pilot27
2 years ago1,000+ Views
なまえのないえのぐ
コクヨデザインアワード2012年の作品が商品化されました。デザイナーは今井祐介、茂木彩海の二人です。 「なまえのないえのぐ」は色の名前がついていない絵の具です。僕らには見慣れたCMYの円の大きさが色を表現しています。ちなみにKはなくて、CMYが1:1:1のチューブがあります。子供がこれで中身を記憶すると減法混色の概念が伝わりやすくなるかもしれません。 クレヨンや絵の具の色でよく問題視されたのは「肌色」ですが、「空色」「桃色」などように何かに例えた色の名前はすべて名前をつけた瞬間から間違った色名と言えますね。名前をつけることをやめるという解決方法はたしかに一つの手ではあるなと思いました。面白いです。 「なまえのないえのぐ」は10色入りが数量限定販売されるそうですが詳しくはコクヨのページを見てください。商品化レポートなどもあります。 この商品の発想のよさは十分理解しているうえで僕の独り言を言うと、僕は「ビリジアン」や「カーマイン」という意味の分からない音の響きに説明出来ない魅力を感じたタイプなので、本音を言うとやや寂しい気はしています。
コクヨデザインアワードは結果発表後に小さなイベントをすることがあり、僕も見に行きました。最終審査や表彰式とは別のイベントだったと思います。 作品の展示と審査員のトークセッションを見ることができました。規模は小さいですがこんな商品が世の中に出る前にインスピレーションを受けにいくことができるので機会があればまた行きたいと思っています。
0 comments
3
Comment
1