rivedroite
1,000+ Views

Bird On The Wire : バード・オン・ザ・ワイヤー

看板が可愛い!外観すべてピンクの雑貨屋さんです。このお店は買うよりも見にいくために押さえておこうかなと思ってます。特に日本で手に入るものは多そうなのでわざわざ買ってしまわないように注意したいところです。
この感じはまるで一人蚤の市。。世界中のものが集まっているのにパリっぽいってどういうことだろうとセンスの勉強になりそうですよね。日本にもあるといえばあるかもしれないけどなにかが違う気がします。
ここで気になるのが猫グッズです。お店の通販で見ていたらやたらめったら猫が多い〜。メイドインパリではなさそうだけど、日本でも見たことがないこの感じが◎。値段はこのお店にしては高いほうでこのペンダントは49ユーロだから6000円を超えます!!


Bird On The Wire : バード・オン・ザ・ワイヤー(パリ店)

2, rue de Lesdiguières - Paris IVe(Metro Bastille, Sortie Bld Henri IV)
月曜〜土曜 12:00〜19:00
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
太ると知っててもたまに食べたくなるボルディエのバター(唐辛子編)
フレンチや乳製品好きは比較的自宅にも置いている発酵バター。最近は日本のメーカーでも作られるし、それがあっさりめで美味しかったりするので以前ほど輸入ものを買わなくなりましたが、たまーに食べると本場おフランスのも相変わらず美味しい。ものによってはやっぱり格段に濃厚だったりしますし。 発酵バターといえばエシレが代表的でしたが、最近手に入りやすくなってきたうちの一つがボルディエ。しかもプレーンな有塩・無塩以外にフレーバーが出てるので(邪道呼ばわりもされますが)つい試したくなってしまい…今回は初めてピメントを買ってみました。 容器とバターのサイズが合ってませんが…石鹸みたいに見えますね… ピメントはバスク地方のエスプレット産唐辛子を練り込んだタイプだそうです。主体がバターなので多少唐辛子が混ざったところでそこまで辛くありません。パスタを和えると磯の香りを抜いた明太子パスタの味がするというのが私的に一番的確な例えです。(笑) これはバゲットよりも料理に乗せるのがあってます! パンと合わせるならサンドの具によりけりですが、温野菜とかローストポテトにひとかけ乗せるとか(タジン料理に合いそう)、スープ料理の途中でひとかけ落として味の変化を楽しむとか、暑いからまだやってないけどインスタントラーメンに落としても美味しい気がします。卵料理もまあ間違いないかな。 発酵バターって加熱しすぎるとかなりの匂いになるので、あくまでもソースを作るかチョイ足しで楽しまれるのが良いかと思います! 輸入時期や方法で値段が上下しますが、1500円付近を行ったり来たり。楽天でもAmazonでもあったりなかったりですが、最近パン屋さんで置いてるところもたまにあります。贅沢なお値段なのでたまーのお楽しみですが、一応冷凍してチビチビ楽しめるので気になる方は探してみてください〜。
コーヒー屋のオススメするコーヒー。COUTUME JAPON@青山・骨董通り
わーい!おしゃれなカフェを見つけました。最近書いた、古本のあるカフェ「Moon Factory Coffee」@三軒茶屋のような、しっとりとした隠れ家的な渋いカフェも好きですが、COUTUME JAPONのような爽やかでオープンな雰囲気のカフェも好きです。 ここは、友達に教えてもらいました。(友達の知り合いのコーヒー屋さんがオススメしていたそう)NYから上陸した「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」から徒歩2分くらいのところにあります! (写真は、注文したコーヒー。説明書きがついてきて、豆へのこだわりが垣間見える…!) 実は、このCOUTUME、フランス・パリ発祥のカフェなんです。 1号店は、パリ7区にあるそうです!スタートさせたのは、オーストラリア出身のトムとフランス出身のアントワンというお二方。 日本での1号店となったこの青山店。 価格帯もコーヒー一杯500円前後で、敷居は高くありません。パンにもこだわっていて、パリから2012年に上陸した「GONTRAN CHERRIER TOKYO」のパンを使用しています! パリのお店はこんな感じらしいです。ちょっと青山店の雰囲気に似てますね!(行ってみたいな〜!!) ぜひ、近くを訪れたときは足をはこんでみてください^^ 私的には、ガラス張りのお店なので、光が差し込む朝がおすすめです! COUTUME 青山店 東京都港区南青山5-8-10 03-6418-5325 7:30~21:30 不定休
カルバドスの種類が豊富なBAR LARGO
カルバドスの話をしてる方がいたので、カルバドスを飲むならここという店をご紹介しよう。僕も相当昔に何度か訪れただけなので情報が古いと申し訳ないが、しかし食べログにも載ってるからまずは書いてみるのであります。 BAR LARGOはカルバドスの品揃えがすこぶるよい店だ。100種類以上と書いてあるところもあるが、僕は実際の数は知らない。フランスで生まれるのが400種類程度らしいから、100種類あるというのは相当なものなんじゃないだろうか。ちなみにカルバドスの主産地はノルマンディ上陸作戦のノルマンディね。 渋谷店と新橋店があり、本店は渋谷店でぼくもこちらしか行ったことがない。決して入りやすそうな店には見えないが、たいていのバーがそうであるように、入ってしまえばなんとかなるもんだよ。 オーダーについては、カルバドス自体が日本でメジャーな酒ではないから、相手にゆだねればよいと思う。勇気を出してマスターに「カルバドス飲みに来ました。種類や違いはまだわかりません。自分の酒量はこれくらい。何種類か選んでほしい。」と伝えれば、あとはまったりとカルバドス体験ができるはずなのであります。 どうしても前情報がほしい人は、この人の話を読むといいんじゃないかな。上はLARGOの話が書いてあるし、下はLARGOの店長が案内してるよ。 カルヴァドスを楽しむBar 夜も、りんご BAR LARGO 渋谷店(食べログ) BAR LARGO 新橋店(食べログ)
Le Café Kousmichoff Champs Elysée:カフェクスミコフ
テロに負けず憧れのパリを目指します! だいぶん前にクスミティーの自動販売機の話を書きましたが、クスミティーのショップにも行きたいと思ってます。それも断然カフェ併設のシャンゼリゼ店に行かないと。見てくださいこのインテリア!(注)クスミショフかコスミコフか自信ないです。 ショップ2階のカフェは写真によって雰囲気が違って、その秘密はグラスが置いてある棚のライトにあるみたいです。赤と青のライトのところが紫やオレンジになったりしてパッケージと同じカラフルさ!どうしてこんなにお洒落なのかー。 同じお部屋のはずだけど、こんなロシアっぽい雰囲気の席もあるみたいです。どの席も同じカジュアルな家具なのに色が違うだけですごく素敵になってますよね。うちの部屋にもこのインテリアセンスを取り入れたいけど全然近づけないんですよね。 1階のショップはオレンジの壁紙で、ペンダントライトも黒から白にチェンジ。オレンジでこんなにいろんな色がまとまるって考えた事もありませんでした。オレンジと白ってすごく素敵です! あとスツールがあるところ気になりますよね。テイスティングバーとかあったりしちゃうのかな。はー。 季節限定かもしれないけど店の前にはテラスカフェもあるそうなんです。丸いライトに灯りがついたらいかにもパリ!って雰囲気になるだろうな〜。ここで自分がお茶したりシャンパン飲んだりできるとか思うと見てるだけで興奮してきます! テラスで食事した日本人の人のブログがあって、カフェなのに食事もできるみたいです。値段の感じを調べたら、お茶6ユーロ、ケーキ15ユーロ、カクテル17ユーロくらいで食べた人がいました。お茶とケーキで3000円弱ということはお肉高そうだ。いくら貯めても足りないですよね。 (JCBに値段とメニューと優待の日本語情報がありました。高い〜でも行きたい〜) Le Café Kousmichoff Champs Elysée:カフェクスミコフ 71 avenue des Champs Elysées 75008 Paris, France 平日 8:00〜23:00 土日祝 10:00〜23:00 Boutique Kusmi Tea Champs Elysees