powoq
2 years ago500+ Views
日本の難民受け入れの態度を語る前にみておきたい「ヨーロッパの難民危機とシリアの説明」動画
9月30日にひらかれた安倍首相のニューヨークの記者会見で以下のようなやりとりがあった。
難民支援の実績を台無しにした安倍首相の「あの」一言 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/245872/100100007/?rt=nocnt (質問した記者のロイター通信が伝えた記事)記者:シリア難民の問題について、新たにイラクやシリアの難民に資金援助を行うと発表なさいました。日本が一部の難民を他の国と同じように受け入れる可能性について、お考えをお聞かせください。 安倍首相「難民問題は人口問題(an issue of demography)である。難民を受け入れる前に、女性や高齢者による活躍が必要であり、出生率も上げねばならない。移民を受け入れる前にたくさんやることがある」
安倍首相「難民受け入れは?」と問われ「女性の活躍、高齢者の活躍が先」 http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/30/abe-refugee_n_8219324.html イギリスのガーディアンは「日本は昨年、1億8160万ドルを国連の難民対策部門に支出し、アメリカに次いで2番目に多いが、シリアや他の難民受け入れは、その経済規模に見合っていない。日本で難民資格を申請している60人のシリア人のうち、認められたのは3人であり、約30人は人道上の理由で長期滞在が認められているだけだ」と指摘した。
準備が無いと答えられない、学習が足りない、通訳が失敗した。。。など、立場や文脈によって解釈は色々と考えられるだろう。
首相の語った言葉の問題点はさておき、難民問題として何が起こっているのかを知るのに、上記の動画は分かりやすいかもしれない(動画は日経BP記事で紹介されていたもの)。
<動画のポイント>
◆2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦後最大の難民問題に直面している
◆主な理由は、シリアから難民があふれ出ていることである
◆長らくシリアを治めていたアサド政権が不安定になり、内戦が広がった
◆IS(ISIL)がその間に勢力を拡大、化学兵器の使用、大量虐殺、拷問、戦争犯罪が市民に対して繰り返された
◆そして国民の1/3が国を追われ、400万人が難民になった
◆多くは近隣国の難民キャンプにいるが、国連機関はこの規模の難民にとても対応できない
◆結果として難民キャンプは大量の人であふれ返り、ケアが十分に行き届かず、飢餓や疾病などで絶望的な状況となり、難民の一部がヨーロッパに亡命の道を求めはじめた
◆当初、ヨーロッパは難民の受け入れに消極的であり、難民がたどり着いた国にもそれぞれ国内に大きな問題を抱え、難民を受け入れる余裕はなかった
◆世界の認識が変わったのは、トルコの浜辺に打ち上げられた少年の死体が見つかったという1枚の写真によってだった
◆「もう悲劇は見たくない」として、ドイツは2015年、80万人の受け入れを表明。これはEU全体が2014年に受け入れた総数を超える規模である
◆EU諸国にも働きかけが広がっている
ヨーロッパが感じているドラマチックな流れを我々はどうやって受け止めることができただろうか。
0 comments
2
Comment
2