a happy ending. But let's take a moment to bask in the amazingness of the beautiful voices of the songstress Zia and the lovely boys from HeartB. Even from the instrumentals I felt my heart breaking and tears welling up even before the chorus came.... There was definitely no reminiscing of past relationships listening to this song. It was just me and mini mv drama tearing away at heart strings with the enticingly sad instrumentals and crafted mellow voices that gave me some highs and lows from beginning to end. #7 화 (Fire) Mad Clown featuring Jinsil This is my fighting song right here. I am totally ready to go to war with this song. And can I just take a moment to confess how much I love Hani's acting in this mv. She pulls off the crazy girlfriend so well that I am half surprised she hasn't really tried acting yet. But I know she has her plate full with all the variety shows she appears on. #8 & #9 거꾸로 문 담배 & 술취했어 Cigarette & Liquor Coming in at numbers 8 & 9 are Untouchable with both the Smoke and Drunken versions of their single Cigarette & Liquor. Oh how do I even count the ways that I love these guys? How do I confess that I love these songs. Both versions are amazing to me and I can't get enough of either. The "Smoke" version is all mellow and stuff and just leaves me floating on a cloud of my imagination. It keeps me calm and at peace and I just love it. The "Drunken" version is another type all together....not really though. The instrumentals are different and the lyrics are about an ex. And even though I didn't fully understand what was said with words, I understood with my heart. The message totally got through to me #10 Oh Coming in at #10 is Dawg'loo with "Oh" First question, Who the heck are these guys? Second question, Whose heard of them before? Third question, Who else is getting a Blackstreet and Boys to Men vibe from them? Fourth and most important question, How did they get their name???? Honestly though I love this song. It is a soulful R&B song that gives me the feels. Warm bubbly feels and I just love their voices. I know these men are old but they still sound delicious. And even for a newly formed group, these men seem to work well together......I hope it lasts for a long time or for how ever long they see fit. #11 올해의 남자 (Man Of The Year) HanHae and D.meanor This song came to me just as the month was ending and told me I love you and will only look at you so please only look at me and I told the song okay. And that is how we became an item. Even though I had "Your Love" there was someone else telling me I needed better that I needed to move on and that I could have everything I ever wanted from them. I know it sounds kinda strange for me to be in a relationship with the song but this is as close as I can get to the artist right now so...... But doesn't D.meanor sound a lot like another sweet like honey R&B artist that has been stealing hearts everywhere with his voice? #12 Dangerous "Don't stop me now" Okay I won't "Girl be mine" Okay I will "Just please once" You didn't really need to ask though That is how I responded to this song. I was completely absorbed in this song. Actually every time I listen I am absorbed in the song. Who else was getting a 90's Usher vibe from the mv?? As for the song mv I so stealthily included......Yes it is the acoustic version that came out a couple of months later and it sounds absolutely beautiful. If the original version is to fast-paced for you but you really like the lyrics, there is a more mellow version waiting just for you in the acoustic version. #13 밥한번 (Not Enough) Coming in at number 13 is another heart jerker. 6 to 8 opens up the year with "Not Enough" and it truly tears my heart apart. I don't even know what to say because I have been in a relationship like this where I was being considerate of the guy (except he only ever bought me meals and nothing else but who's complaining). #14 목소리 Your Voice by Noel Wow these guys have such beautiful voices. I mean seriously they know how to break hearts until you get to know the crazy Kang Kyun Sung then your image of these four sweet men is slightly ruined...... #15 김정환 (My Love) I swear Eddy stole my heart with this song. It is such a sweet song and #16 Been A Long Time #17 Nightmare These are my babies!!!! Done Deal! I don't care if they disbanded or anything. I will forever be a proud noona to these two young souls that brings recognition to old skool american hip hop and pay tribute to the great rappers of the 80's and 90's. Even the tracks they use and the outfits they wear are totally my style. And I must confess that "Nightmare" is my absolute favorite from them. #18 돌려놔 (Turn Me Back) #19 Smart Love As you can see I spent most of January falling for ballads and R&B and soul songs. My heart ached for them seeing as how I was leaving a relationship myself. Of course the occasional hip hop and rap came out but mostly ballads. So what do you guys think of my January list? What were some of your favorite songs from January and what song couldn't you live without (like my You Love by ELO)? Tagging everyone I know (tag others too) @PassTheSuga @poojas @aabxo @thePinkPrincess @MattK95 @jiggzy19 @LiNaHyun @B1A4BTS5ever @kpopandkimchi @nokita @sherrysahar @CarolPantoja @hyunsaeng638 @VeronicaArtino @AimeeH @LizaNightshade @destiny1419 @KwonOfAKind @CreeTheOtaku @KatelynSummerso @geminiangel94 @JeziCrypt @monicacerroblan @ILikeHisFace123 @nnatalieg @aleciaLOVES @DetkaN @britneyamanda @4m4n41op3z @Nikkitty @Lizzeh @amobigbang @Zelda27896 @RobertMarsh @DestinyGLove @clandrea170 @katiems @shelbyhusband @StephanieDuong @BluBear07 @Gabbyxy34 @LateashaChantae @AmbieB @KassyGuz96 @rainizzyw @NadiaDarlington @Ticasensei @tannyo @LornaLu @KimJigum @Roxy1903 @Kamiamon @krin @sarahdarwish @Ermo97 @amooon13eg @ChelseaJay @LJoonie @veeyang5 @bezpredelka @Jinki5 @KarelyCanedo @imoniwang @thePinkPrincess @Sanjani09 @CurrySoop