Gochi
1,000+ Views

アイウェアセレクトショップ「ポーカーフェイス」が創業25周年で「オリバーピープルズ」などとコラボフレーム発売

センスが良い。という言葉が合うこのフレームたち。上の写真は、ポーカーフェイスと「オリバーピープルズ」のコラボフレームだ。WWD JAPANによると・・・
第1弾として、「オリバーピープルズ」「オークリー」「ボストングラブ」「ジャポ二スム」「マスナガ光輝」「プロポデザイン」「オロビアンコ」「キッソオ」の8ブランドとのフレームを発売中。
まずは、8ブランドからとのコラボフレームから発売しているようだ。
10月16日より、TONOフェアというものも全国の店舗で行っているようだ。
TONOとは、「イタリアはベルーノに工場を持つ「LOOK社」と、福井県鯖江市の「ボストンクラブ」が共同開発」した大人のためのメガネらしい。
なんとも、粋な組み合わせ!!!イタリアと日本の職人の技がコラボしたメガネと言える。
上の写真は、LOOK社の政策現場の様子。多くの工程を人の手で行っているという。
ポーカーフェイスの全国店舗の詳細は、http://www.pokerface-web.com/shop_list/
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
11月13日、パリのテロ事件から現地や世界各地では何が起こっている?
フランスの首都パリで起こったこの恐ろしい事件。タイムラインでリアルタイムで何が起きているのかわかる記事がBBCで公開されています。BBCのLive Reportingに行くと、事件が起こった当時から現在までの出来事を時系列で見ることができます。 <BBC-Live Reporting> http://www.bbc.com/news/live/world-europe-34815972 'Je suis Paris' (わたしはパリだ) この言葉は、 'Je suis Charlie' から来ています。(2015年1月7日、風刺週刊誌「シャルリー・エブド」本社で12名が亡くなったテロ事件後、亡くなった方への追悼の意・連帯、表現の自由や武力行為への反対を表するものとして 'Je suis Charlie' を掲げる人々が多く出現した。) 他にも、#PrayForParisというタグもTwitterなどSNSで広まっているようです。 現在は、世界中のあらゆる都市、例えば、シドニーのオペラハウス、上海のオリエンタルパールTVタワー、ニューヨークのワールドトレードセンターやサンフランシスコのシティホール、ニュージーランドのスカイタワー、ロンドンのトラファルガー広場など、追悼の意と団結を表してフランス国旗の色(トロコロールカラー)で明かりを灯しています。 少し遅れて、日本では11月15日日没から23:00までトリコロールカラーで東京タワーを点灯する。 参考サイト: http://time.com/4112876/paris-terrorist-attacks-solidarity/ http://www.pbs.org/newshour/updates/je-suis-paris-in-solidarity-with-france-tributes-spring-up-across-the-globe/# http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151115/k10010306941000.html BBCの最新情報(日本時間2015年11月15日17:15現在)では、129名が死亡、352名が負傷したと報道されています。 このテロ事件当時の夜からTwitterでは、以下のような#porteouverte (ドアは開いているの意)というハッシュタグが出現し、家に帰宅できない人や観光客などにパリ市民が自宅を開放するという動きがある。 「to all my followers in France, there is a safety shelter at #PorteOuverte !!! STAY INDOORS」(@schoolboy5SOS) 出典:https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=zlQSSkj-GEhI.kzkfU4GEpBls こちらのマップでは、自宅を提供している場所がわかるように情報提供している。 日本国内では、パリの詳細な状況を知ることができる情報が圧倒的に少ないような気がします。国外のBBC、ABCニュース、ロイターなどではニュースがゲットできます。 http://www.bbc.com/news/world-europe-34825080 http://abcnews.go.com/International/devastation-france-paris-attacks/story?id=35201405 http://www.reuters.com/article/2015/11/15/us-france-shooting-idUSKCN0T22IU20151115 日本語版ロイター:http://jp.reuters.com/news/topNews 個人的には、BBCが一番見やすく、詳細なような気がしています。 Facebookでは、友人の安否情報を確認できるサービスを13日スタートしました。 https://www.facebook.com/safetycheck/paris_terror_attacks これは画期的でSNSがインフラになっていることを証明しているようです。わたしもこのサービスのおかげで現地にいた友人の安否確認がすぐにできました。 東日本大震災でも安否情報の確認にTwitterが活躍しました。日本でも何か起こったときに、パリのような迅速な対応をできるように企業も政府もあらかじめ準備しなくてはいけないのではないかと思います。
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
ティム・バートンの「ナプキンアート」画集が発売!
http://eiga.com/news/20151030/8/2/2/ http://www.fashion-press.net/news/19892 「シザーハンズ」 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」 「フランケンウィニー」 などを手がけたあの奇才のナプキンアートが発売になる。 常にペンを持ち歩き、インスピレーションやアイディアが浮かんだ時にすぐにナプキンに記録をするというティム・バートン、この画集を見れば彼の脳内を見ているような感覚を得ることであろう。 12/4からヴィレッジヴァンガードにて発売されるので要チェックだ。 【書籍情報】 画集『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』(The Napkin Art of Tim Burton) 発売日:2015年12月4日(金) ※10月30日(金)より、一部店舗およびオンラインストアにて予約受付がスタート 価格:3,000円(税込) 販売店舗:ヴィレッジ・ヴァンガード独占販売(オンライン&店舗) アートワーク:ティム・バートン デザイン:ホリー・ケンフ 編集:ホリー・ケンフ、リア・ガロ サイズ:15.24cm × 15.24cm ページ数:140ページ(2ページの折り込み) <予約受付店舗> ■宮城 仙台ロフト ■東京 立川ルミネ、ブルービート、上野マルイ、新宿マルイアネックス、高円寺、渋谷宇田川、三軒茶屋、高田馬場、町田路面、自由が丘、お茶の水 ■神奈川 横浜ルミネ ■大阪 阪急三番街、アメリカ村 ■京都 京都西院 ■兵庫 三宮 ■広島 広島サンモール、イオンモール広島府中、フジグラン神辺、広島段原SC、イオンモール広島祇園、フジグラン東広島、フジグラン緑井、リム・ふくやま、ゆめタウンみゆき、ゆめタウン大竹、ゆめタウン呉 ■愛知 名古屋中央、刈谷、岡崎、瀬戸、イースト、高蔵寺 ■三重 松阪 ■岡山 イオン津山、イオンモール倉敷 ■鳥取 イオン米子駅前、イオン日吉津、イオン鳥取北、ゆめタウン出雲、イオン松江 ■山口 239おのだサンパーク、ゆめタウン宇部、ゆめタウン南岩国、ゆめシティ下関、イオンタウン防府(ほうふ) ■香川 高松アッシュ、イオン高松、イオン綾川、ゆめタウン高松、ゆめタウン丸亀 ■愛媛 イオンモール新居浜、エミフルMASAKI、パルティフジ衣山、フジグラン重信、フジグラン今治、イオンモール高知、フジグラン高知 ■徳島 フジグラン石井、フジグラン北島、ゆめタウン徳島、徳島クレメントプラザ ■福岡 FREAKS福岡パルコ
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
やっぱりメガネ女子はかわいいと思う画像6選
あまり目がよくない私。最近、メガネで歩くことも増えたんですが、やっぱりコンタクトがいいなーとか、メガネって陰気な感じになってヤダなーと未だに思います。 かわいいメガネ女子画像で、メガネをかけることへの偏見をなくそう作戦(自分への暗示)します。 集めた画像の中で一番かわいいなと思うのがこれ。おそらく某CMの1シーン。 森絵梨佳さんもかわいいけど、このメガネもかわいい。べっこう柄で丸みがあっておしゃれですよね。 梨花さんのメガネ姿は、言うなればセクシー&クール。 スクエア型のメガネはクールにしてくれますね。梨花さんは丸いメガネも似合うから、メガネの似合う顔ベスト10くらいには入っていると思います(笑) 山田優さん。上はサングラス、下はメガネですけど、どっちも似合います。同じファッションなのに違和感がまったくない。この下のメガネ欲しくなるけど、人を選びそうなメガネですよね。。 えびちゃん!自然すぎてメガネをつけていることを一瞬忘れそう。 細フレームで、鼻の部分が金色になってるからかな。メガネの主張を抑えていて、これは好きですね。 SHIHOさんの太めのフレームメガネ。眉毛のラインとぴったり合って、とても綺麗ですね。口紅の色もこのメガネと合っていて、メガネをファッションとして楽しんでる感じ! そしてこのメガネ気になります。どなたかどこのブランドか知りませんか?? みんなモデルさんだったけど、やっぱりメガネをかけてもかわいかったですね〜。 そしてメガネって全然おしゃれにつけられますね。 ちょっとどうにか私も似合うように研究を重ねたいと思います! まずはSHIHOさんのメガネをかけてみたいな!
ウェアラブルEXPOのレポートを見て考える
東京で開催されていた「ウェアラブルEXPO」は今年で2回目だそうだが、210社も集まった注目度の高い展示会だったよう。 近くに住んでいれば行きたい所だが、ネットで気になった製品をいくつかピックアップ。 やはり気になるのは衣類から情報を取得する仕組みの実現だろう。 ◆グンゼ、導電性素材でウェアラブル肌着や発熱ニット、牛用の「ウシブル」も http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20160115_739092.html 「​転んだことも記録されるセンサー満載シューズ」などがシーテックでは出ていたがやはり服、特に下着などから情報を取得できるようになると、意識なくしっかりと情報がとれる。病人の情報などは便利かもしれない。ペースメーカーなどへの影響が無くなれば、緊急システムとしてもありがたい。それこそ、ヒトとしての違和感も出てくるだろうが。 そしてメガネだ。 ◆スマートグラスが咲き乱れ、衣服のIoT化を加速させる導電技術も http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20160114_739005.html 記事からは特定の作業現場で使われる事例も多い。 レンズを通すことができれば、ARを用いて、さまざまなものへタグ的な補足情報を付けられる。意外とコンビニなどで商品情報の管理や在庫数を付与するなんて使い方はありかもしれない。これを使えば誰でも簡単に、そこそこくわしい店員になれるのだ。 ハード的には、東芝の「Wearvue TG-1」が気になる。 ◆メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue™<ウェアビュー> TG-1」の発売について http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_01/pr_j1301.htm インフラの保守管理、工場や倉庫内などで作業のハンズフリー化を目指す。実売予想価格は21万6000円。出荷開始は2月29日を予定。重さは50グラム。 日常的な利用にはまだかかりそうだが、特定のシチュエーションではリアルな存在になっているようだ。 美術館などでスマートグラスを貸し出しするようなことが今年にもあるかもしれない。
体幹トレーニングサポートスマートメガネ「JINS MEME TAIKAN」の可能性を考える。
最近、ウェアラブル端末の勢いが凄まじい。 まだ仕事で直接かかわる事はないが、そのうちインフラ系も対応を迫られるのではないかとちょっとビビっているのだが、まあそれはそれとして。 JINSの新しいアプリが登場する。 『JINS MEME TAIKAN』 https://jins-meme.com/ja/taikan/ 体幹トレーニングをメガネがケアするというのは、一体どういうことか。6軸センサーを内蔵したを使う事で体幹を感知、フィードバックしてもらえ、身体の揺れなどもアプリ上で簡単に確認ができるという。 メガネをかけるだけで新しい体験をさりげなく行えるという意味では素晴らしく画期的だ。 体幹を鍛えるという点で似ている商品に、Wiiフィットがあったが、体重計をフィットネスに使うのが、いまいち負荷が高いことだったのか、最近はあまり話を聞かない。 もちろん、この手のサービスのむつかしさは継続的に利用してもらうための、地味な盛り上げ方だろう。トレーニングを徐々に増やすことなのか、コミュニティを作る事なのか、軽々にはいえないが、メガネでウェアラブルの可能性を見せてほしい。 しかしながら、何かモードを変化させるためのメガネは面白い。モードチェンジというか変身というか。「よしトレーニングしよう!」という契機になるなら面白い。 ただ、あえて言えばメガネ姿を女性は美しいと思うのだろうか。気になるところだ。 ◆メガネについて JINS MEME MT 金額 19,000円(税別) センサー 3軸加速度センサー/3軸ジャイロセンサー レンズ種 サングラスやクリアレンズ対応。+10,000円で度付き対応可 連続使用時間 リアルタイムモード最長12時間/スタンダードモード最長24時間 充電時間 約2時間 重さ 約45g ランニングのアプリはこちら。 JINS MEME RUN https://jins-meme.com/ja/run/
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)