chottoniche
1,000+ Views

ブラウザの右上でYouTubeを再生し続けることができる【Side Player】


仕事しているけど、YouTubeだって同時に見たい時ありますよね!?!?

マルチタスクに自信があり、仕事やネットブラウジングをしながらYouTube動画をみたいって方、結構多いですよね?
それかYouTube動画の文字起こしやレビューを書く作業をしている方も多いでしょう。

そんなあなたに「Side Player」!

Side PlayerはGoogle Chromeの拡張機能で右上にずっとYoutube動画が表示されます。
サイズも変えれて、タブを変えても動画が消えないのでもうずっとYouTubeを見ていることができます。
これがあればおもいっきり仕事をサボれますね...(?)
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
NYで公衆電話がwifiスポットに?充電も、電話だってできるLinkNYCプロジェクト
面白いプロジェクトがNYCで着々と進んでいるようです。 その名もLinkNYCと呼ばれ、これから12年間で市内の7,500カ所で公衆電話を充電OK、電話OKのwifiスポットにしていくプロジェクトのようだ。(すべてが既存の公衆電話をグレードアップしたものではない) 東京にあったら絶対に重宝されるであろうwifiスポット。その利便性やいかに。 以下がそのwifiスポットの概要だ。 (ギズモードより引用) 高さ9.5フィート(約2.9m)のLinkNYCスタンドには、たとえ500人のユーザーが一斉に接続しても十分な帯域を確保するという、1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっていますよ。おまけにスタンド下部には、USBケーブルで各種モバイル機器を無料で充電できる設備まで整っていますね。 冬になると、ケータイのバッテリーも消耗するのがはやいし、出先でバッテリーがないなんて致命的。まじで本当に致命的。充電できるスタバを探したり、トイレの個室でコンセントがあれば頑張って差し込んだり・・・いや、きっとみんな経験があるはずだ。これは、救世主になる。 総工費は見込み2億ドル。 どっからそのお金を賄うのか?と疑問に思うだろう・・・それは、 広告だ!このwifiスポットとなるスタンドに広告スクリーンを出し、設置から維持までの資金を得る。 これぞサスティナブル!このスタンドへの接触は多いだろうし、出したい企業も多いだろう。おまけに人が長く居座らないように椅子などは作らないという。あえて居心地のいい空間にはしない。デザイン面でも学べそうだな。 公式ページ:http://www.link.nyc/ 他の記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/111801948/?rt=nocnt
圏外になれちゃう電波遮断ケース「Yondr」って知ってる?
以前から、通信可能地域が増えるほど、どんどん圏外である空間が貴重になってくるという話があるけど、この「Yondr」はスマホをこのポケットに入れるだけで電波を遮断しちゃうらしい!能動的に「圏外」を作れちゃうんです。こういう「圏外」つくれる村や装置に興味があったので、ちょっとときめく。w 公式サイト:http://overyondr.com/ 公式サイトは英語だし、あまり詳細が書いていないので、Yondrに関する他の記事も見つけてみた。 今のところの用途は、コンサートとかコメディショー、演劇とかを見に行った時に観客にスマホを入れてもらって演目に集中してもらうこと。このYondrを採用したコンサートなどでは、上の図のようにスマホを使えないゾーンと使えるゾーンを分けている。 (左側が使えないゾーン、右側が使えるゾーン。) コンサート参加者は、左側の使えないゾーンに入ると一切スマホを使えなくなるが、必要であれば右側のゾーンに出てスマホをオンラインにすることもできる。 実際にこのYondrを使用したコンサートもサンフランシスコでいくつかあるようで、今後の展開が楽しみ!!圏外になる不安に慣れてしまっている現代人がどうなるのか、ちょっと見たい気がするw 参考記事: http://www.geekwire.com/2015/meet-yondr-the-company-that-wants-you-to-put-your-phone-away-and-enjoy-the-show/
Google出身者が立ち上げた2.5億ドル規模のフラワーデリバリーサービス「A Better Florist」
このサービス、元Google社員のSteven Feinerが考案したもので、東南アジアでフラワーを90分で届けるというシンプルなサービス。 これがこんなに稼げるのか?フラワーデリバリーのニーズがそこまであるのか?という疑問も浮かぶが、今までのところ、商売はうまくいっているようだ。 東南アジアだけでも、2.5億ドル規模がのぞめるこのマーケット。実は、世界規模でみれば、60億ドルの価値があるという!(ちょっと、驚き。) このサービス、今のところ、WEBだけでモバイルアプリを作ることは考えていないという。 このA Better Floristの他のデリバリーサービスと異なるところは、農園から直接を花を運んでいるところ。そうすることで、花の保ちが通常より2倍が長く続くという。そして、なんと送料無料! 他にも、最近投資を受けたフラワーデリバリースタートアップがある。(以下、 VentureBeatより引用) The Bouqs (U.S.) — $6 million Series A in June 2014. Urban Stems (U.S.) — $1.5 million seed in February 2015. Bloom & Wild (U.K.) — $3.9 million Series A in July 2015. Bloomon (Netherlands) — $4 million Series A in Sept 2015 RoseOnly (China) — $10 million Series A at a $100 million valuation in November 2014. こんなにこの界隈が賑わっているのか!!! 日本でもあるけど、こんなに洗練されたサービスはないよな。青山フラワーマーケットは、個人的に良さそうには見える笑。趣味の問題かもだけど。 イーフローラ http://kuchiran.jp/life/flower.html 花キューピッド http://www.i879.com/ 青山フラワーマーケット http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/ 詳細は、VentureBeatに掲載されているので、興味がある方はチェックしてみては!
バンクーバー、NY、渋谷の3都市で行なわれている<傘のシェアサービス比較>
急に降ってきた雨・・・そんな時、毎回と言っていいほど、傘を持っていない私ですが、このサービス「UmbraCity」は画期的! なんと、48時間以内にKioskに返せば、FREEで借りることができるのです! 登録方法は、KioskでUmbraCityのアカウントを作って、指定のKioskにて借りるだけ。 このサービスは、ブリティッシュコロンビア大学がパートナーとして動いてるようですよ。 ということで、そのサービスをしているKioskも大学近辺というか、学内のよう・・・。 このサービス、もっと流行ってもいいと思うなーと個人的に思う、今日この頃。 画像:https://instagram.com/umbracity_vancouver/ 実は、NYにも似たようなサービス「’brellaBox(ブレラボックス)」(有料)があるようです。以下、ISUKAから引用。 ニューヨーク市内500カ所の店などに、傘のレンタルステーションの設置が予定されており、ユーザーは専用アプリを通じて近辺に設置されている「ブレラボックス」を探し、傘をレンタルまたは購入することができる。 12時間で2.5ドルで、別のステーションに返してもOKだということだが、12時間だと私の場合、返すの忘れそうw 実は、日本にも傘シェアリングサービスがあるようです。ご存知の方もいそうですが! 名前は、「シブカサ」!渋谷駅近辺を中心に借りれるようです。 傘は、この「シブカサ」連携店のアパレル、カフェに置いてあるそうですよ。 「シブカサ」のしくみはこんな感じ。いらなくなった傘をおしゃれにデザインして、また使ってもらおうという、エコでなんとも心意気のいいサービス! 連携カフェやアパレルは、ここのページで探せますよ。無料なので、ぜひ! http://shibukasa.com/shop/index.html 「シェア」サービスって、ここ最近ずっと賑わっているけど、「もったいない」精神が根付いている日本人には案外相性のいいサービスかも。
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。