chottoniche
2 years ago1,000+ Views
ハービー・ハンコックが新作であの鬼才たちとコラボ!?
"50年以上に渡って第一線で活躍するジャズ界の巨匠であり、ファンク、ヒップホップ、ドラムンベースなどを取り入れジャズの枠を超えた音楽に取り組むなどその意欲的なスタイルでも知られるハービー・ハンコック(Herbie Hancock)。"
そんな彼が2010年以来の新作にて実に分野横断的な活躍を見せる鬼才たちとコラボすることが噂になっている。
その面々とは

Flying Lotus

Thundercat

そして

Pharell Williams

だ。
 ハービーとFlying LotusとはFlying Lotusの最新アルバム『You're Dead』に収録されているMoment of Hesitationで既にコラボ済み。そしてThundercatとはThundercatの最新ミニ・アルバム『The Beyond / Where The Giants Roam』へのゲスト参加で既にコラボ済みであり、彼らと既に最新アルバムの制作を進めていることはハービー自身の口から米Billboard誌に語られている。
 それだけでも既に十分なビッグニュースであるが、この面々に加えて去年爆発的なセールスを記録したアルバム『Happy』をリリースしたファレルも参加するとなるとこのアルバムへの注目度は俄然高まってくるだろう。
残念ながらファレルとのコラボは未だ企画段階のようだが、このコラボが実現することを期待しながらハービー・ハンコックの新作の続報を待ちたい。

ハービー・ハンコックとは?

Wkipediaより引用
”ハービー・ハンコック(Herbie Hancock、本名:Herbert Jeffrey Hancock、1940年4月12日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、プロデューサー。
1960年代以降から現在において、ジャズ・シーンをリードするジャズの第一人者であり、ストレートアヘッド・ジャズ、フュージョン、ジャズ・ファンクなど多彩なジャズ・スタイルの最先端を走っている。”
0 comments
3
Comment
1