chottoniche
2 years ago1,000+ Views

熱心なジャズ愛好家であるのみならずトランペッターとしても知られるタモリ。そんな彼が憧れるマイルス・デイヴィスと対談した際の動画が実に面白いため紹介したい。

簡単にこの動画の内容を説明すると
・いつになく緊張するタモリ
・何か熱心に書き続けるマイルス
・突然ジョークを飛ばしてくるマイルス
・ジョークを真に受けるタモリ
といった具合だがこの動画の面白さは文章では伝わりにくいのでまずは見て欲しい。
マイルス・デイヴィスという男の自由さをこれでもかというほど感じた上で爆笑できるはずだ。
ちなみにマイルス・デイヴィスに興味を持たれた方はtwitterにあるmiles davis botも見てみるといいかもしれない。
・オレは、自分がした事を後悔するってことは、まず、ない・・・・・・たまにあるけどな。
・あいつらは俺の頭をタムタム代わりにしやがった
・オレは、時たまコカインを鼻で吸う以外、きれいさっぱりヤクと切れていた
などといった彼の自由なスピリットとユーモアのセンスが存分に発揮されたツイートを見ているうちに彼の音楽にも自然と興味が湧いてくるだろう。

マイルス・デイヴィスとは?

Wikipediaより引用
マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III, 1926年5月26日 - 1991年9月28日)は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られている。日本には彼を「ジャズの帝王」[1][2][3]、「モダン・ジャズの帝王」[4][5]と呼ぶファンや評論家も多い。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。
0 comments
5
Comment
1