chottoniche
1,000+ Views

Nintendoの曲を尺八と琴でカバーしてみた結果【FAMIKOTO】

前回のカードにて尺八と琴でカバーする「マイケル・ジャクソン Smooth Criminal」を見ていたら関連動画にあったのでこちらも紹介しようと思う。

彼らは和楽器でゲーム音楽を演奏する集団、

FAMIKOTO 「ファミ箏」

と呼ばれる集団で、今回は任天堂のゲームのカバーを披露している。
特に6:56からのマリオは絶対に皆さんもきいたことがあるだろう。
0:00 ファイアーエムブレムより『メインテーマ』『出会いのテーマ』『白魔法:オーム』
4:26 ディスクシステム起動音
4:39 ゼルダの伝説より『タイトルBGM』『トライフォースキャッチファンファーレ』『ワー­プ笛』
6:56 スーパーマリオブラザーズより『地上BGM』『水中BGM』『無敵BGM』『コースク­リアファンファーレ』
演奏:ファミ箏
編曲:田辺明
撮影:まるやまもえる
録音:三本木勝己
スタッフ:神永大輔 斉藤健二 金子宜弘
協力:かねこ琴三絃楽器店
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第1弾】
いきなり自分語りをはじめるが、私はゲームが好きだ。 しかし新しいゲームを買うのはお金がかかる。 そういうわけで私は小さい頃にやっていたゲームを再発掘してやるようにしている。 昔のゲームかも知れないが中には本当に面白くて熱中してしまうものがある。 そういう「今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ」を数回にわけて書いていこうと思う。また当アカウントは「ちょっとニッチ」ってこともあり、ドラクエやFFシリーズ等の誰でも知っているような作品については書かない。 暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という人にオススメです。 まず第1弾は 「クラッシュバンディクー」シリーズ 『クラッシュ・バンディクー』(Crash Bandicoot)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション用のアクションゲーム。 1996年12月に第1作『クラッシュ・バンディクー』(機種はPlayStation)の発売から始まった、コミカルなアクションゲームのシリーズである。第1作では「宇宙初の奥スクロールアクション」という煽り文句が書かれていた。 シリーズ内にはアクションゲーム以外には「レーシング」や「カーニバル」というシリーズがあるがここではそれについては割愛させて頂く。 このゲームがまた面白い。当時のアクションゲームは横スクロールのゲームばっかりであったがこれは初の「奥スクロール」のゲームである。 奥スクロールになったことにより臨場感が増し、一気に大ヒット作品となった。 そして何よりも結構難しい 子供の頃は本当に苦戦したゲームでも今やるとほど良い難易度になっており、楽しくプレイできる。 オススメはクラッシュ・バンディクー2である 1ではセーブするポイントがかなり限られていて、ゲームの難易度というより気軽にやる難易度が高かった。 しかし2からゲームのシステムが見直され、ステージ間のロビーとなるワープルームでいつでもセーブできるようになった。そのような意味でさらに楽しめる形になっている。 スピード感あふれ、ハラハラドキドキできる難易度が大人にちょうどいいゲームとなっている。 なによりも主人公「クラッシュ」のアホヅラが面白い もちろん3もめちゃくちゃ面白いので是非やってほしい。 ちなみにほぼAmazonで中古で1円で売っているので気軽に買える。 1. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SPX/ref=cm_sw_r_tw_dp_zCUtwb0W4NNGY 2. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ2/ref=cm_sw_r_tw_dp_xDUtwb1CXDXPM 3. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ9/ref=cm_sw_r_tw_dp_QEUtwb13CZWKY 新品だとかなり高い。 ちなみにプレイができるPS1はAmazonで1500円ぐらいで売っているので一個持っておくと捗ります。メモリーカードは50円ぐらいで買えます。 暇だしゲームしたいけどお金使いたくない!って方、昔のゲームをやってみては?
村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”
僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。 MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。 ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。 僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。 ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。 12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。 おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。 Bringing The Surreal Characters Of Japanese Author Haruki Murakami To Life
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
落語をアニメで楽しむ「昭和元禄落語心中」スタート。
年末年始、伝統的な芸能に触れたくなるのはなぜなのでしょうか。 たまたまテレビで放送しているから。神社やお寺など歴史を感じる機会が多いから。着物を着るから。答えらしい答えが見つからないですが、とにかく落語や漫才、歌舞伎などなど楽しむ人は少なく無いでしょう。 さてそんなトラディショナルな気持ちが高まっている今、落語のドラマが放送開始されました「昭和元禄落語心中」。 2010年にマンガはスタートしていて、2013-2014年には、17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や38回講談社漫画大賞するなど読み応えある作品として注目されていました。 そして、2015年に単行本第7、8巻にOVAが付いた特装版で映像化。いよいよ連続アニメとして放送が開始されたわけです。 初回は1時間スペシャルで、OVAの内容をまとめたものです(「与太郎放浪篇」)。 昭和元禄落語心中 http://rakugo-shinju-anime.jp/ TBS系(1月8日スタート) 金曜深夜26時過ぎ ※BS-TBSでは1/9土曜24時から ※Amazonプライムビデオでも配信中 昭和50年ごろを舞台に、落語家に入門するチンピラ「与太郎」の物語。 落語に詳しくなくても、ちょっと昔の日本の青春劇として。詳しい人なら死神、芝浜など噺とのリンクも楽しい、伝統芸能風が吹いている新春から観始めるのにぴったりのアニメです。 ちょっと深夜ですので、私は録画をして楽しみたいと思います。 漫画公式サイト http://itan.jp/rakugoshinjyu/
加山雄三、本当はラップがやりたかったと衝撃告白
 ラッパーっぽい感じのポーズを頼まれたときのポーズが上に貼られた写真である。 芸能生活55年、現在78歳の加山雄三はラップに随分とお熱のようである。 そのきっかけとして PUNPEE(パンピー)というラッパーが加山雄三の『お嫁においで』をリミックス して作った曲を聞いたことや、 スチャダラパーが彼の楽曲をサンプリング したことなどにあるようだ。 4月7日・8日に開催される 加山の55周年記念ライブにもケツメイシに自ら出演依頼をしている などそのラップへの熱っぷりはなかなかのものだ。 ”加山自身がラップに挑戦することはないのだろうか。 「ボクぁホントはラップがやりたいんだよ!  でも、ボクがラップやるとねぇ~お経みたいになっちゃうからよぉ。でも今、一生懸命作っているニューアルバムの中でやるかもしんないよ。ラップでいちばんノリやすいリズムっていうのを日々追求しているんだ。外国のラップもいっぱい聴いているからさ。まだ曲が全然できてないから、発売日も決まってないけど(笑い)」 加山は現在、ソロだけでなく、前述のスチャダラパーも含めた13人編成のグループ『THE King ALL STARS』でも活動。さまざまな音楽フェスに参加している。” http://news.livedoor.com/article/detail/11248001/ より引用 ちなみに下に載せた動画がPUNPEEのリミックス曲である。なかなか秀逸というか面白い楽曲になっているのでチラリと耳にしてほしい。 そしてこちらがTHE King ALL STARSである。なかなかに哀愁感溢れる楽曲となっている上にメンバー構成も実に目を引く物となっていることから、幅広い層に受け入れられるグループになっていくのではないかと予想している。 いくつになっても様々なジャンルの音楽に親しみ、コラボレーションを積極的に行っている加山雄三の姿勢は実に素晴らしい。加山雄三にまるで興味のなかった若者もこうした活動を目にすれば改めて聴いてみよう、と思うのではないか。また、彼のメインリスナーであることが予想される中高年層の方々が若者に人気の音楽に親しむきっかけの一歩を作るかもしれない。 これからの加山雄三の活動にも期待大である。