toriko
2 years ago1,000+ Views
村上隆14年ぶりの大規模個展は「五百羅漢図」
10月31日(土)から森美術館で村上隆展が始まります。
展覧会タイトルは「村上隆の五百羅漢図展」。
日本での大規模個展はなんと14年ぶりだそうです。
村上隆さんって現代アーティストの中では飛び抜けて露出が多いので、意外です。
今回、日本初公開となる「五百羅漢図」は、全長100メートル!絵画世界史上最大級の作品だとか。
五百羅漢とは、釈迦の教えを広めた500人の直弟子のことだそうです。
村上隆さんといえば、肥大化した日本のオタクカルチャーを換骨奪胎した作品のイメージが強いのですが、東日本大震災を受けて、制作したというこちらの作品からは、新たなステージに移った印象を受けます。
見るのにも相当なエネルギーが必要そうな作品だなぁ、と楽しみでもあり、ちょっとドキドキする感じもあり。
2 comments
村上隆は私もあのイメージが強すぎて興味ありませんでしたが、写真からでも受けるこの圧倒感は是非生で見たいですね。これはすごい。
2 years ago·Reply
@kecotte さん すごいですよね。完成までに約200人の人が関わったそうです...!
2 years ago·Reply
6
2
5