chottoniche
1,000+ Views

現代ジャズの流れを読み解く「Jazz The New Chapter」

 今までジャズ、という言葉からどうしても格式高いものというイメージや、少々難解で古臭いもの、というイメージが付きまとってきた。しかし映画、『セッション』のヒットやケンドリック・ラマーの最新アルバム『To Pimp a Butterfly』に様々なジャズミュージシャンが参加したことなどからもみて容易に取れる通り、今確実にジャズは再び大衆に近づきつつあると言える。
 それを象徴的に表した現場が先日横浜赤レンガ倉庫にて行われたBlue Note Jazz Festival in Japanであったように思える。出演したIncognitoのBlueyことJean-Paul 'Bluey' Maunick がMCで語った通りこれほど異なる人種、年齢層、性別の人々が集うことは層々ない。ジャズを中心に広がる音楽が多層的な世代、人種の間で大きなムーブメントになっているのだ。

「しかし何から聞けばいいのか分からない」

そう思いジャズを聞くことを躊躇う人にうってつけの雑誌がある。
それが

Jazz The New Chapter

(現在同雑誌は3作目まで刊行、同タイトルのコンピレーションアルバムも2作発売されている)
である。
というわけで上記コンピレーションからまずは一曲聞いてもらいたい。

Robert Glasper - Cherish The Day (Live) ft. Lalah Hathaway

 "ジャズをヒップホップやR&B、ソウルなどと融合させた革新的なサウンドにより、世界で最も注目を集めるジャズピアニストの1人とも言われるロバート・グラスパーにスポットをあてるほか、ホセ・ジェイムズ、エスペランサ・スポルディングといったアーティストたちの紹介記事も掲載。また、21世紀以降のジャズを様々なテーマから捉えた計300枚のディスクガイド、「NYライブハウスレポート」「インターネットカルチャーとジャズ」といった切り口による多彩なコラム、インタビューなども掲載されている"
 これがJazz the New Chapterの一作目の説明である。この一作目が非常に好評を博したことから、より現代ジャズの中心人物へのインタビューに力を入れたJazz the New Chapter2、そして現在ではジャズに影響を確実に受けているジャンルのアーティストへの接近を試みたJazz the New Chapter3まで発売されている。
 21世紀のジャズシーンを詳しく解説した本は今の所同作しかないのではないだろうか。恐らく今後も激しく拡張と成長を続けていくジャズシーンについていくためにも、是非ともapple musicなどの音楽ストリーミングサービスを使い、同作に登場するアーティストの楽曲を聞きながら手にとって読んで頂きたい雑誌である。

Robert Glasperとは?

wikipediaより引用
ロバート・グラスパー(Robert Glasper、1978年4月5日 - )はアメリカ合衆国 ヒューストン出身のアメリカ人のジャズピアニスト、レコーディングプロデューサー。2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム『Black Radio』で獲得している。
3 Comments
Suggested
Recent
ロバートグラスパー素敵ですよね〜この間のグラスパーの来日のレビューも書かせて頂きましたので是非! https://www.vingle.net/posts/1104019
お!SADEのカバー。イイ曲ですよね。ロバート・グラスパー、初めて知りましたが、素敵ですね〜。
そちらも読ませていただきました!今のジャズシーンの中心人物なんですね。 だいぶ先ですが、今度出版される菊地成孔さんの書籍のタイトルが「ロバート・グラスパーをきっかけに考える、“今ジャズ"の構造分析と批評(への批評)とディスクガイド(仮)」です。
Cards you may also be interested in
My Best of 2015: January
The year is winding down and coming to an end. There has been a ton of amazing songs since January and I have decided to list all of my top favorites since the beginning of the year. Starting with the month of January...... January has brought a lot of amazing songs to me as well as new artists. And I have to give a shout out to my two most precious and favorite vocalists G.Soul and ELO. Starting off this list with my Top 3 from January are:.... #1 변명 (Excuses) G.Soul's debut song may have been "You" but my heart was stolen my "변명 (Excuses)" and "한번만더 (Once More)" These songs make me think this oppa had access to privilege information from my last relationship (which coincidentally just ended the year before ㅠ.ㅠ) and knew what I was feeling and what I was hoping would happen. Jihyun oppa totally put me in check and helped me realize that even if we started over nothing would get better and nothing would change. The that is the reason "Excuses" and "Once More" are in my Top 2 respectably. #2 한번만더 (Once More) #3 Your Love Rounding out my Top 3 is ELO's "Your Love" featuring The Quiett. 'I love this song', is a complete and utter understatement for how I feel about this song. This song is my anthem. This song is my life. This song is basically my every thing. I listened to this song on repeat for 3 whole months without listening to any other song or artist (on my iPod only that is). It didn't matter what new song came out or what new song I bought or if I loved any other artists.....this was the song and it still is. To be honest, the only reason this song isn't still sitting on repeat is because I realized it was the only song I knew (after 3months of it being on repeat) and when I tried to thing of any other song that came out at that time I was falling a bit short in my kpop game. But honestly this song really spoke to my heart when it was released. And The Quiett just adds to the songs unique flavor. Ya'll do remember that I am in love with The Quiett right??? #4. Coach Me Coach Me by San E and Hyorin featuring JooHeon from MonstaX. This was definitely a way to start off the new year. I absolutely loved this song and thought it to just my speed seeing how I love songs that make you wanna do some kinda dance to it. #5 비 슷해 (Day By Day) by High4 This song was like a motivator for. Even though I had G.Soul to tell I shouldn't go back to that relationship like I was still lost on what todo with myself. But fortunately there was Day By Day and it let me know that even though I felt like dying sometimes that I could move past the hurt and the pain. Therefore the boys of High4 are my personal pick me up crew with this song #6 혼잣말 (Missing You) Zia and HeartB Ughhhhhhhhh Like what do I even say for this song. The song alone pulled at my heart strings and the mv (which I so craftily placed here as well) nearly killed me. It was like watching a mini mellow drama with all the intense action happening at once and hoping everyone or someone will have a happy ending. But let's take a moment to bask in the amazingness of the beautiful voices of the songstress Zia and the lovely boys from HeartB. Even from the instrumentals I felt my heart breaking and tears welling up even before the chorus came.... There was definitely no reminiscing of past relationships listening to this song. It was just me and mini mv drama tearing away at heart strings with the enticingly sad instrumentals and crafted mellow voices that gave me some highs and lows from beginning to end. #7 화 (Fire) Mad Clown featuring Jinsil This is my fighting song right here. I am totally ready to go to war with this song. And can I just take a moment to confess how much I love Hani's acting in this mv. She pulls off the crazy girlfriend so well that I am half surprised she hasn't really tried acting yet. But I know she has her plate full with all the variety shows she appears on. #8 & #9 거꾸로 문 담배 & 술취했어 Cigarette & Liquor Coming in at numbers 8 & 9 are Untouchable with both the Smoke and Drunken versions of their single Cigarette & Liquor. Oh how do I even count the ways that I love these guys? How do I confess that I love these songs. Both versions are amazing to me and I can't get enough of either. The "Smoke" version is all mellow and stuff and just leaves me floating on a cloud of my imagination. It keeps me calm and at peace and I just love it. The "Drunken" version is another type all together....not really though. The instrumentals are different and the lyrics are about an ex. And even though I didn't fully understand what was said with words, I understood with my heart. The message totally got through to me #10 Oh Coming in at #10 is Dawg'loo with "Oh" First question, Who the heck are these guys? Second question, Whose heard of them before? Third question, Who else is getting a Blackstreet and Boys to Men vibe from them? Fourth and most important question, How did they get their name???? Honestly though I love this song. It is a soulful R&B song that gives me the feels. Warm bubbly feels and I just love their voices. I know these men are old but they still sound delicious. And even for a newly formed group, these men seem to work well together......I hope it lasts for a long time or for how ever long they see fit. #11 올해의 남자 (Man Of The Year) HanHae and D.meanor This song came to me just as the month was ending and told me I love you and will only look at you so please only look at me and I told the song okay. And that is how we became an item. Even though I had "Your Love" there was someone else telling me I needed better that I needed to move on and that I could have everything I ever wanted from them. I know it sounds kinda strange for me to be in a relationship with the song but this is as close as I can get to the artist right now so...... But doesn't D.meanor sound a lot like another sweet like honey R&B artist that has been stealing hearts everywhere with his voice? #12 Dangerous "Don't stop me now" Okay I won't "Girl be mine" Okay I will "Just please once" You didn't really need to ask though That is how I responded to this song. I was completely absorbed in this song. Actually every time I listen I am absorbed in the song. Who else was getting a 90's Usher vibe from the mv?? As for the song mv I so stealthily included......Yes it is the acoustic version that came out a couple of months later and it sounds absolutely beautiful. If the original version is to fast-paced for you but you really like the lyrics, there is a more mellow version waiting just for you in the acoustic version. #13 밥한번 (Not Enough) Coming in at number 13 is another heart jerker. 6 to 8 opens up the year with "Not Enough" and it truly tears my heart apart. I don't even know what to say because I have been in a relationship like this where I was being considerate of the guy (except he only ever bought me meals and nothing else but who's complaining). #14 목소리 Your Voice by Noel Wow these guys have such beautiful voices. I mean seriously they know how to break hearts until you get to know the crazy Kang Kyun Sung then your image of these four sweet men is slightly ruined...... #15 김정환 (My Love) I swear Eddy stole my heart with this song. It is such a sweet song and #16 Been A Long Time #17 Nightmare These are my babies!!!! Done Deal! I don't care if they disbanded or anything. I will forever be a proud noona to these two young souls that brings recognition to old skool american hip hop and pay tribute to the great rappers of the 80's and 90's. Even the tracks they use and the outfits they wear are totally my style. And I must confess that "Nightmare" is my absolute favorite from them. #18 돌려놔 (Turn Me Back) #19 Smart Love As you can see I spent most of January falling for ballads and R&B and soul songs. My heart ached for them seeing as how I was leaving a relationship myself. Of course the occasional hip hop and rap came out but mostly ballads. So what do you guys think of my January list? What were some of your favorite songs from January and what song couldn't you live without (like my You Love by ELO)? Tagging everyone I know (tag others too) @PassTheSuga @poojas @aabxo @thePinkPrincess @MattK95 @jiggzy19 @LiNaHyun @B1A4BTS5ever @kpopandkimchi @nokita @sherrysahar @CarolPantoja @hyunsaeng638 @VeronicaArtino @AimeeH @LizaNightshade @destiny1419 @KwonOfAKind @CreeTheOtaku @KatelynSummerso @geminiangel94 @JeziCrypt @monicacerroblan @ILikeHisFace123 @nnatalieg @aleciaLOVES @DetkaN @britneyamanda @4m4n41op3z @Nikkitty @Lizzeh @amobigbang @Zelda27896 @RobertMarsh @DestinyGLove @clandrea170 @katiems @shelbyhusband @StephanieDuong @BluBear07 @Gabbyxy34 @LateashaChantae @AmbieB @KassyGuz96 @rainizzyw @NadiaDarlington @Ticasensei @tannyo @LornaLu @KimJigum @Roxy1903 @Kamiamon @krin @sarahdarwish @Ermo97 @amooon13eg @ChelseaJay @LJoonie @veeyang5 @bezpredelka @Jinki5 @KarelyCanedo @imoniwang @thePinkPrincess @Sanjani09 @CurrySoop
18歳未満は見れません「SHUNGA 春画展」
やたらにニュースになっているからか、入場規制になっているという東京に生まれた秘宝館こと春画展。これはみるべきだな。 東京都 江戸川橋 永青文庫 http://www.eiseibunko.com/shunga/ 料金 当日1500円 住所 東京都文京区目白台1-1-1 時間:10:00~18:00 18禁の『春画展』が9月開催、大英博物館のコレクション含む120点が集結 http://www.cinra.net/news/20150522-shungaten 2013年にはイギリス・ロンドンの大英博物館で大規模な展覧会『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』が開催され、話題を呼んだ。 18禁春画展エロくて女子も喜ぶ理由 ポルノとは全然違うのよhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/345/345237/ とはいえ大英博物館も最初は不安があり、開館以来初めて16歳未満の入場を禁止した。が、いざ開けてみると大好評。ガーディアンのような一流紙はこぞって事実上の最高点となる四ツ星の評価を出し、入場者は3ヵ月で8万8000人を超えたという。「面白いのは『日本人がこんなにも性に対しておおらかな人たちだったとは思わなかった』という声がアンケートに上がってきたこと。彼らの“まじめすぎる”日本人像がすごくプラスのイメージに変わったんです」 フタをあけてみれば、拍子抜けするほどの大成功。調査では大英博物館側にとって意外な結果もわかった。女性ウケがよかったのだ。「入場者の55%が女性だった。そのうえ95%が“満足”、96%が“期待以上だった”と答えているんですね」 頬染めて秋を過ごそうぜ。 いまさらwikiがおもしろい https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%94%BB
松岡修造、いきものがかりに痛烈な一言
いきものがかりの『ありがとう』。 多くの方も知っているであろうこの(J-Popシーン的に言えば)名曲の歌詞に会心の一撃を加えた男がいる。 その男の名は松岡修造。 彼は一体何と言ったのだろうか。まずは『ありがとう』を聞いてみよう。 この曲のサビの歌詞。一度聞けば頭に残るこのフレーズに対して松岡が一言物申したそうだがそのエピソードを紹介したい。 ”15日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、いきものがかりが、松岡修造に叱られた過去を明かした。 いきものがかりは、今年でデビュー10周年を迎えており、この日はヒット曲の「ありがとう」と「じょいふる」のSPメドレーを披露することとなった。曲前のトークコーナーで、タモリは「『ありがとう』の思い出はありますか?」と、曲にまつわるエピソードを尋ねた。 すると、作詞作曲を手掛けた水野良樹は「ある番組で松岡修造さんに、『“ありがとうと伝えたくて”じゃなくて、伝えろよ』と怒られたことがあって」と明かしたのだ。曲ではサビの部分に「“ありがとう”って伝えたくて あなたを見つめるけど」というフレーズが使われている。” http://news.livedoor.com/article/detail/11421148/ より引用 納得の一言だ。 こんなクヨクヨしてる話を歌詞として聞かされる方もたまったもんではない。 今後いきものがかりの綺麗事をツラツラと述べたような歌詞がこの一言を機に変わることを祈るばかりだ。
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
Kurt Cobainのドキュメンタリー映画、 日本での上映決定【Nirvana】
http://skream.jp/news/2015/09/kurt_cobain_soaked-in-bleach.phpより引用 "1994年に他界したNIRVANAのフロントマン、Kurt Cobain(Vo/Gt)の死の真相に迫ったドキュメンタリー映画" Soaked In Bleach"が、日本で公開されることが決定した。 同映画は、"ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~"という邦題で12月12日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映予定。Kurtの元妻Courtney Loveの私立探偵だったTom Grantの仮説に基づき、死の核心に迫るドキュメンタリー映画となっている。" ▼映画情報 "ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~" 原題:Soaked In Bleach 公開日:2015年12月12日(土)~上映予定 東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか  先日記事に上げたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝記映画だけでなく、Sly Stone(スライ・ストーン)の記録映画やJames Brown(ジェームス・ブラウン)の伝記映画である『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』など著名なスターの生い立ちや生き様にフォーカスした音楽映画が数多く公開された2015年であったが、ついにカート・コバーンの往年の謎である死因に迫ったドキュメンタリー映画が日本国内で公開されることとなった。  Nirvanaファンのみならずとも、ロックファンとしては是非とも一度見ておきたい作品だ。 Soaked in Bleach Official Trailer (英語版) 『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』予告編 こちらも今年公開されたカート・コバーンのドキュメンタリー映画。こちらはよりカート・コバーンの人物像に迫った作品となっている。 同じ年に二つもの映像作品が公開されていることからも、カート・コバーンという存在が未だに多くの人々に強いインスピレーションを与えていることが窺える。
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
ゲスの極みの川谷は置いといて休日課長はいいやつそう
休日課長。 なかなかファニーな名前である。個人的にはゲスの極み乙女というどこか腹立たしいバンド名を彼休日課長という名前の愛嬌で緩和している気すらする。 2016年早々ゲスの極み乙女のフロントマンの方がベッキーと云々事件が巻き起こりなかなか問題となっているがそんなことはどうだっていい。元からそんなことをしでかしそうなバンド名だ。そんなことは放っておこう。 今回私が個人的に取り上げたいのはフロントマンの下賎な行いについてでもなく、ドラムが若干(というかなかなか)かわいいことでもなく、 ベースの休日課長はマジでいい奴そうだし普通にベース上手いということなのだ。 なかなかに小気味のいいナイスな演奏である。緩急を生かした奏法、スラップ奏法、コード感を上手くついた奏法などベースが抑えているべきポイントを見事にクリアしつつ若手バンドマン(若手と言っていいのかは微妙なきもする)屈指の技術で楽曲に昇華している。 ええやないか! 個人の趣味としてはこの声がかなり苦手なので好んで彼らの楽曲を聴くことはないが演奏だけは聞いていられそうだ。 当初はサラリーマンと並行してバンド活動をしていた休日課長。 自身のツイッターでは連日食べ物についてのツイートをするなど見事にファットなおっさんっぷりを演出している。アカウント名 @eninaranaiotoko もなかなかにクールだ。 今回の騒動で彼らは若干窮地に追い込まれるような気もするが休日課長だけはどうにか社会が守ってあげてほしいものだ。
【動画】マイルス・デイヴィスとタモリの対談が面白すぎる
熱心なジャズ愛好家であるのみならずトランペッターとしても知られるタモリ。そんな彼が憧れるマイルス・デイヴィスと対談した際の動画が実に面白いため紹介したい。 簡単にこの動画の内容を説明すると ・いつになく緊張するタモリ ・何か熱心に書き続けるマイルス ・突然ジョークを飛ばしてくるマイルス ・ジョークを真に受けるタモリ といった具合だがこの動画の面白さは文章では伝わりにくいのでまずは見て欲しい。 マイルス・デイヴィスという男の自由さをこれでもかというほど感じた上で爆笑できるはずだ。 ちなみにマイルス・デイヴィスに興味を持たれた方はtwitterにあるmiles davis botも見てみるといいかもしれない。 ・オレは、自分がした事を後悔するってことは、まず、ない・・・・・・たまにあるけどな。 ・あいつらは俺の頭をタムタム代わりにしやがった ・オレは、時たまコカインを鼻で吸う以外、きれいさっぱりヤクと切れていた などといった彼の自由なスピリットとユーモアのセンスが存分に発揮されたツイートを見ているうちに彼の音楽にも自然と興味が湧いてくるだろう。 マイルス・デイヴィスとは? Wikipediaより引用 マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III, 1926年5月26日 - 1991年9月28日)は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られている。日本には彼を「ジャズの帝王」[1][2][3]、「モダン・ジャズの帝王」[4][5]と呼ぶファンや評論家も多い。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。