chottoniche
1,000+ Views

コードを書かなくてもゲームが作れるサービス【アプリ】

ゲーム作りたいけどコード書けないし無理やぁ...

自分でゲームを作るのが夢だけどプログラミングができない

そのような方はかなり大勢いるのではないでしょうか?
そのような方でもゲームが作れてしまうツールをご紹介しましょう!

その名はStencyl

なんとこのツールはコードが書けなくても2DのiPhone、Androidアプリやブラウザーゲームが作れてしまうのです!
しかもマネタイズすることも可能!
しかもリーズナブルな値段です。
・ゲームをWEBで公開:無料
・デスクトップで公開:$99/年
・アプリで公開:$199/年
このようなゲーム達をつくることができます。
Comment
Suggested
Recent
I don't understand this language..
Cards you may also be interested in
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第2弾】
前回の第1に続き今回は第2弾。 第1弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは バンジョーとカズーイの大冒険 バンジョーとカズーイは1998年に出たN64のゲーム。 『ディディーコングレーシング』に登場したクマのバンジョーと本作初登場の鳥のカズーイが冒険に出る物語。2匹が文字通り一心同体となって行動するという冒険形態が特徴の作品である。アクションゲームであるが、アクション性より謎解き・人助けといった要素を重視した作風はその後の同社作品の基となった。 基本的なシステムは『スーパーマリオ64』を参考に作られており、箱庭タイプのステージ内に散らばった「ジグソー」「音符」を収集し、一定数を集めると次のステージへの道が開く。また、使うたびに残量が減るアイテムなどスーパーマリオ64には存在しない独自のシステムも多い。 開放感があり自由なゲームとなっている。 バンジョーとカズーイシリーズの私のオススメはやはりシリーズの1番目の 「バンジョーとカズーイ」の大冒険である バンジョーとカズーイ2はちょっともっさりしていてあまり好みではないが、このバンジョーとカズーイ1は個人的には今までやったゲームでトップ5に入るぐらいの名作だと思っている。 子供の頃は難易度が高くクリアできなかったものの、高校生になってもう一度チャレンジした時には面白すぎて感動し、何周もした。 これも前回のクラッシュバンディクーと同じように大人になってやったほうが難易度的にはちょうどいいゲームと言えるだろう。 ステージも多く、アクションと謎解きが混ざったゲームの中では最高峰であろう。 当時のゲームレビュー業者の大半が95点以上つけたのも納得だ。 これも1998年のゲームということもあり、中古ではめちゃくちゃ安い(105円) http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RYM/ref=cm_sw_r_tw_dp_RgVtwb11ZVVRR ちなみにこのゲーム、音楽が最高である ゲームが105円にも関わらずサントラは5万円 http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FQZK/ref=cm_sw_r_tw_dp_QhVtwb1DM9AR6 このゲームに必要なNintendo 64は中古販売店舗で買うと結構高いがネットで買うとかなり安い(Amazonだと中古で1000円ぐらいで売っている)
公立小学校HPの「洗練されてなさ」具合に注目せよ!
 PC、スマートフォンが一般層に圧倒的に普及し、現在では顧客の注目を集めるために様々なハイクオリティのインターネットコンテンツが我々の日常に届いてくるようになっている2015年現在。 そんな無数のインターネットコンテンツの中で一切の進化、洗練を拒むかのように変化することなくインターネット普及当時のままの姿を保ち続けているHPが数多く見られるフィールドがある。 そう、それが公立小学校のHPだ。  ”新たな顧客を獲得する必要がなく、誰からも批評の対象に見られていないインターネット唯一のオアシス”の実態にぜひ迫ってみよう。 http://omocoro.jp/kiji/68521/ より引用  まずはこちら。 見事なまでに文字がカレンダーと重複している。 分かりやすさが大前提である現在のインターネットコンテンツと比べればこの少々の見辛さなど気にしない心意気がどれほど異質であるかが伝わって来る。  次はこちら。 ディスプレイがスクエア型から長方形のワイド型になったにも関わらず 一切対応する素振りを見せないこの威風堂々とした右のスペース。 圧巻である。 何故この画像を選択したのか全くわからないような画像を選択する という「洗練されてなさ」も多数のHPにて見られる共通した要素。学校のHPにここまで霧がかった画像を載せていると最早何かしらの悪意すら通り越した無関心さを感じる。  他にも何とも 微妙に早すぎないか?と言いたくなる速度で回転する画像 を何故か選択することも一つのパターンとして見られる現象だ。しかしまあ実に絶妙に早すぎる感じに哀愁を感じる。 如何であっただろうか。今やいかなるウェブサイトも実に洗練され、よく出来ているな、と感心するものばかりである。しかしこうした小学校のHPの「洗練されてなさ」を見ると何とも言えない温もりのようなものを感じることもまた事実。 いつまでもこの無骨な様相を保ち続けてインターネット上の生きる化石として残り続けていってほしい限りである。
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第6弾】
暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という思いから始まったこの「今でも熱中できる懐かしのゲームシリーズ」、 今回は第6弾 第5弾はこちら 今回紹介するのは スター・ウォーズ 帝国の影 (1997年) 『スター・ウォーズ・シリーズ』の世界を再現したシューティングゲームであり、TPSステージとシューティングステージが混在している。ストーリーは『エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』の間のスピンオフ小説『スター・ウォーズ シャドウズ・オブ・ジ・エンパイア 帝国の影』が元となっている。そのため、主人公はダッシュ・レンダーになっている。 ストーリー進行の要となるキャラクタの会話シーンは、精密に書き込まれたドット絵とテキストで進行する。 動きまわって敵を倒し、ストーリーを進めていく 今やってみると画質が悪い 実は本作、『大乱闘スマッシュブラザーズX』の「ゲーム年表」で、 全ての隠し要素を開放した後でもその年表に何故か掲載されないタイトルの一つである。 なかったことにされているのか...? いきなりあの「ホスの戦い」のステージ結構ハラハラして面白い。 そして結構途中で難しかったりするので例のごとく小さい頃はクリアできなかった。 主人公が渋い 例のごとく中古ソフトは1円で売っている http://www.amazon.co.jp/dp/B0000645ML/ref=cm_sw_r_tw_dp_2RNBwb17MQ0RR
絶対これ面白いやつじゃああん。僕のスターウォーズごっこ「スターフォックス零」
ときどき男の子の映画が見たくなる時がある。 もうなんかバンバン撃ってやっつけて、フオウ!とか言って。 これを世にいうスターウォーズ病と名付けて(one-pieceでは萌えないのだ)いるんだけど、新作はまだ観てねーなー。おうおうおうおう。 でもゲームならやってみたい!久々にバンバン撃つゲーム買ってみたい。ストレスかな、とにかく撃って撃って撃ちまくりたいぞ。 スターフォックスは、手軽に3Dシューティングが遊べる任天堂の傑作。臨場感をゲームならではの演出で生んでいて、例えば戦っている最中に仲間の声で「右が危ない」とか「後ろ!」とか「助けて~」とか聞こえてきて実際に敵がその方向から来たり、仲間が敵に追いかけられたりしているって、ああわくわくするねえ。 まじ自宅でスターウォーズごっこするならコレだぜ。 スターフォックス ゼロ メーカー:任天堂 発売日: 2016.4.21 価格: 6,156円(税込) https://www.nintendo.co.jp/wiiu/afxj/ ナオ、「ザバトルビギンズ」というショートアニメガツクラレタ。 https://www.nintendo.co.jp/wiiu/afxj/specialmovie/index.html スターフォックスノ操作ガ倍倍デ楽シクナリソウナ映像ダゾ!!! ◆サラニ! おう!そこの30代の男の子野郎!ミヤホンのゲーム作りのインタビューとかひさびさだからしっかり読もう! 『スターフォックス ゼロ』開発スタッフインタビュー [第1回] 臨場感とかっこよさを求めて https://topics.nintendo.co.jp/c/article/4095a738-0136-11e6-8360-063b7ac45a6d.html [第2回] 新しいマシンで広がる遊び https://topics.nintendo.co.jp/c/article/da165d1f-0157-11e6-8360-063b7ac45a6d.html