skanda
100+ Views

Sharing Economy を超える Sharing Economy

Sharing Economy このサービスはアメリカから発祥し、今では世界で広まっている。 例えばAirbnbは世界190か国で広まっていて、その普及年数も2~3年と急成長している。 Sharing Economyの醍醐味 Sharing Economyの醍醐味といえばサービス、モノ、スペースをシェアすることで物事が済むことだ。それは時代が不景気という流れから生まれたモノだと言っても過言でない。 しかしなぜそこまでSharing Economyがしたのか?
SNS の拡大とスマートフォンの普及 スマートフォンをインターネットの普及がシェアリングエコノミーの起爆剤となったのである。 しかしSharing Economyのサービス内容は同じサービス内容がきている。 それが下記のグラフで表されている。
上記の図はSharing Economyのサービスの種類とその需要を示している 当たり前のことかもしれないが、これらの産業はビジネスということからコストがしてしまうのである。 しかしそんな中にSharing Economy を超えるSharing Economyがしたのである。
それが GoCambioである。 ・Sharing Economyのにはまだない教育に重点を置いたことだ。 ・シェアすることによってコストをゼロにすることができる。 ・海外だけでなく、国内でサービスを受けることができる。 ・新たなる世界を知るきっかけになる。 サービスはシンプルである。 旅人は自分が行きたい場所に住んでいる人(宿主)をGoCambioで探し、その宿主にご自身のスキルを提供する(スキルとは日本語や音楽、スポーツ、芸術、ITなど)。そしてその代わりに宿主から寝床と食事を提供してもらえる。 旅・旅行に行く際はGoCambioと自分のスキルを教えることで海外に滞在することができ、 国内で語学勉強をしたい場合は、海外の旅人を家にあげることで無料で語学学習に磨きをかけることができるのだ。 シェアリングエコノミーを超えるエコノミーとはシェアすることで無料でサービスを受けることかもしれない。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
バンクーバー、NY、渋谷の3都市で行なわれている<傘のシェアサービス比較>
急に降ってきた雨・・・そんな時、毎回と言っていいほど、傘を持っていない私ですが、このサービス「UmbraCity」は画期的! なんと、48時間以内にKioskに返せば、FREEで借りることができるのです! 登録方法は、KioskでUmbraCityのアカウントを作って、指定のKioskにて借りるだけ。 このサービスは、ブリティッシュコロンビア大学がパートナーとして動いてるようですよ。 ということで、そのサービスをしているKioskも大学近辺というか、学内のよう・・・。 このサービス、もっと流行ってもいいと思うなーと個人的に思う、今日この頃。 画像:https://instagram.com/umbracity_vancouver/ 実は、NYにも似たようなサービス「’brellaBox(ブレラボックス)」(有料)があるようです。以下、ISUKAから引用。 ニューヨーク市内500カ所の店などに、傘のレンタルステーションの設置が予定されており、ユーザーは専用アプリを通じて近辺に設置されている「ブレラボックス」を探し、傘をレンタルまたは購入することができる。 12時間で2.5ドルで、別のステーションに返してもOKだということだが、12時間だと私の場合、返すの忘れそうw 実は、日本にも傘シェアリングサービスがあるようです。ご存知の方もいそうですが! 名前は、「シブカサ」!渋谷駅近辺を中心に借りれるようです。 傘は、この「シブカサ」連携店のアパレル、カフェに置いてあるそうですよ。 「シブカサ」のしくみはこんな感じ。いらなくなった傘をおしゃれにデザインして、また使ってもらおうという、エコでなんとも心意気のいいサービス! 連携カフェやアパレルは、ここのページで探せますよ。無料なので、ぜひ! http://shibukasa.com/shop/index.html 「シェア」サービスって、ここ最近ずっと賑わっているけど、「もったいない」精神が根付いている日本人には案外相性のいいサービスかも。
Brooklyn Grange 世界最大の屋上農園が育つ様子
Christopher St. John撮影。僕が疎い世界ですが、アメリカで屋上農園が流行っているそうです。この動画のブルックリン農園はあのブルックリンで、海軍の造船所を民間化した建物の屋上です。 この映像は7ヶ月の間定点観測したものを早送りにして3分弱に編集したものです。最初は興味がありませんでしたが、何もない白い屋上に土が入り、緑が茂り、冬には雪が降る(僕はここでおおと声が出てしまいました)というのは目が惹きつけられて面白いものでした。 この映像の何がよいかというと、早送りで農園が成長していく姿が可愛らしいですよね。動物がいれば僕としてはたまらなかったところですが、牧場ではないので仕方ありません。 こんなに奥行きのある建物でした。広さが約6000㎡とあり調べてみましたが、見たことはありませんが大分県の大友氏館跡が同じ広さで戦国大名最大級の庭園と言われており、要するにビルの屋上としては想像を超える広さのようです。一見するとそこまでには感じませんが、たまに人間が動いているとこんなに小さいのかと思います。 ファーマーズマーケットも開かれて結婚式もできるようです。こういうのは日本の建物では難しいんでしょうか。サイトもインスタグラムも楽しそうでかなりいいですね。 Blooklyn Grange Blooklyn Grange Instagram
個人間での駐車場の貸し借りができるオンラインパーキンングサービス「アキッパ」
空いてるスペースを「駐車場」として貸し借りするサービス。オンラインで「自分所有のものを貸してお金を得る」という「シェアリング・エコノミー」。部屋、車、ときて今度は駐車場。 部屋よりも車よりも実は一番この「駐車場」というのが最も利用しやすいサービスのような気がする。 貸す側としては、使っていないスペースを有効活用できるし、部屋などと違って基本メンテナンス不要、ただ登録して貸すだけ、という手軽さがいい。特にこのサービスに関しては登録料もかからないのですぐにも始められるそうだ。 借りる側としても、都内に出かけるときの一番のネックは駐車場の確保と料金の高さだったりするので、駐車場をあらかじめオンラインで予約できてしかもそれが安価というのはかなりうれしい。ちなみにどのくらい安いかというと港区青山のとある場所が1日1,400円!おそらく普通にコインパーキングを利用した場合のおよそ半額以下ではないだろうか。 いまのところこのサービスは「アキッパ」だけかと思いきや、フリーシェアパーキング、軒先パーキングなどすでに競合もいくつか。 「シェアリング・エコノミー」のビジネス、次はなにがくるか・・・今後も目が離せない!! https://www.akippa.com