HHartley
500+ Views

[NY]デリをテイクアウトするならココがいいかも!ゼイバーズ

ゼイバーズは1934年にNYのアッパー・ウエスト・サイドにオープンしたユダヤ系のスーパー。
美味しそうなデリがたくさん量り売りで売っています。
パンもまた名物で、ベーグルやほうれん草のパイ、キッシュが有名だそうです。
それから、ゼイバーズのロゴの入ったエコバッグやマグカップなども豊富。
お土産に買うのもいいかもしれないですね。
セントラルパークの近くにあるそうなので、デリをテイクアウトしてプチピクニック気分でセントラルパークで食べたいです♪
2 Comments
Suggested
Recent
へ〜、ユーガットメールにも!そしてやっぱりここのトートは定番お土産なんですね(^ ^)
ここのトートをNY土産でもらったことがあります。ユーガットメール(映画)にも出てましたね〜
Cards you may also be interested in
視覚化によるファシリテーション集団 ImageThink
ImageThinkは、NYでファシリテーションサービスを提供している集団。彼らのユニークな点は『グラフィックレコーディング』と呼ばれる視覚化。議事を聞きながら、言って見れば議事録を1枚の絵に仕立て上げていくような感じ。Youtubeにその様子がたくさんあるのでイメージが掴みやすいと思います。 実はこれ、かれこれ10年くらい前に友達とこんなビジネスどうだろうと話していたことがあるのでものすごく気になってるのです。コンサルとかを省いて、ただ会議室でホワイトボードに向かって可視化だけしてサッと去っていく職人ってクールじゃないですか(笑)。 ImageThinkの例では一方的にプレゼンするタイプが多いようなので、ファシリテーションとは言うものの、どちらかというと話の筋をまとめて絵によって最後に印象付けるその「印象付け」の部分に重きを置いてるのかもしれません。エンゲージメントって言葉も使ってるし、創立者二人が教師出身なのがまさにそういう方向性を想像させます。 一方で、議論が白熱したり意見が発散するような会議ではこんな装飾的なイラスト描いてる場合じゃないはずなので(笑)、そういう例の動画を是非見たいんですが…それこそ常に議論が整理されながら進むので合意形成しやすくて、リアルタイムで可視化する意味がありますよね。 それにしても、「情報をそぎ落として重要な特徴だけに焦点を当てる訓練」を積んでる人を集めるとしたら、結果的にイラストやグラフィックが得意な人になるんでしょうか。コピーライターも該当するような気がしたんだけど、上記の「印象付け」になるとやはり絵の方に分がありそう。 ImageThinkのトレーニングプログラムがあるようなので、私ももっと英語がわかるようになったら受けてみたいんですが。あ、その前に一度生で見てみたい。日本のイベントに来ないかなー。
日本の着物がNYコレクションに初出展!しかも、クラウドファンディングで。
すごい!ランウェイを着物を着て歩いてますよ!! これは、現地時間2月16日に行われたNYコレクションの様子。 手がけたのは、世界で活躍する着物スタイリストの浅井広海さんとNPO「きものアルチザン京都」。ブランド名は「Hiromi Asai & Kimono Artisan Kyoto」。 米国のクラウドファンディング「Kickstarter」により資金を募り、見事目標額を達成し、今回の出展になったと言います。 こちらの記事によれば、 「日本の着物市場は1980年頃の2兆円弱から6分の1程度に落ち込んでおり、海外に活路を見いだそうとショーを計画した。資金はインターネットで寄付を募り、約6万7000ドル(約740万円)を集めた。」らしい。 それにしても6分の1とは・・・想像以上に縮小していっているのですね。 コレクションのタイトルは「Spirit of the Earth」。 着物をつくる職人の技を後世へつなげたい、そんな想いからうまれたこの活動。 無事に成功して、わたしもとても嬉しいです! まず、NPO「きものアルチザン京都」は、京都の着物メーカー11社の若手経営者が立ち上げた組織。若手がこういう伝統をつなぎ、クラウドファンディングを使い、世界中に着物の価値や素晴らしさを伝える。これだけでかなりエネルギーを感じます。 ぜひ、きものアルチザン京都ムービーとNYコレクションのムービーを見てみてください! きものアルチザン京都 FBページ https://www.facebook.com/kimono.artisan?fref=nf きものアルチザン京都 紹介ムービー https://www.facebook.com/kimono.artisan/videos/814745028594868/ Hiromi Asai & Kimono Artisan Kyoto http://www.hiromi-asai.com/ NYFW THE SHOWSー浅井広海の紹介ページ http://nyfw.com/hiromi-asai
夜風を感じながら映画鑑賞はいかが? キノ・イグルー × CLASKA ルーフトップシネマ
今年でなんと7年目になるという、クラスカのルーフトップシネマ。 野外映画、中でもこのクラスカのは雰囲気がよくて好きなんです。 今年は1ドリンクに「出来たてポップコーン食べ放題」があるそうです。カレー屋台も登場するそうですよー。 上映作品がvol.1のしかまだ決まってないのですが、さっそく気になる映画! 今後の発表も楽しみです。 [会場]CLASKA ルーフトップ  19:00開場 / 19:30上映開始 [料金]2,500円(1ドリンク・ポップコーン食べ放題付き。ドリンク2杯目以降キャッシュオン制) 小学生以下無料 vol.1は7月27日(月)、28日(火)、29日(水) vol.2 は8月3日(月)、4日(火)、5日(水) vol.3 は8月17日(月)、18日(火)、19日(水) vol.4 は8月24日(月)、25日(火)、26日(水) 第一弾の上映作品は、『フランシス・ハ』。『イカとクジラ』のノア・バームバック監督による27歳非モテ女子の、等身大のニューヨークライフをリアルに描いた作品。 これ、実はずっと気になっていた映画です。。。みたい。。 ポール・マッカートニーの未発表曲もあるというサントラも気になってました〜 ルーフトップシネマ http://claska.com/news/2015/06/cinema_2015_vol1.html
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。
NYで公衆電話がwifiスポットに?充電も、電話だってできるLinkNYCプロジェクト
面白いプロジェクトがNYCで着々と進んでいるようです。 その名もLinkNYCと呼ばれ、これから12年間で市内の7,500カ所で公衆電話を充電OK、電話OKのwifiスポットにしていくプロジェクトのようだ。(すべてが既存の公衆電話をグレードアップしたものではない) 東京にあったら絶対に重宝されるであろうwifiスポット。その利便性やいかに。 以下がそのwifiスポットの概要だ。 (ギズモードより引用) 高さ9.5フィート(約2.9m)のLinkNYCスタンドには、たとえ500人のユーザーが一斉に接続しても十分な帯域を確保するという、1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっていますよ。おまけにスタンド下部には、USBケーブルで各種モバイル機器を無料で充電できる設備まで整っていますね。 冬になると、ケータイのバッテリーも消耗するのがはやいし、出先でバッテリーがないなんて致命的。まじで本当に致命的。充電できるスタバを探したり、トイレの個室でコンセントがあれば頑張って差し込んだり・・・いや、きっとみんな経験があるはずだ。これは、救世主になる。 総工費は見込み2億ドル。 どっからそのお金を賄うのか?と疑問に思うだろう・・・それは、 広告だ!このwifiスポットとなるスタンドに広告スクリーンを出し、設置から維持までの資金を得る。 これぞサスティナブル!このスタンドへの接触は多いだろうし、出したい企業も多いだろう。おまけに人が長く居座らないように椅子などは作らないという。あえて居心地のいい空間にはしない。デザイン面でも学べそうだな。 公式ページ:http://www.link.nyc/ 他の記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/111801948/?rt=nocnt
Brooklyn Grange 世界最大の屋上農園が育つ様子
Christopher St. John撮影。僕が疎い世界ですが、アメリカで屋上農園が流行っているそうです。この動画のブルックリン農園はあのブルックリンで、海軍の造船所を民間化した建物の屋上です。 この映像は7ヶ月の間定点観測したものを早送りにして3分弱に編集したものです。最初は興味がありませんでしたが、何もない白い屋上に土が入り、緑が茂り、冬には雪が降る(僕はここでおおと声が出てしまいました)というのは目が惹きつけられて面白いものでした。 この映像の何がよいかというと、早送りで農園が成長していく姿が可愛らしいですよね。動物がいれば僕としてはたまらなかったところですが、牧場ではないので仕方ありません。 こんなに奥行きのある建物でした。広さが約6000㎡とあり調べてみましたが、見たことはありませんが大分県の大友氏館跡が同じ広さで戦国大名最大級の庭園と言われており、要するにビルの屋上としては想像を超える広さのようです。一見するとそこまでには感じませんが、たまに人間が動いているとこんなに小さいのかと思います。 ファーマーズマーケットも開かれて結婚式もできるようです。こういうのは日本の建物では難しいんでしょうか。サイトもインスタグラムも楽しそうでかなりいいですね。 Blooklyn Grange Blooklyn Grange Instagram
Vingleで英語を投稿するときのために4️⃣
このシリーズも今回で4回目。 拙い文章にも関わらず、読んでいただいた方、本当にありがとうございます! 皆様のVingleライフへ、少しでも助力できていれば幸いです。 また、みなさまが普段カードを作成する際等に心がけていることがありましたら、アドバイスいただければ嬉しいです。 さて、本文。私は最初にVingleで英語を投稿したとき、不思議な体験をしました。 その経験を踏まえてカードを作成。 私が初めて"English"へカードを投稿したとき。 私は"朝の電車で"投稿しました。どのくらいの人が見てくれるのかと、胸を躍らせながら。 しかし、待てど暮らせど閲覧数は伸びませんでした。 その段階でいったん諦め、そのまま仕事をし、帰宅しそして英語の勉強をしたとき、既に深夜になってました。 何気なくVingleの自分が投稿したものを見たら驚きました。 閲覧数が伸びてるんです。それも急激に。 なぜか? 答えは"時差"でした。 当たり前のようにみんなが同じ時間で動いているわけではなく、こちらの朝は、欧米では夜中なんですね。ごくごく当たり前のことでしたが、当時の私には不思議に感じました。 それ以来、時差をある程度考慮して投稿時間を決めることにしました。 時差って面白いですね。 と、いうかVingleが面白いです。過ごしてる時間が違う人々と、同じものを見て、同じもので驚き、同じもので可愛いと感じ、嫌なニュースには顔をしかめる。世界って、狭いなぁー。 そんな妄想をしながら、毎日Vingleにのめり込んでます。 みなさまにとっての、Vingleの魅力はなんでしょうか? 今、アメリカのニューヨークはお昼の11時過ぎです。きっと、子供がお腹空かせてますね。 "世界時計 - 世界の時間と時差" http://www.time-j.net ちなみに、iPhone6の"世界時計"機能も使えます。 てか、これで十分だったり、、、