unagi
2 years ago500+ Views
好きな落語家さんが亡くなったら。橘家円蔵さん死去
寄席は好き、と言えるけど落語が好きというのは、気恥ずかしく、好きな落語家はなんてそれこそ偉そうな気持ちがして言えません。 そんな私が好きだったとしれっと言えるのが、春風亭柳昇と、そして橘家円蔵でした。 なんていうか落語家としてとかそういうのではなく、他の笑いの世界と比べて面白いという。そういう人なのです。 円蔵というか円鏡として、有名なのが 談志・円鏡歌謡合戦。 これも普通に、楽しい音源です。 伝統の人とかでなく、笑わせてもらっていた人が亡くなる。 感覚の一部が消えるような気持ちというと大袈裟かもしれません。 ありがとう、橘家円蔵。
4 Like
2 Share
0 comments
4
Comment
2