munaoki
2 years ago1,000+ Views
マイ・インターン批評(ネタバレあり)
以前、こちらの記事でも紹介したロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイがダブル主演を務めるマイ・インターン。本日が公開日ということで早速観に行ってきましたので、ここにその感想をつらつら書いていきたいと思います。タイトルにもあるようにネタバレありです。観ていない方は自己責任でお願いします! ----------------------------------------------以下ネタバレあり 結論から言うと、あまり面白くなかったですね。Filmarksでの平均は4点を超えていますが、理解に苦しみます。121分という上映時間が冗長に感じてしまう作品でした。なんせストーリーが薄っぺらい。 序盤から何というか、「洒落てるでしょ?」とか「爽やかでしょ?」と言っているのが聞こえてきそうなくらい、明るい色とか明るい音楽を使った描写が多くて、まあそういう作品は基本的に嫌いではないというかむしろタイプなんだけど、今作に限ってはその辺にわざとらしさというかあざとさみたいなものを感じてしまったなあ。何が原因なのかはまだ少しわからないのがまた悔しい。 演出が自然ではないんですよね、どこか不自然。最初の導入部分でITに目をつけるとこからして、もうこれは都合良すぎるんですよ。チラシを見て、なんてね。まずベンチャーがチラシを出すなんて宣伝の仕方が既に怪しい。大体200人規模のベンチャーでCSR考えるなんて早くないか、とか色々文句言いたくなります。 まあでもやっぱり主演2人の演技は本当に素晴らしかったですね。デ・ニーロはこういう小洒落たおじいさんやらせたら右に出るものはいないし。「ハンカチは女に貸すために持ち歩く」なんて名言も吐いていたしね。マッサージされるシーンもいいし。 アン・ハサウェイは可愛すぎて腹が立つレベルだった。あまりに可愛い。どんな表情をしていても可愛いのがこの人のすごいところ。彼女のファンならまず観ないといけませんね。 結局、経営権を取るのか、夫婦間の関係修復をとるのか、という悩みを抱えた女CEOがシニアインターンと共に働くことで何かを得ていくという話なんだけど、こういう影響を受けたからこの決断をした、というところが全く見えないんですよね。ラストの「次からはハンカチを持っていて」のセリフくらいからしか伝わってこない。この関係性の薄さがストーリーの薄さに繋がってますね。 あとユーモア狙いすぎのシーンが結構あります。メールを削除するため家に忍び込む件なんて結構うんざりしました。空回りしていましたね。もういっそ、丸ごと削ってくれて短くした方がよかったかも。 まあでもラストシーンはよかったですね。上品さがありました。主役2人の演技も間違いないですし、まあ観る価値はあるのかなあ、と。ただ、個人的には期待値高かっただけに残念でした。
3 Like
1 Share
0 comments
3
Comment
1