vovov
1,000+ Views

SUPERSTAR と STAN SMITH adidasはどちらを買うべきでしょうか?(; ;)

心の悪魔は「両方」と言っていますが家族の目もありますので…^^;
白ベーススニーカー物色その2でございます。こちらのお写真は以前どなたかも投稿されていましたHYKEさんとのコラボバージョンのスーパースターのようです。レザーにスネークエンボスが入っていますし、ヒールのタブのところ、adidasのロゴが入っていないのですね!そしてその分踝低いのでスポーツシューズの男っぽさが減っていますよね。素敵…でもきっと入手なんて無理そうですので普通のバージョンで…
詳しくないのでわからないのですが、スーパースターにも色々あるらしく、こちらは 80's ヴィンテージという復刻モデルでしょうか?(復刻が多すぎてわからないのです〜)
私はこのベロ部分は金色ではなく白い方がいいのですが、普通のネイビーか以前雑誌で見た金色っぽいラインが比較的黒っぽい冬のお洋服に映えそうな気がしております。ほかにもラインがスネーク柄やエイ革のものもあるそうなのです。
ベースの白も何種類か見たことがありますし、つま先のところがメッシュっぽいマテリアルのものも見かけたことがあるのですけど、コラボ商品で頑張ってらっしゃるせいでしょうか、種類が多すぎて本当に全部見た中からベストな一足を選ぶのは至難の技でございます…(; ;)
こちらのスタンスミスも、本当にこの夏は大勢の方が履いてらっしゃるのをお見かけしました!特にみなさん圧倒的にグリーンが多かったように思いますので、私は少し天邪鬼を発揮してネイビーしようかしらと思っております。ほかにつま先とヒールパッチにゴールドとシルバーのレザーを貼ったものをみたことがありまして、あちらもモードな方がお履きになったらきっと素敵でしょうね〜。私には上級すぎますので生まれ変わったら挑戦したいアイテムでございます。^^;
こちらのスタンスミスも、ホワイトレザーの部分がエンボスになっているものなどバリエーションが多そうですよね。探し始めると止まらなくなってしまうので一番一般的に売られているものにしようとは思ってるのですけど。
選び始めるとスニーカーって難しいのですね〜。みなさまアドバイスいただけたら助かります!
4 Comments
Suggested
Recent
@AIMIsan さん、やはりそこに落ち着きそうです^^
@kecotteさん、入手されたらレポートお待ちしてます〜
私は、スタンスミスのほうがいいです〜!よりシンプルで使いやすいと思うので!私もこの中だったら、ネイビーがいいですね!
これ私もすごく悩んでました、訳がわからなくて(笑) HYKEのやつ、素敵…
Cards you may also be interested in
Admiralのスニーカーをご存知ですか?
最近白いスニーカーの方がとても目立ちませんか? 私の周りのおしゃれな方はみなさんスニーカーを、それも白を秋になってから履き始められて、それが素敵なんです〜 (*^^*) 以前は大人の女性の靴として白いスニーカーってモデルさんくらいしか堂々と履けなかった気がしますけど、今なら私も履けるはずと思い物色物色の毎日でございます。 その候補の一つがAdmiralというイギリスのもの。スタートが英国海軍の制服なので水兵さんのお洋服についていそうなマークがブランドロゴなのだそうです。私はミツカンみたいだと思ったのですけど…^^; 私の候補は LEICESTER(レスター)というモデルです。甲が薄そうで大人っぽく見えそうに思いません? 私の足は本当は甲高なのですが、足の形が少しでも大人っぽく見えるようにシルエットはよく見て選ぶようにしております。カラーリングも色の分量が多くなくて、シンプルさを保ったままでアクセントが入っているところが素敵だなーと思っているんです。 ビームスの方のインタビューがありました。もしかしたら女性よりもメンズの方でメジャーなブランドなのでしょうか?由来から想像するとそうかもしれませんね…でもサイズがあれば女性が履いてもいいですよね!^^ アドミラルを履くべき理由 Admiral
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
축구와 패션의 접점 ‘세레모니’ 에디토리얼
국내 첫 동계 올림픽인 평창 동계올림픽부터 2018 러시아 월드컵, 제18회 자카르타-팔렘방 아시안게임까지. 올해는 다른 어느 해보다도 굵직한 스포츠 이벤트가 많은 해였다. 기억의 테이프를 되감아 가장 뜨거웠던 그때 그 순간으로 돌아가보자. 가슴이 벅차오르는 역사적인 장면으로 기억될 두 번의 짜릿한 승리. 온 국민을 가슴 졸이게 만든 러시아 월드컵 독일전과 역대급 드라마를 펼친 아시안게임 우승이 아직도 머릿속에 선명히 기억된다. 이는 한동안 주춤했던 ‘축구 열풍’에 불씨를 지피는 결정적인 계기가 되며, 2013년 브라질과의 평가전 이후 무려 5년 만에 A매치 경기 전석 매진이라는 쾌거를 이루기도 했다. 국내 첫 동계 올림픽인 평창 동계올림픽부터 2018 러시아 월드컵, 제18회 자카르타-팔렘방 아시안게임까지. 올해는 다른 어느 해보다도 굵직한 스포츠 이벤트가 많은 해였다. 기억의 테이프를 되감아 가장 뜨거웠던 그때 그 순간으로 돌아가보자. 가슴이 벅차오르는 역사적인 장면으로 기억될 두 번의 짜릿한 승리. 온 국민을 가슴 졸이게 만든 러시아 월드컵 독일전과 역대급 드라마를 펼친 아시안게임 우승이 아직도 머릿속에 선명히 기억된다. 이는 한동안 주춤했던 ‘축구 열풍’에 불씨를 지피는 결정적인 계기가 되며, 2013년 브라질과의 평가전 이후 무려 5년 만에 A매치 경기 전석 매진이라는 쾌거를 이루기도 했다. 거세게 분 ‘축구 열풍’은 국내 패션에서도 영향을 끼치며 큰 두각을 나타냈다. 그 대표적인 예로니벨크랙(NIVELCRACK)과 같은 축구 문화를 기반으로 한 로컬 브랜드가 굳게 입지를 다지기도 했으며, 모델 김찬이 전개하는챈스 챈스(CHANCE CHANCE)는 첫 런웨이를 축구 여행에서 보고 느낀 기억들을 재해석한 컬렉션으로 장식해 대중들의 이목을 사로잡기도 했다. “축구는 스포츠 그 이상의 의미가 있다. 스포츠웨어에 대한 영감은 패션에서 나온다.” – 버질 아블로(하입비스트 인터뷰 中) 사실 이 같은 움직임은 최근 몇년전부터 해외에서 꾸준히 올라오고 있었다. 고샤 루브친스키(Gosha Rubchinskiy), 버질 아블로(Virgil Abloh), 킴 존스(Kim Jones) 등 내로라하는 하이엔드 디자이너들은 이미 축구 문화를 아우르는 컬렉션을 다루며 ‘축구 패션’이라는 하나의 장르를 선도하고 있다는 점이 그 증거. 그 영향 때문인지 최근 파리, 밀라노, 뉴욕 패션 위크에서는 축구 스카프와 레플리카 유니폼을 활용한 스트릿 패션이 유독 눈에 띄기도 했다.  더 이상 떼레야 뗄 수 없는 사이가 되어버린 축구와 패션. <아이즈매거진>이 이를 조명하기 위해 비주얼 디렉터 겸 포토그래퍼 조기석(@chogiseok)과 함께 에디토리얼을 제작했다. 타이틀은 ‘세레모니(CEREMONY)’. 환희의 순간을 만끽하는 축구 선수들에서 영감 받아, 그 모습을 디자인으로 승화시키고자 했다. 모델들이 착용한 옷들은 아디다스(adidas)가 후원하는 해외 구단의 홈 & 어웨이 저지를 다양한 아티스트들과 직접 해체해 리디자인했다. 축구와 패션 사이에 얽힌 연결 고리, 아래의 화보를 통해 생생하게 느껴보자. CREATIVE DIRECTOR / PARK JINPYO AE / LEE SIYEON EDITOR / LEE GEONHEE PHOTOGRAPHER / CHO GISEOK HAIR / PARK KYUBIN MAKE-UP / OH SEONGSEOK STYLIST / KIM HYUNJI REFORM DESIGNER / LEE BYUNGYOON 더 자세한 내용은 <아이즈매거진> 링크에서